« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

新宮美歩(東大阪敬愛3年)ベルリン世界陸上へ!

日本陸連が発表した世界陸上の日本代表選手に唯一の高校生選手として新宮美歩(東大阪敬愛3年)が選ばれた。

新宮選手は6月28日の日本選手権400m決勝で見事4位に入り、リレーメンバーとしてベルリン世界陸上への切符を手にした。

W1600r_1
インターハイ近畿大会 4×400mリレー決勝の第1走者でダントツのバトンパス

<新宮美歩 日本選手権400m>

  • 6月27日 予選1組  2位 54.90
  • 6月28日 決勝    4位 54.07

残念だがTV観戦は見逃した。B標準を突破している丹野(ナチュリル)が52.96で優勝し、1位から4位までの選手が世界陸上代表へ。

結果:日本選手権女子400m決勝

  1. 丹野 麻美(ナチュリル)   52.96
  2. 青木 沙弥佳(ナチュリル) 53.87
  3. 佐藤 真有(ナチュリル)   54.05
  4. 新宮 美歩(東大阪敬愛高)54.07
  5. 堀江 真由(M&K)     54.44
  6. 田中 千智(福岡大)     54.49
  7. 志比 菜津実(川和高)   55.17
  8. 上田 千曉(都留文科大)  56.20

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルリン世界陸上代表決定

8月15日から始まるベルリン世界陸上の日本代表選手が発表された。中長距離での代表は果たして誰か。

<選考基準>

  1. 参加標準記録AかBを突破し、日本選手権優勝
  2. 標準記録を突破し、日本選手権で上位入賞もしくは、その他の選考競技会で優勝または上位入賞した選手の中から、活躍が期待できる選手

***** 男子 *******

標準突破者で選手権優勝者3人が選ばれた。

  • 3000障害の岩水(富士通)
  • 5000mの上野(エスビー食品)
  • 10000mの岩井(旭化成)

1500mの小林(NTN)はB標準突破者だが選手権で上野に負け2位。中距離種目は世界との開きがおおきいが標準突破者がいるのだから1人でも選んでほしかった。やはり本番での活躍が期待できない、ということだろうか。

10000mのA標準突破者、佐藤(日清食品)、松宮(コニカミノルタ)も選手権で8位と12位。順位が悪すぎたか両名とも選に入らず。

***** 女子 *******

女子も標準突破者で選手権優勝者がまず選考された。

  • 3000障害の早狩(京都光華AC)
  • 5000mの中村(天満屋) 10000mも

次に層の厚い10000mで誰を選ぶか。優勝者の赤羽(ホクレン)はマラソン一本なので、2位の佐伯(アルゼ)、3位の福士(ワコール)か。ここで5000mの成績も勘案されたであろう。結局10000mでA標準、5000mでB標準を突破し、選手権で3位と2位の福士が選ばれた。福士の上位の佐伯も入り、あと一人。残る一人は2種目出場可能な5000mで代表となった中村が選ばれたようだ。

  • 10000mの福士(ワコール)
  • 10000mの佐伯(アルゼ)

最後に5000mでA標準を突破している小林(豊田自動織機)が選手権3位だったが、世界陸上での活躍が期待され選考に入った。

  • 5000mの小林(豊田自動織機)

以上、GGの独り言でした。

 ☆ ☆ ☆ ☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

日本陸上選手権TV観戦(一部観られず)

広島ビッグアーチでの4日間の熱戦が終わった。今年の第93回日本選手権は8月にベルリンで開催される世界陸上の選考会だ。標準記録を突破している選手はこの大会で優勝すればベルリン行き内定となる。

中長距離種目をおさらいしましょう。(記録は日本陸連Webサイトより引用)

男子3000mSC

2000mを過ぎてから満を持して先頭に出たB標準突破者の岩水(富士通)が強かった。タイムは 8.36.17。勝ちに行ったレース。岩水<当確>。

M3000sc

男子5000m

中盤まではオープン参加のカロキを追って竹澤(エスビー食品)が後続を引き離す展開。その後、B標準を突破している上野(エスビー食品)が巻き返して竹澤を圧倒しトップでゴール。13.41.04。上野<当確>。

M5000

女子10000m

TV観戦はできず。女子10000mは標準突破者が一番多い種目。A標準7名、B標準10名という大豊作。その分、競争も熾烈。日本選手権でトップ3に入ることが必須条件だ。

結果は①赤羽(ホクレン)31.57.44 ②佐伯(アルゼ)32.01.80 ③福士(ワコール)32.04.06

福士はA標準突破者なので<当確>、佐伯もこのレースでB標準を突破したので<当確>。赤羽がマラソンだけに絞るとなると、3人目はA標準突破者が条件なので⑤松岡(スズキ)か。

W10000

男子800m

B標準 1.46.60 を上回る記録がでるかが注目される種目。結果は残念ながら優勝の横田(慶応大)が1.48.53で突破できず。

M800

女子3000mSC

A標準突破者でこの種目の第一人者である早狩(京都光華AC)がまったく他をよせつけず圧勝。9.45.05。<当確>

W3000sc

女子1500m

B標準に肉薄している吉川(パナソニック)が記録に挑戦。最初から飛ばしに飛ばす。400mラップ 64"6。速い。しかし、後半やや失速か。惜しくも 4.15.89で届かず。でもあそこまで自分を追い込めるのは素晴らしい。

W1500

女子5000m

10000mで遅れをとった中村(天満屋)が最初から積極的に前に出てレースを引っ張り、そのままゴールし優勝。世界陸上をもぎとった。15.25.31 <当確>。②福士15.25.49 ③小林(豊田自動織機)15.26.84。小林はA標準突破者なので<当確>か?

