« 新宮美歩、強さの秘密 (インターハイ直前記事) | トップページ | 中長距離ランナーの心構え »

2009年7月26日 (日)

女子100mハードル高校ナンバー1は?

奈良インターハイでGG注目の女子100mハードルは最終日8月2日(日)。あと1週間だ。

まずは13秒台をマークしているトップ選手の最新動向について。(観戦はなし。情報のみ)

---------------------------

中村梨穂(滋賀:八幡商3) 
7月21日 滋賀県体 100mH 予選1組 1位 14.38(-3.4)
7月21日 滋賀県体 4x100m決勝 2位

予選1位だが決勝は棄権。リレーには出場した模様だ。雨と風の最悪のコンディションだったのでは。

清山ちさと(宮崎:宮崎商3)
7月11日 宮崎県選手権 100mH 2位 13.73(+1.3)

調子は上昇中のようだ

川崎 葵(宮崎:宮崎商3)
7月11日 宮崎県選手権 100mH 1位 13.63(+1.3)
7月11日 宮崎県選手権 100m  1位 12.03(+0.1)

驚きの13秒63。月刊陸上8月号の別冊付録「奈良インターハイ完全ガイド」によると
「左ハムストリングスを痛めている川崎は、どこまで万全の状態で出られるかがカギか。」
とある。これは万全とみていいですね。

ハムストリングスとは「人間の下肢後面を作る筋肉の総称」(ウィキペディアより引用)。左ふとももの後ろ側の筋肉でしょうか。ハードルを越えるときの姿勢はふともも筋肉にとって非常に過酷なんだ。

山本遙(京都:京都教育大附2)
7月8日 世界ユース陸上 100mH 予選1組 8位 15.41(+0.2) 落選

76.2cmの低いハードル。不本意な記録では。接触トラブルがあったのでしょうか。

鹿島日雅里(大阪:薫英女学院3)
7月4日 大阪選手権 400mH 3位 1.01.57

インターハイは400mハードルにも出場。2種目にチャレンジ

相馬絵里子(秋田:秋田和洋女子3)
7月18日 秋田県選手権 100mH 1位 13.97(+0.5)

来た!13秒台

---------------------------

調子を上げる宮崎商ツートップに挑む中村選手の力強いフォーム。バランスをとる右手が鞭のようにしなる。

Nr100mh_01
Nr100mh_02
Nr100mh_03
Nr100mh_04
インターハイ近畿予選の100mH決勝

|

« 新宮美歩、強さの秘密 (インターハイ直前記事) | トップページ | 中長距離ランナーの心構え »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

最近になって知った情報ですが、山本選手(京教大附2年)は近畿IHでも肉離れと闘いながらも2位入賞、世界ユースではその影響で予選で敗退。その後、満足に練習ができていなかったことが全国IHでの予選敗退に繋がったようです。

投稿: FTF | 2009年8月12日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/45749943

この記事へのトラックバック一覧です: 女子100mハードル高校ナンバー1は?:

« 新宮美歩、強さの秘密 (インターハイ直前記事) | トップページ | 中長距離ランナーの心構え »