« 女子100mハードル高校ナンバー1は? | トップページ | 新宮美歩、快速パワー全開! 女子400m優勝 »

2009年7月28日 (火)

中長距離ランナーの心構え

いよいよ明日からインターハイ。 と言っても仕事があるので会社だ。1500m予選や400m決勝が観たいがパートタイマーといえど仕事優先。ネットで速報を見るしかなさそうです。

GGの過去の記録を整理していたら、中長距離ランナーの心構えというメモがあった。昭和47年ころだから23歳か。当時愛読していたリディアードの本から抜書きしたものだろう。(この大切な本は誰かに貸したまま返ってこなかった)

  1. 一週間に最低7日は練習をやれ
  2. つねに節制(摂生かも)すべし。禁酒・禁煙・禁?? 
    (最後の語句はちょっとさしさわりがあるので??にしました)
  3. タバコをやめられないものは競技をやめろ
  4. 睡眠時間は十分にとれ
  5. 長距離ランナーにカッコ良さなど無用
  6. できるなら一週間150km走れ
  7. 栄光を目指すなら毎日2時間の練習は必要だ
  8. レースの日は腹いっぱいにするな
  9. トレーニングのあとは水だけならいくら飲んでもいい
  10. 長距離ランナーの悪夢・・・横腹の痛みを乗り越えよ
  11. コンディションの調整された競技者にとって、土砂降りの雨の中を突っ走るのは一種の喜びである
  12. 呼吸法をあれこれ考えてみることはない。必要とするままの空気を吸い込めばそれでいい。口を大きく開いて口で呼吸すべきだ。
  13. 天候はランナーにとってトレーニングを休む口実であってはならない。

GGが勝手に思いこんで書いている項目もありそうなのでご注意。

このリディアードの本はボロボロになるまでよく読んだ。(ボロボロだから返ってこなかったんだろうな)。練習はたいがい一人で、教えてもらう人もいない。だからここに書いていることを忠実に実行しようとしていたようだ。

あと、よく読んでいた本は

  • セルッティの「チャンピオンへの道」 これは哲学書かな
  • 高橋進、帖佐寛章共著の「中長距離走」 トレーニング方法、レースの心構えなど克明で具体的。


    アスリート(陸上競技者)は現在のこの瞬間に生きて働くものである。彼は死後のことや天国のことや、先の人生のことにほとんど関心を払おうとはしない。永遠の命をもつ現在を生きることに精いっぱいだからである。

         ・・・「チャンピオンへの道」より引用

|

« 女子100mハードル高校ナンバー1は? | トップページ | 新宮美歩、快速パワー全開! 女子400m優勝 »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/45769932

この記事へのトラックバック一覧です: 中長距離ランナーの心構え:

« 女子100mハードル高校ナンバー1は? | トップページ | 新宮美歩、快速パワー全開! 女子400m優勝 »