W5000

女子800m

中距離は苦しい。陣内(九電工)がB標準(2.01.30)突破にチャレンジしたが壁は厚かった。2.04.76

W800

男子1500m

B標準突破3人の代表権争い。だがそのうちの一人渡辺(山陽特殊製鋼)は予選で消え、決勝は小林(NTN)、村上(富士通)の二人の戦い。が、勝ったのは5000m優勝者の上野だった。3.42.51。2位が小林 3.44.34 <当確>、村上は5位に終わった 3.46.45

M1500

男子10000m

A標準2名、B標準13名の突破者。記録より勝つことが求められるレース。勝ったのはB標準突破者の岩井(旭化成)28.19.25 <当確>。A標準2名で先着したのは佐藤(日清食品)28.58.46 <当確>。松宮(コニカミノルタ)は12位 29.14.99。<微妙>

M10000

世界陸上代表選手は明日6月29日に発表される予定。ベルリンでは大阪や北京の雪辱を果たす活躍を期待したい。

※本ページの写真はすべて『月刊陸上2009年8月号』より

 ☆ ☆ ☆ ☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

中村梨穂 100mH 日本選手権 決勝進出

広島ビッグアーチ。14:40からの女子100mH準決勝2組で、中村選手は13"72の好記録で4位。17:30からの決勝に進んだ。その模様はNHKのBSハイビジョンで放映された。

中村選手は1レーン。少し緊張気味か。テレビを見ながら声援をおくる。

13”85 8位

全日本で8位。すごい。お疲れさんでした。リフレッシュして、次は奈良インターハイを目指してくれることでしょう。

中村梨穂選手の100mH 13秒台の記録一覧

  • 2008/07/23 滋賀県体 彦根 決勝 1位 13"89(+2.0) 
  • 2008/10/18 日本ジュニア 鳥取 決勝 5位 13"99(+1.4)
  • 2009/05/10 国体選考会 彦根 決勝 1位 13"90(+1.0)
  • 2009/06/07 IH滋賀予選 皇子山 準決1組 1位 13"98(+1.6)
  • 2009/06/21 IH近畿予選 鴻ノ池 予選3組 1位 13"95(+2.0)
  • 2009/06/21 IH近畿予選 鴻ノ池 準決3組 1位 13"84(+1.4)
  • 2009/06/21 IH近畿予選 鴻ノ池 決勝 1位 13"71(+1.0)
  • 2009/06/25 日本選手権 広島 予選5組 3位 13"76(+1.5)
  • 2009/06/26 日本選手権 広島 準決2組 4位 13"72(+1.0)
  • 2009/06/26 日本選手権 広島 決勝 8位 13"85(+1.9)

今季に入り13"台を連続マーク。着々と実力を伸ばしている中村選手。今後の活躍に期待がふくらみます。

W100h_04
インターハイ近畿予選決勝。6レーン。4台目のハードル跳躍。

 ☆ ☆ ☆ ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

中村梨穂(滋賀:八幡商3年)日本選手権100mH予選突破

インターハイ近畿予選100mハードルで優勝した滋賀八幡商3年の中村梨穂選手が日本陸上選手権の予選を好記録で突破した。

明日6月26日(金)は同種目の準決、決勝が行われる。17:30からの決勝進出が叶うとNHK BSハイビジョンでのTV観戦ができる。

日本陸連Webサイトで結果が出ている。女子100mH予選は本日6月25日15:20開始で5組2着+6で行われた。中村梨穂選手は第5組で一番外の7レーン。順位は3位であったが記録で+6に入り明日の準決へ進出。準決へ進んだ15選手のうち中村選手は7番目の記録だ。決勝進出の期待大。(準決は2組4着)

  1. 寺田 明日香(北海道:北海道ハイテクAC)13.29(-0.1)
  2. 石野 真美 (千葉:長谷川体育施設)   13.40(+1.5)
  3. 熊谷 史子 (東京:M&K)          13.61(+0.1)
  4. 城下 麗奈 (神奈川:青山学院大)     13.64(0.0)
  5. 紫村 仁美 (福岡:早稲田大)        13.66(+1.5)
  6. 木村 文子 (広島:横浜国大)        13.76(+1.5)
  7. 中村 梨穂 (滋賀:八幡商業高)      13.76(+1.5)
  8. 柴  梨沙  (福岡:SMS-AC)       13.81(0.0)
  9. 山﨑 由加里(愛知:さかえクリニック)   13.86(+1.5)
  10. 水村 明日香(埼玉:平成国際大)      13.93(+1.5)
  11. 赤井 涼香  (京都:中央大)        13.94(+1.5)
  12. 川上 小百合(茨城:茨城茗友クラブ)    13.97(-0.1)
  13. 大内 優美子(埼玉:千商大付属高教)    14.04(+1.5)
  14. 上田 美鈴 (福井:青山学院大)      14.09(+0.1)
  15. 武井 怜子 (岐 阜:濃飛倉庫運輸)     14.11(0.0)

準決進出選手で高校生は中村選手ただ一人。  明日の決勝は17:30開始。NHK BShi放映は17:00~18:00だ。

W100h_sf_start
IH近畿大会での100mH準決スタートにのぞむ中村選手(7レーン)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

男子5000mは志方文典(西脇工3年)独走V

インターハイ近畿予選最終日の男子5000mは一発決勝。36名出場で13:55開始。

府県予選会の記録でみると14分台の選手は兵庫県6人、京都府4人の10名。トップ6人は兵庫県勢が独占という勢力図だ。その兵庫の志方文典(西脇工3)と西池和人(須磨学園2)の二人がスタートから先頭を競う。

M5000_500

トップ二人の後続は津田光介(西脇工3)、新庄翔太(西脇工3)、後藤雅晴(須磨学園2)、延藤潤(兵庫:三木3)、天野健太(京都:洛南3)、小澤一真(滋賀学園3)等

M5000_950

1000mラップ 2'46" トップ志方はペースを崩さず淡々と走り、追走する西池は徐々に離されいく展開となる。

M5000_1700

2000:5'38" 3000:8'35" 4000:11'33"と1000mを2'53" 2'56" 2'58"で刻み、ラスト1000mは2'53"にあげて独走の優勝。次は全国大会で留学生とのトップ争いだ。

M5000_goal_2 

結果(全選手の記録)

順位 氏名 府県 所属・学年 記録   
1  志方 文典 兵庫 西脇工3 14.25.55   
2  新庄 翔太 兵庫 西脇工2 14.33.33   
3  後藤 雅晴 兵庫 須磨学園2 14.34.81   
4  延藤 潤 兵庫 三木3 14.37.06   
5  西池 和人 兵庫 須磨学園2 14.37.91   
6  文元 慧 京都 洛南2 14.39.54   
7  小澤 一真 滋賀 滋賀学園3 14.49.85   
8  津田 光介 兵庫 西脇工3 14.52.22   
9  天野 健太 京都 洛南3 14.58.74   
10  木部 誠人 京都 桂2 15.01.68   
11  廣瀬 大貴 京都 洛南3 15.02.20   
12  上原 寛大 奈良 智辯学園3 15.04.19   
13  竹ノ内 佳樹 大阪 関大一2 15.04.72   
14  奥村 滉太 滋賀 滋賀学園2 15.21.97   
15  楳田 裕樹 奈良 智辯学園3 15.29.08   
16  佐野 克斗 大阪 履正社3 15.30.45   
17  小松 亮裕 和歌山 日高3 15.31.90   
18  黒山 和嵩 京都 京都外大西2 15.32.13   
19  福井 創一 大阪 北野2 15.40.43   
20  谷口 真一 京都 桂3 15.42.14   
21  柿原 聖哉 大阪 関大北陽2 15.42.46   
22  吉見進平 和歌山 和歌山北3 15.43.70   
23  有本 啓 滋賀 膳所3 15.48.29   
24  保田 侑亮 奈良 東大寺学園2 15.51.04   
25  藤田 大貴 滋賀 膳所3 15.53.95   
26  岡田 健志 奈良 奈良2 16.13.90   
27  小橋 憲人 大阪 藤井寺3 16.16.57   
28  棒引 隆次 和歌山 和歌山北3 16.16.68   
29  須摩淵 裕弥 和歌山 和歌山工3 16.22.55   
30  松河 良隆 奈良 大和広陵3 16.24.99   
31  高橋 惇 和歌山 和歌山北2 16.25.86   
32  吉村 直人 奈良 橿原2 16.26.45   
33  兼松 正寿 滋賀 草津東3 16.37.30   
34  宮本 貴史 和歌山 日高3 16.38.65   
35  熊崎 健人 大阪 関大北陽2 16.44.86   
36  川崎 友輝 滋賀 草津東2 17.12.75 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

