« 男子5000m決勝 ベケレ王者の走りで2冠 | トップページ | 近畿マスターズ陸上 800m 1500mに出場 »

2009年8月26日 (水)

世界陸上 自己ベスト達成度

9日間の激闘、ベルリン世界陸上終わる。

日本の成績はメダル2と入賞5。ほぼ目標(メダル1、入賞6)通りかそれ以上というところか。ただし目標がもともと低いレベルなのでヤッターという感じでもない。

ここでトラックとロード種目の自己ベスト達成度をまとめてみた。自己ベストを更新した選手は2人。女子5000m、10000mの中村友梨香と男子400mHの吉田和晃だ。

達成度で + は従来の自己ベストを更新。- は未達。パーセントの数字は自己ベストに対しどれだけアップあるいはダウンしたかの度合い。

自己ベスト更新は赤色、-3.0%以上ダウンは青色表示

<長距離>
選手 種目 成績 記録 自己ベスト 達成度    
上野 裕一郎 5000m予選 16位敗退 14:30.76 13:21.49 -8.6%   
岩井 勇輝 10000m 25位 29:24.12 27:58.03 -5.1%   
岩水 嘉孝 3000mSC予選 9位敗退 08:39.03 08:18.93 -4.0%   


中村 友梨香 10000m 7位入賞 31:14.39 31:31.95 +0.9%   
中村 友梨香 5000m予選 13位通過 15:21.01 15:21.92 +0.1%   
中村 友梨香 5000m決勝 12位 15:13.01 15:21.01 +0.9%
   
福士 加代子 10000m 9位 31:23.49 30:51.81 -1.7%   
佐伯 由香里 10000m 20位 33:41.17 32:01.80 -5.2%
小林 祐梨子 5000m予選 14位通過 15:23.96 15:05.37 -2.1%   
小林 祐梨子 5000m決勝 11位 15:12.44 15:05.37 -0.8%   
早狩 実紀 3000mSC予選 10位敗退 09:39.28 09:33.93 -0.9% 

・中村選手の活躍が素晴らしい
・女子の頑張りに比べ男子は悲惨な結果になった。

<短距離&ハードル>
選手 種目 成績 記録 自己ベスト 達成度   
江里口 匡史 100m 1次予選 3位通過 10.38 10.07 -3.1%   
江里口 匡史 100m 2次予選 8位敗退 10.45 10.07 -3.8%
   
木村 慎太郎 100m 1次予選 3位通過 10.47 10.21 -2.5%   
木村 慎太郎 100m 2次予選 8位敗退 10.54 10.21 -3.2%    
塚原 直貴 100m 1次予選 2位通過 10.28 10.09 -1.9%   
塚原 直貴 100m 2次予選 3位通過 10.15 10.09 -0.6%   
塚原 直貴 100m 準決勝 8位敗退 10.25 10.09 -1.6%   
高平 慎士 200m 1次予選 2位通過 20.86 20.22 -3.2%   
高平 慎士 200m 2次予選 4位敗退 20.69 20.22 -2.3%   
藤光 謙司 200m 1次予選 3位通過 20.69 20.46 -1.1%   
藤光 謙司 200m 2次予選 6位敗退 20.97 20.46 -2.5%   
齋藤 仁志 200m 1次予選 6位敗退 21.38 20.42 -4.7%   
金丸 祐三 400m予選 4位敗退 46.83 45.16 -3.7%   
廣瀬 英行 400m予選 7位敗退 46.80 45.84 -2.1%   
田野中 輔 110mH予選 7位敗退 13.84 13.55 -2.1%   
吉田 和晃 400mH予選 3位通過 49.45 49.53 0.2%   
吉田 和晃 400mH準決勝 8位敗退 50.34 49.45 -1.8%   
成迫 健児 400mH予選 5位敗退 49.60 47.93 -3.5%   
         
高橋 萌木子 100m 1次予選 4位敗退 11.75 11.32 -3.8%   
高橋 萌木子 200m予選 7位敗退 23.61 23.15 -2.0%   
福島 千里 100m 1次予選 4位敗退 11.52 11.24 -2.5%   
福島 千里 200m予選 4位敗退 23.40 23.00 -1.7%   
丹野 麻美 400m予選 5位敗退 53.30 51.75 -3.0%    
寺田 明日香 100mH予選 6位敗退 13.41 13.05 -2.8%   
久保倉 里美 400mH予選 5位敗退 56.91 55.46 -2.6%   
青木 沙弥佳 400mH予選 7位敗退 01:03.56 55.94 -13.6% (途中転倒)

・男子4x100mリレーで4位入賞はあったが、短距離・ハードル陣は全般に今ひとつであったように思う。

<ロード>
選手 種目 成績 記録 自己ベスト 達成度   
佐藤 敦之 マラソン 6位入賞 2:12:05 2:07:13 -3.8%    
清水 将也 マラソン 11位 2:14:06 2:10:50 -2.5%   
入船 敏 マラソン 14位 2:14:54 2:09:23 -4.3%   
藤原 新 マラソン 61位 2:31:06 2:08:40 -17.4% 
 
         
尾崎 好美 マラソン 2位 銀 2:25:25 2:23:30 -1.3%   
加納 由理 マラソン 7位入賞 2:26:57 2:24:27 -1.7%   
藤永 佳子 マラソン 14位 2:29:53 2:28:13 -1.1%   
赤羽 有紀子 マラソン 31位 2:37:43 2:25:40 -8.3%   
         
森岡 紘一朗 50kmW 18位 3:56:21 3:49:12 -3.1%    
森岡 紘一朗 20kmW 11位 1:21:48 1:21:16 -0.7%   
谷井 孝行 50kmW 失格  3:47:23    
山崎 勇喜 50kmW 失格  3:40:12    
藤澤 勇 20kmW 30位 1:25:12 1:21:00 -5.2%   
鈴木 雄介 20kmW 42位 1:30:21 1:22:05 -10.1%
   
         
渕瀬 真寿美 20kmW 7位入賞 1:31:15 1:28:03 -3.6%   
大利 久美 20kmW 12位 1:33:05 1:31:42 -1.5%   
川崎 真裕美 20kmW 失格  1:28:49   

・ロードは条件が違うので単純に記録で比較できない。-3.0%以上の落ち込みが多かったというのはそれだけ過酷なレースであったとも言える。
・やはり女子マラソン陣の健闘が光ります

世界陸上代表選手はまさに陸上のプロフェッショナル。今後も自己ベスト更新を目指し次回大会韓国大邱そしてロンドン五輪に向け頑張ってください。

|

« 男子5000m決勝 ベケレ王者の走りで2冠 | トップページ | 近畿マスターズ陸上 800m 1500mに出場 »

世界陸上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/46039049

この記事へのトラックバック一覧です: 世界陸上 自己ベスト達成度:

« 男子5000m決勝 ベケレ王者の走りで2冠 | トップページ | 近畿マスターズ陸上 800m 1500mに出場 »