新宮美歩3冠 400m, 800m, 4×400m (インターハイ近畿予選)

インターハイ近畿予選最終日。東大阪敬愛3年の新宮美歩選手が400mに続き800mでも 2'07"58 で勝った。この日は最終種目の4×400mリレーでも1走を走り、大会新記録での優勝の原動力となった。3冠達成だ。さすがに第2走者にバトンパス後は心底疲れた様子であった。しかし勝者の疲れは心地いいものだ、とGGは思う。

女子800mは13:35開始。予選。準決を勝ち上がった8選手がスタート位置に。勝負は準決記録トップ3人か。

  1. 504 菊地里江(和歌山北3)    2'12"55 第3レーン
  2. 258 新宮美歩(東大阪大敬愛3) 2'12"91 第4レーン
  3. 270 高橋満里(東大阪大敬愛2) 2'13"50 第6レーン

W800_030
スタート

W800_200
1週目は新宮、高橋の東大阪敬愛勢が先頭を行く。

W800_350
1週目のホームストレート350m付近。新宮がトップをキープ。400ラップは1'03"

W800_550
2週目のバックストレート。菊池が東大阪敬愛勢二人を抜き前へ出る。スパート。

W800_650
最終第3コーナをトップで入る菊池。追う新宮、高橋。

W800_680
コーナ出口から新宮がスパート。負けじと菊池。

W800_740
最後の直線。二人が並ぶ。

W800_750
ぐんぐんスピードを上げる新宮。必死で追う菊池。

W800_780
新宮が突き放しゴールへかける。

結果

  1. 新宮 美歩(大阪:東大阪大敬愛3) 2.07.58
  2. 菊地 里江(和歌山:和歌山北3)   2.08.34
  3. 高橋 満里(大阪:東大阪大敬愛2) 2.08.37
  4. 磯部 維 (大阪:岸和田2)      2.10.48
  5. 米田 絵里(大阪:薫英女学院1)  2.10.72
  6. 酒井 絵莉(兵庫:神戸龍谷3)    2.10.76
  7. 清水 里保(兵庫:姫路商2)     2.10.79
  8. 池田 睦美(兵庫:須磨学園2)    2.15.10

8選手ともが400mをほぼ集団で通過しラップは1’03”~04”と好ペース。全選手が自己新記録をマークしたのではないだろうか。

決勝に勝ち上がった8選手のうち2年生4人、1年生1人。今後が楽しみですね。

それにしても新宮選手のこの強さ。それに美しいフォーム。全国大会でも魅せてくれるだろう。

そして果敢に攻めた菊池選手。あと一歩及ばなかったが次は全国で勝負。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

久馬萌 空翔る! IH近畿予選:女子3000m

インターハイ近畿予選、最終日。女子3000m決勝。11:55開始。

快走。ぶっちぎり。久馬双子姉妹の妹、萌選手(京都:綾部1年)がDNS(棄権)の姉の分まで走って 9.09.75で優勝。トップを争うと思っていた立命館宇治や須磨学園のライバルをまったく寄せ付けず。

まさに空かける天馬のように3000mを走り抜けた。

W3000_0100
スタート直後。アウトコースから先頭に出る

W3000_0900
2週と100m付近。悠々とトップをいく (1000mラップ:3'02")

W3000_1300b 
3週と100m付近。付いていた竹内綾菜(奈良育英1)を引き離す

W3000_1800
独走状態。残りあと3週に向かうホームストレート

W3000_1700
2100m付近。後続との差は広がる一方

W3000_2950
ダイナミックに駆けてゴール

結果

  1. 28 久馬 萌  (京都:綾部1)      9.09.75
  2. 18 薮下 明音 (兵庫:須磨学園3)  9.19.46
  3. 6 伊藤 紋   (京都:立命館宇治3)  9.21.92
  4. 24 湯田 佐枝子(兵庫:須磨学園2)  9.24.54
  5. 22 近藤 好   (京都:立命館宇治3) 9.24.77
  6. 5 鈴木 玖美 (京都:京都光華3)   9.25.69
  7. 8 竹上 千咲 (京都:桂3)        9.29.71
  8. 15 竹内 綾菜 (奈良:奈良育英1)   9.40.96
  9. 30 板鼻 ゆき (滋賀:水口東3)     9.41.41
  10. 17 井上 彩花 (滋賀:滋賀学園3)   9.46.13
  11. 21 内海 未寿姫(兵庫:姫路商3)    9.49.46
  12. 23 海野 美那 (滋賀:玉川3)      9.50.68
  13. 2 大澤 茉衣子(和歌山:海南2)    9.53.81
  14. 35 宮崎 芽衣 (和歌山:日高2)    9.54.88
  15. 25 大谷  遙   (兵庫:龍野3)      9.55.71
  16. 14 鈴木 春菜 (大阪:近大附2)    10.01.76
  17. 12 中野 円花(大阪:薫英女学院3)  10.02.22
  18. 3 田端 沙紀 (奈良:奈良育英3)  10.02.22
  19. 20 川口 優  (和歌山:田辺3)    10.02.83
  20. 26 矢野 由佳 (大阪:星翔2)     10.03.21
  21. 33 山田 明季 (大阪:三国丘3)    10.03.34
  22. 11 渡辺 真央 (兵庫:明石城西1)  10.07.32
  23. 19 長谷川 梨奈(兵庫:西脇工3)   10.08.86
  24. 10 松下 ひろみ(和歌山:桐蔭2)    10.11.39
  25. 1 遠藤 かおり(大阪:岸和田2)    10.13.28
  26. 29 福井  愛 (滋賀:草津東2)    10.18.46
  27. 4 小川 沙織 (和歌山:耐久3)    10.18.93
  28. 13 横山 由起 (大阪:薫英女学院3) 10.21.39
  29. 27 大迫 梨乃 (奈良:添上3)      10.27.90
  30. 7 前本 茉友 (奈良:奈良育英2)   10.29.62
  31. 32 古久保 亜衣(和歌山:神島2)   10.39.20
  32. 31 増田 瑞季 (奈良:生駒3)     10.40.40
  33. 36 中西 るみ (奈良:添上3)     10.44.04
  34. 16 浅田 順子 (滋賀:草津東2)    10.47.06

W3000_1750
トップ久馬を追う2位集団7名。

W3000_0150c
スタート後150mのホームストレート 集団前方

W3000_0150b
スタート後150mのホームストレート 集団中央

W3000_0150a
スタート後150mのホームストレート 集団後方

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

IH近畿予選 女子100mH 中村梨穂 13秒71 会心のV

W100h_hyosho2

インターハイ近畿予選は最終日。朝起きたらカミさんが言った。「夜中に大雨が降ってたよ」

今日の予定の雨が昨夜降ってしまったようだ。3日続けて近鉄で奈良へ。競技場へは9時30分ごろに着く。

10時から女子100mHの予選が始まる。注目の中村選手は第3組。フライングでスタートやり直し。次は失格だよ、落ち着いて、とGGの独り言。心配をよそに13秒95でトップ通過。速い。12時45分からの準決も13秒84でトップ。強い。

そして14:25、決勝。第6レーン。ハードル6台目で半歩前へ。そこからゴールまでは他の選手を圧倒。勝った。13秒71。

W100h_f

予選、準決、決勝と順位も全体での記録もすべてトップ。順当といえば順当。だが「ハードルは完走できないこともある」と自ら語るように何が起こるかわからない種目だ。日ごろのハードルにかける情熱が今日の会心のVになったのでは、とGGは思う。

Nriho
全国大会も応援します。

■■■ ■■■ ■■■



■■■ ■■■ ■■■

女子100mH結果
2009/06/21 鴻ノ池

予選 6組3着+3
予選1組 (風: +0.9)       
① 14.50  菅野  沙耶 (明石西2兵庫)     Q   
② 14.77  丸山  結花 (園田3兵庫)       Q   
③ 14.88  飯田  郁未 (神戸龍谷1兵庫)    Q   
④ 14.90  竜田 夏苗 (近大附2大阪)     q   
⑤ 16.72  大上 真希 (和歌山北3和歌山)    
⑥ 16.94  神谷 早希 (近大和歌山2和歌山)    
       
予選2組 (風: +2.3)       
① 14.47  鹿島 日雅里 (薫英女学院3大阪) Q   
② 14.65  吉本  有希 (姫路商2兵庫)      Q   
③ 14.71  若宮 美咲 (明石城西2兵庫)    Q   
④ 15.13  吉村 詩織 (添上1奈良)       q   
⑤ 15.73  小谷 恵璃 (八幡商2滋賀)    
⑥ 17.35  松下 彩希 (和歌山北2和歌山)    
       
予選3組 (風: +2.0)       
① 13.95  中村 梨穂 (八幡商3滋賀)     Q   
② 14.51  中嶋 美生 (京都橘3京都)     Q   
③ 15.05  杉山 咲薫 (近大附2大阪)     Q   
④ 15.34  廣井 佳那子 (和歌山北3和歌山)    
⑤ 15.51  北村かれん (草津東2滋賀)    
⑥ 17.04  竹内 萌乃 (田辺1和歌山)    
       
予選4組 (風: +1.9)       
① 14.47  上田 繭 (大阪1大阪)        Q   
② 14.71  矢谷 詩織 (山城2京都)      Q   
③ 14.86  吉原 理奈 (城南学園2大阪)   Q   
④ 15.00  西川 佳那 (添上3奈良)      q   
⑤ 15.71  室谷 かなえ (米原2滋賀)    
⑥ 17.22  日裏 美月 (海南2和歌山)    
       
予選5組 (風: +1.6)       
① 14.68  山田 亜古 (洛北3京都)     Q   
② 15.26  岩本 栞 (西京3京都)       Q   
③ 15.26  山本 遥 (京教大附2京都)    Q   
④ 15.31  柳  依里 (添上3奈良)    
⑤ 16.31  岩崎 由佳 (滋賀学園1滋賀)    
⑥ 17.41  山崎 顕子 (高田3奈良)    
       
予選6組 (風: +1.9)       
① 14.52  奥田 芽理 (近大附2大阪)    Q   
② 14.61  竹野 冴香 (洛北3京都)     Q   
③ 15.01  井上 まどか (明石城西2兵庫) Q   
④ 15.92  因藤 香野 (平城3奈良)    
⑤ 16.56  小山 友理 (高取国際2奈良)    
DNS 中井 梨湖 (大津商2滋賀)    

準決勝 3組2着+2
準決1組 (風: +2.1)       
① 14.31  竹野 冴香 (洛北3京都)    Q   
② 14.33  菅野  沙耶 (明石西2兵庫)   Q   
③ 14.35  上田 繭 (大阪1大阪)      q   
④ 14.57  吉原 理奈 (城南学園2大阪)    
⑤ 14.66  丸山  結花 (園田3兵庫)    
⑥ 14.78  杉山 咲薫 (近大附2大阪)    
⑦ 14.79  西川 佳那 (添上3奈良)    
       
準決2組 (風: +0.6)       
① 14.38  奥田 芽理 (近大附2大阪)      Q   
② 14.41  鹿島 日雅里 (薫英女学院3大阪) Q   
③ 14.55  吉本  有希 (姫路商2兵庫)    
④ 14.64  矢谷 詩織 (山城2京都)    
⑤ 14.77  井上 まどか (明石城西2兵庫)    
⑥ 15.06  飯田  郁未 (神戸龍谷1兵庫)    
⑦ 15.21  吉村 詩織 (添上1奈良)    
       
準決3組 (風: +1.4)       
① 13.84  中村 梨穂 (八幡商3滋賀)   Q   
② 14.23  山本 遥 (京教大附2京都)   Q   
③ 14.24  山田 亜古 (洛北3京都)     q   
④ 14.50  中嶋 美生 (京都橘3京都)    
⑤ 14.64  若宮 美咲 (明石城西2兵庫)    
⑥ 14.69  竜田 夏苗 (近大附2大阪)    
DNS 岩本 栞 (西京3京都)    
       
決勝 (風: +1.0)       
① 13.71 中村 梨穂 (八幡商3滋賀)    
② 13.88 山本 遥 (京教大附2京都)    
③ 14.09 鹿島 日雅里 (薫英女学院3大阪)    
④ 14.11 山田 亜古 (洛北3京都)    
⑤ 14.29 菅野  沙耶 (明石西2兵庫)    
⑥ 14.29 奥田 芽理 (近大附2大阪)    
⑦ 14.31 竹野 冴香 (洛北3京都)    
⑧ 14.46 上田 繭 (大阪1大阪)    


■■■ ■■■ ■■■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

女子800m準決勝は菊池と新宮がトップ1,2で通過

インターハイ近畿予選の3日目。今日も暑い。湿気も昨日に比べて多い。ただときおり強くふく風が心地いい。明日は雨かも。

■女子800m準決

明日の決勝は菊池VS新宮の2強対決にほぼ間違いない。そう思わせる二人の力走だった。

1組

  1. 5 270 高橋 満里(東大阪大敬愛2)   2.13.50 Q
  2. 4 396 清水 里保(兵庫:姫路商2)   2.13.63 Q
  3. 6 225 米田 絵里(大阪:薫英女学院1)2.14.37 q
  4. 3 307 鷲見真実子(兵庫:園田3)    2.15.71
  5. 7 198 奥田有佳里(京都:京都光華3) 2.20.73
  6. 8 334 森本 新菜(兵庫:夙川1)     2.20.93
  7. 2 149 大西 彩貴(京都:久御山3)   2.23.86

W800sf_h1_100
スタート。5レーンが速い

W800sf_h1_450
1周通過 高橋、米田、清水、鷲見の順

2組

  1. 4 504 菊地 里江(和歌山北3)      2.12.55 Q
  2. 5 339 酒井 絵莉(兵庫:神戸龍谷3)  2.15.49 Q
  3. 3 263 横瀬 彩也香(東大阪大敬愛3) 2.18.00
  4. 7 147 重村 瑞穂(京都:西京3)     2.18.60
  5. 6 156 筒井 彩(京都:西城陽3)     2.19.57
  6. 8 288 森田 有香子(大阪:八尾3)    2.21.41
  7. 2 707 井本 裕美子(京都:京都共栄3) 2.23.94

W800sf_h2_050
スタート

W800sf_h2_450
1周通過、菊池、横瀬が後続を大きき引き離す

3組

  1. 6 258 新宮 美歩(東大阪大敬愛3) 2.12.91 Q
  2. 3 804 磯部  維(大阪:岸和田2)  2.13.65 Q
  3. 4 354 池田 睦美(兵庫:須磨学園2)2.15.05 q
  4. 8 397 高柳 恵(兵庫:姫路商2)   2.16.54
  5. 2  92 川西 寧々(滋賀:水口東1)  2.21.62
  6. 7 469 笠井 彩央(奈良:一条2)   2.22.65
  7. 5  30 前野 沙織(滋賀:草津東2)  2.31.40

W800sf_h3_050
スタート

W800sf_h3_500
2周目500m 新宮、磯部、池田、高柳の順で通過

■観戦した決勝種目の優勝者

女子400mH: 4レーン 三木汐莉(東大阪大敬愛3) 59.77

W400h

男子400mH:6レーン 山下大介(大阪3) 52.61

M400h

男子5000mW: 石田研磨(兵庫:市尼崎2) 21.47.25  あと1週でスパート(№8)

M5000w

女子200m:山田朱莉(京都:西城陽2) 24.38。100mの覇者木村茜を制す

W200

男子200m: 7レーン 竹井尚也(京都:龍谷大平安3) 21.83(-0.7m)。100m優勝者の九鬼は準決DNS。

M200

3000m障害:妹尾大(兵庫:報徳3年)  9.06.08(ゴール掲示板)

3000sc

明日は最終日。天気予報は曇のち雨。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

近畿大会 女子1500mは須磨学園勢が1位、2位

インターハイ近畿大会2日目。6月19日13:30開始の女子1500m決勝は須磨学園勢のワンツーフィニッシュであったが、全選手の記録は次の通り。

  1. 3  353 藪下 明音(兵庫:須磨学園3)   4.26.73
  2. 15  354 池田 睦美(兵庫:須磨学園2)  4.28.51
  3. 4  702 伊藤 紋 (京都:立命館宇治3) 4.29.90
  4. 8  352 中新井美波(兵庫:須磨学園3)  4.30.01
  5. 7  512 大澤 茉衣子(和歌山:海南2)  4.30.19
  6. 11  701 牧 恵里奈(京都:立命館宇治1) 4.31.79
  7. 2  197 鈴木 玖美(京都:京都光華3)  4.32.81
  8. 1  705 永田 成美(京都:立命館宇治2) 4.34.68
  9. 6  66   桑原  彩 (滋賀:比叡山2)   4.35.36
  10. 13  120 竹上 千咲(京都:桂3)       4.36.63
  11. 5  908 大谷 遙 (兵庫:竜野3)      4.37.20
  12. 16  218 中野 円花(大阪:薫英女学院3) 4.37.59
  13. 12  91  板鼻 ゆき (滋賀:水口東3)   4.37.62
  14. 9  199 鷹本 結 (京都:京都光華2)   4.38.62
  15. 14  379 渡辺 真央(兵庫:明石城西1)  4.39.94
  16. 10  397 高柳 恵 (兵庫:姫路商2)    4.43.07

W1500_before
出番だ、さあ、いこう

W1500_0300
1周目、300m付近。16人の集団を引っ張るのは1年生の渡辺(14)。2番手は永田(1)、伊藤(4)の立命館勢、そのすぐ後ろが藪下(3)、池田(15)の須磨学園勢。400mは渡辺の1'10"

W1500_0650
2周目、650m付近。渡辺がトップを維持。後続集団の先頭は板鼻(12)。800mも渡辺で2'25"。400ラップは1'15"でペースダウン。けん制し合う2位集団。

W1500_1100
800mを過ぎて本命の藪下が前に上がると、同校の池田、立命館宇治の伊藤が続きトップを走っていた渡辺を抜き去る。そしていよいよあと1周。9人の集団が6位内を目指す。

W1500_1150_2
あと1周の鐘。先頭より9人、5人の集団。途中1200mは藪下が3'38"。この400ラップは1'13"。勝負のバックストレートへ。

W1500_1300
バックストレートのあと300からスパートが始まる。須磨学園の2人が前に出る。続いて伊藤、中新井、大澤、牧の順にあと200。

W1500_1400
最終コーナで差が広がる。あと100m。満を持していた藪下がここから爆走。

W1500_ya
1位 藪下明音

W1500_im
2位 池田睦美

W1500_ia_nm_om
3位 伊藤 紋、4位 中新井美波、5位 大澤茉衣子

W1500_me_sk
6位 牧 恵里奈、7位 鈴木玖美

W1500_nn_ks
8位 永田成美、9位 桑原 彩

W1500_tc_oh_nm_iy
10位 竹上千咲、11位 大谷 遙、12位 中野円花、13位 板鼻ゆき

W1500_after
戦い終わって

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターハイ近畿予選速報 男女100mで大会新記録

朝練習の後、近鉄電車に乗って奈良へ。駅から鴻池までは歩いて20分ほど。今日は強烈な日差しで暑い。スタンドに座るとシートが焼けた鉄板のように熱い。あっちち!

まずは今日2日目の速報。

■男子1500m決勝

スタートして100mあたりで西脇工の選手が転倒。大きく遅れる。山田速人だったように思う。レースは京都洛南VS兵庫西脇工となりゴール前の死闘を制した洛南の廣瀬大貴が優勝。3.51.40。2位は西脇工の石若大武3.51.47。3位には転倒した山田が入る。3.51.29。

M1500

■女子1500m決勝

途中800mで集団の先頭に出た藪下明音(須磨学園3年)が同じ須磨学園2年の池田睦美を押さえ4.26.73で優勝。記録的には物足らないが全国大会を期待しよう。

W1500

■女子100m決勝

京都橘1年の木村茜が近畿高校記録を破る11.71の劇的な走りでV。素晴らしいの一語。

W100m

■男子100m決勝

男子も和歌山北2年の九鬼巧が大会新記録の10.34で優勝を飾る。

M100

■男子3000m障害予選

予選1組の妹尾(兵庫:報徳3年)が9.07.62で圧勝。明日の決勝でも妹尾のVは不動だろう。

M3000sc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

インターハイ近畿大会 女子中長距離展望

いよいよ明日から4日間、奈良鴻ノ池運動公園陸上競技場でインターハイ近畿大会が始まる。ここで6府県の予選会決勝記録からトップ12を作成し、GG版女子中長距離展望を試みる。ここは自己記録でなく、あくまで予選会の決勝記録だ。6位内でOKと力を抜いた選手がいるかも知れない。だが最新の記録なのでおおきな目安にはなりそう。

<800m TOP12> 6/20:予選、準決 6/21:決勝

大阪の敬愛3人娘VS和歌山菊池に兵庫勢がどこまでくい込むか。新宮と菊池は大会初日6/18の400mでも優勝を争う。スピードにまさる新宮が一歩リードか。

  1. 和歌山1 菊地 里江(3)  和歌山北     2.10.06
  2. 大阪 1  新宮 美歩(3)  東大阪大敬愛  2.10.64   
  3. 大阪 2  高橋 満里(2)  東大阪大敬愛  2.11.00
  4. 大阪 3  横瀬 彩也香(3)東大阪大敬愛  2.14.23
  5. 大阪 4  磯部  維(2)   岸和田      2.14.64
  6. 兵庫 1  高柳 恵 (2)    姫路商     2.14.72
  7. 兵庫 2  鷲見真実子 (3)  園田       2.14.99
  8. 兵庫 3  池田 睦美 (2)  須磨学園    2.15.18
  9. 大阪 5  米田 絵里(1)  薫英女学院   2.15.65
  10. 兵庫 4  酒井 絵莉 (3)  神戸龍谷     2.15.88
  11. 兵庫 5  森本 新菜 (1)  夙川        2.15.99
  12. 兵庫 6  清水 里保 (2)  姫路商      2.16.49 

<1500m TOP12> 6/18:予選 6/19:決勝

この種目は兵庫須磨学園3人娘がトップ3を占める。続くには同じ兵庫の高柳に京都勢。4分30秒を切っているこの6人でトップを競うか。

  1. 兵庫 1  薮下 明音 (3)  須磨学園   4.24.51
  2. 兵庫 2  中新井美波 (3) 須磨学園   4.24.52
  3. 兵庫 3  池田 睦美 (2)  須磨学園   4.26.40
  4. 兵庫 4  高柳 恵 (2)    姫路商     4.26.84
  5. 京都 1  伊藤 紋(3)    立命館宇治  4.27.52
  6. 京都 2  竹上 千咲(3)  桂        4.28.68
  7. 兵庫 5  大谷 遙 (3)    龍野      4.33.12
  8. 兵庫 6  渡辺 真央 (1)  明石城西   4.33.85
  9. 京都 3  鈴木 玖美(3)  京都光華   4.34.55
  10. 大阪 1  中野 円花(3)  薫英女学院  4.35.30
  11. 大阪 2  磯部  維(2)  岸和田     4.35.33
  12. 京都 4  牧 恵里奈(1)  立命館宇治 4.36.10 

<3000m TOP12> 6/21:決勝

最終日の11時55分、一発決勝だ。この3000mは京都勢が断然強い。京都大会での立命館宇治vs綾部久馬姉妹の再現か。

  1. 京都 1  伊藤 紋(3)  立命館宇治  9.18.22
  2. 京都 2  久馬 萌(1)  綾部       9.20.80
  3. 京都 3  近藤 好(3)  立命館宇治  9.20.95
  4. 京都 4  久馬 悠(1)  綾部       9.22.01
  5. 兵庫 1  薮下 明音 (3) 須磨学園   9.34.71
  6. 京都 5  鈴木 玖美(3) 京都光華   9.35.11
  7. 京都 6  竹上 千咲(3) 桂        9.35.48
  8. 兵庫 2  湯田佐枝子 (2) 須磨学園  9.39.56
  9. 滋賀 1  板鼻 ゆき(3) 水口東     9.42.21
  10. 兵庫 3  渡辺 真央 (1) 明石城西   9.44.75
  11. 兵庫 4  大谷 遙 (3)   龍野      9.46.71
  12. 兵庫 5  内海未寿姫 (3) 姫路商    9.47.00

<100mH TOP12> 6/21:予選、準決、決勝

中長種目ではないが注目したい。それは滋賀八幡商の中村梨穂選手。先月の奥琵琶湖健康マラソンの帰り、車の中で聴いたKBS京都ラジオ。京都スポーツストーリという番組で、「陸上100m障害、八幡商業高校・中村梨穂選手にインタビュー」が流れてきた。全国インターハイ優勝を目指して毎日どんな練習をしているか、という内容だったような。たまたまだがそれを聴いて注目するようになった。応援にいこう。

短距離は風に影響されるので記録を単純には比較できないが鹿島vs中村のトップ争いか。

  1. 大阪 1  鹿島 日雅里(3)  薫英女学院  13.90 (+1.9m)
  2. 京都 1  山本 遥(2)     京教大附   14.03 (+0.8m)
  3. 大阪 2  奥田 芽理(2)    近大附     14.12 (+1.9m)
  4. 滋賀 1  中村 梨穂(3)    八幡商     14.19 (±0)
  5. 大阪 3  上田  繭(1)    大阪      14.32
  6. 大阪 4  竜田 夏苗(2)    近大附     14.35
  7. 大阪 5  吉原 理奈(2)    城南学園   14.40
  8. 京都 2  山田 亜古(3)    洛北      14.53
  9. 兵庫 1  吉本 有希 (2)   姫路商     14.55
  10. 京都 3  竹野 冴香(3)    洛北      14.61
  11. 大阪 6  杉山 咲薫(2)    近大附     14.61
  12. 兵庫 2  菅野 沙耶 (2)    明石西     14.64

京都新聞Webニュースで紹介された中村梨穂選手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

インターハイ都府県大会活躍選手

青森
男子1500m
②田村優宝(青森山田3) 3.54.00
男子5000m
②田村優宝(青森山田3) 14.22.00
男子3000SC
①鈴木柊成(青森山田3) 9.06.36 【県高校新】
②米田紳度(青森山田3) 9.06.97 【県高校新】
③岩谷康生(青森山田3) 9.18.90
女子400mH
①北舘未希(青森北3) 61.71 【大会新】

岩手
男子ハンマー投
①菅原祐貴(一関一3) 57m92 【大会新】 2連覇
男子円盤投
①菅原祐貴(一関一3) 42m89 【県高校新】
男子5000m
①佐藤達也(一関学院3) 15.02.28

秋田
女子100m
①石田あかね(横手清陵学院3) 12.24(-0.7)
女子200m
①石田あかね(横手清陵学院3) 25.33(-0.4)
2冠2連覇の石田選手は2006全日中100m優勝者

山形
女子100m
①高橋優香(上山明新館3) 12.18(-0.8)
女子200m
①高橋優香(上山明新館3) 25.35(+0.7)
高橋選手は1年での2007佐賀インターハイ100m⑥12.06(+1.3)

宮城
男子100m
①松本浩太郎(仙台東3) 10.86(+0.9)
男子200m
①松本浩太郎(仙台東3) 21.62(+1.7) 【大会新】
女子100m
①佐藤朝香(志津川2) 12.55(-1.2)
女子200m
①佐藤朝香(志津川2) 25.14(-1.0)
女子走幅跳
①佐藤朝香(志津川2) 5m72(+1.5)

福島
男子1500m
①鈴木優人(日大東北3) 3.55.94 2連覇
女子3000m
①中島いづみ(田村3) 9.30.89 3連覇
②水竹理愛(いわき総合3) 9.31.58
女子走幅跳
①五十嵐麻央(会津学鳳2) 5m75(+1.8) 2連覇
女子走高跳
①山平紗代(磐城2) 1m65 2連覇







| | コメント (0)

2009年6月11日 (木)

インターハイ京都予選 女子800m

6月7日(日)のインターハイ京都予選最終日。10:10から行われた女子800m準決勝。3組2着+2が決勝進出だ。

1組 決勝進出者

  • №5 筒井 彩  (西城陽3)  2.20.82
  • №6 山本 衣莉(京都文教3) 2.20.84

W800sf_h1

2組 決勝進出者

  • №7 大西 彩貴 (久御山3)   2.20.59
  • №9 井本 裕美子(京都共栄3) 2.20.71

W800sf_h2

3組 決勝進出者

  • №6 奥田 有佳里(京都光華3) 2.19.44
  • №5 重村 瑞穂 (西京3)    2.19.45
  • №7 高橋 万衣子(桂1)     2.19.76
  • №4 福永 恵里(立命館宇治3) 2.20.19

W800sf_h3a

午後1時からの決勝は観ることができず。お昼ごはんを食べに近所の焼肉店へ。この韓国焼肉という店の質の悪いこと。お絞りは出さないは、焼肉のタレは持ってこないは、味噌汁はこぼすは。肉はまずいは。もう2度と行かんぞ。(たまたま当たった店員の質が最悪だったようだが、やっぱり焼肉は天壇)

表彰式は観ました。

①筒井彩 2'19"73 ②山本衣莉 2'20"38 ③奥田有佳里 2'20"41 ④重村瑞穂 2'21"34 ⑤大西彩貴 2'22"40 ⑥井本裕美子 2'23"07

全国インターハイへの道は険しいが、近畿大会での健闘を期待したい。

W800_b

W800_a
優勝の筒井彩さん。笑顔が光る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

インターハイ京都予選 男子5000m

6月7日11時スタートの男子5000m決勝は39名が出場。最初から集団のトップを走るのは1500mで2位に入った洛南3年の廣瀬大貴。

M5000_0150

途中1000mは2'50"。廣瀬、黒山和嵩(京都外大西2)、木部誠人(桂2)の順

M5000_1000

2000mは5'48"。この1000mは2'58"。トップ3は変わらず。レースは後半へ。トップ集団は8人。3000mは8'54"。この1000mは3'06"。3000mのトップ3は廣瀬、天野健太(洛南3)、下村征寛(京都外大西3)に変わる。

M5000_3000

レース終盤に入りラスト3週で文元慧(洛南2)が3番手に上がりトップ3は洛南が独占。そして4000mは11'54"。この1000mは3分ちょうど。

洛南3選手のトップ争いはラスト1週で天野がリードするが、最後のバックストレートで廣瀬がスパートし天野をかわすとそのまま差を広げゴール。14'45"。

M5000_4950

結果

  1. 廣瀬 大貴(洛南3)     14.45.17
  2. 天野 健太(洛南3)     14.46.95
  3. 文元  慧 (洛南2)     14.53.63
  4. 黒山 和嵩(京都外大西2)14.56.29
  5. 谷口 真一(桂3)      15.01.25
  6. 木部 誠人(桂2)      15.01.89

ラップタイム

1000m 2'50" 2000m 2'58" 3000m 3'06" 4000m 3'00" 5000m 2'51"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

インターハイ京都予選 女子3000m

6月7日(日)西京極陸上競技場。京都高校陸上選手権最終日。12時スタート。女子3000m決勝。出場選手35名。

トラックの第3コーナからスタートしてホームストレート中央。早くも水色ランニングシャツ、綾部1年の久馬(悠)選手が飛び出す。追うのは京都光華3年の鈴木選手。3番手は久馬(萌)選手。久馬悠&萌選手はは今年1月の全国女子駅伝で京都チーム5連覇の原動力となったスーパーツインズ。当時は中学生だったが今は高校1年生。ぶっ飛びツインズだ。

W3000_0150

1000mは3'04"。4番手は近藤選手(立命館宇治3年)、少し離れて伊藤選手(立命館宇治3年)。ふたりも全国女子駅伝で京都代表として走ったチームメイトだ。

W3000_1000_5

2000mは6'15"。この1000mは3'11"。トップは4人。綾部の久馬ツインズVS立命館宇治の二人。全国女子駅伝チームメイト同士の戦いとなった。

W3000_2000_2

さあ、残るはあと1週。最後の力を爆発させるのは誰か?

W3000_2500

ラストのバックストレートに入りスパートしたのは3番手につけていた伊藤選手。瞬く間に二人を抜き去り、ラスト200mを過ぎて最終コーナに入ると差は開く一方。

W3000_2850

力強い足取りでゴール。1位 伊藤紋(立命館宇治3年) 9.18.22

W3000_g_2

2位 久馬萌(綾部1年) 9.20.80。3位 近藤好(立命館宇治3年) 9.20.95

W3000_g2_3

4位 久馬悠(綾部1年) 9.22.01

W3000_g3_2

5位 鈴木玖美(京都光華3年) 9.35.11。6位 竹上千咲(桂 3年) 9.35.48

W3000_g4_3

Kih06w3k

Kihw3k0609_2

Kihw3k0609t10

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

インターハイ大阪予選 女子100m

31日に観戦した最後の種目、女子100m決勝。

  1. 5レーン 東浦 加奈(大成学院 3年)   12.17
  2. 8レーン 奥田 芽理(近大附 2年)    12.23
  3. 3レーン 宇野 琴絵(大塚 3年)      12.27
  4. 4レーン 名倉 千晃(東大阪大敬愛 1年)12.30
  5. 6レーン 木村 ひろえ(大阪 2年)     12.32
  6. 2レーン 斉藤 有紀(城南学園 3年)   12.33

1位から8位までのタイム差0.28秒の激戦だった。1、2年生が3人というのも今後が楽しみ。12秒を切って全国大会で勝負してほしい。

W100_02

W100_05

W100_07

W100_08

W100_09

W100_10

W100_11

W100_115

W100_12_2

W100_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

インターハイ大阪予選 男子5000m

第62回大阪高校陸上選手権最終日(5/31、長居第2)は男子5000m決勝。出場選手は48名。地区予選ランキング1,2位で14分代の2選手に注目。関大北陽3年の秋山選手(14′49)と関大一2年の竹ノ内選手(14′56)だ。秋山選手は29日の1500m決勝で6位、竹ノ内選手も30日の3000m障害で5位に入っている。

午後1時30分スタート。48名の大集団。1000m付近では竹之内選手(36)は集団の先頭5番以内だが秋山選手(18)は集団の中央20番程度に陣取る。M5000_950

レースは中盤へ。6週と100mで2500mの中間点。7分50秒。竹之内選手はインコースで先頭のすぐ後ろにつけ、竹ノ内選手は集団中央と位置取りは変わらず。M5000_2500

そしてレースは終盤へ。3000m過ぎから集団がバラけだし、あと4週手前で秋山選手が先頭集団から後退。一方、竹ン内選手は先頭から5番手をキープ。M5000_3350

あと2週。レースはIH近畿大会出場権の6位内をかけた熾烈な争いへ。M5000_4160

ゴール。竹ノ内選手1位。15.12.98、秋山選手は30位に沈む。M5000_g

結果

  1. 竹ノ内 佳樹(関大一 2年)  15.12.98
  2. 佐野 克斗(履正社 3年)   15.16.42
  3. 熊崎 健人(関大北陽 2年)  15.17.96
  4. 福井 創一(北野 2年)     15.18.00
  5. 柿原 聖哉(関大北陽 2年)  15.18.07
  6. 小橋 憲人(藤井寺 3年)    15.18.12

4位に入った予選ランキング32位 16’08の福井選手の健闘が光る。あと、中盤まで先頭を引っ張った鈴木勇太(大坂 2年)15分40秒の12位に敢闘賞。終始先頭位置で走った2位の佐野選手に殊勲賞を。秋山選手には近畿大会1500mに期待したい。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
6名とも近畿大会では勝ち抜けずインターハイ出場は叶わず。

竹ノ内佳樹
Takeno
・・・日大。箱根3回出場。4年生の2015年大会では3区区間9位。
NTT西日本へ。

佐野克斗

Sano
・・・京産大。4年生の2014全日本大学駅伝4区区間12位

熊崎健人
・・・帝京大。箱根2回出場。4年の2015大会は故障で出場できず。

福井創一
・・・早稲田大

柿原聖哉
Kakihara
・・・神奈川大。箱根2回出場。4年の2015年大会は2区区間8位
SGホールディングスへ

小橋憲人
・・・京産大。4年時の2014全日本大学駅伝6区区間14位


それぞれ、高校から大学、そして実業団へ


<2015.1.17記事更新>
◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

蒼い砂漠 シルクロード

もう40年も昔のこと。当時、文通していた女の子から深夜ラジオでぼく宛にリクエスト曲が流れた。哀愁を秘めたトランペットが響く曲だった。確かその後、そのレコードを買ったと思う。

彼女が贈ってくれた曲は? メロディやリズムは覚えていたが曲名や歌っているグループは思い出せなかった。ずいぶん前からWebサイトでいろいろ調べていたが見つけられなかった。

でも、やっと見つけました。やはりトランペットがキーでしたね。シルクロードというグループサウンズの「蒼い砂漠」。GSが下火になりかけたころ颯爽と登場したグループだ。「蒼い砂漠」は阿久悠GSコレクションというCDの中に入っていた。Webで試聴した。タタタ、タータタ、タータララ、タータタ...40年前に聴いた哀愁のサウンドがぼくのパソコンの5.1ch 6ピーススピーカから甦った。さっそく、アマゾンでCD購入。

Clip01

シルクロード

40年前の文通の女の子。ぼくは高校生から社会人、彼女は中学生から高校生。大阪と兵庫、そんなに遠くないのに一度も会うこともなく、電話で声を聞くことさえなかった。

社会人になって独身寮住まい。落ち込んでいるときでも彼女のお茶目な学園生活を伝えてくれる手紙を読むと気持ちが和らいだものだ。

5年間ほど続いたそんな手紙のやり取りもぼくが北陸へ転勤した後は次第に遠ざかり、いつしか途絶えてしまった。

文通が途絶えて数年後、年賀状を彼女に出したことがあった。でも、返信が帰ってくることはもう無かった。

「蒼い砂漠」のプレゼント。ぼくが転勤する半年ほど前だったかな。彼女は今でも覚えているだろうか。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »