« 近畿高校ユース:1年男子800m予選 山本雄大が2分突破 | トップページ | 全日本実業団陸上 女子5000m予選 »

2009年9月27日 (日)

全日本実業団陸上 女子10000m 木﨑良子(ダイハツ) 2位

第57回全日本実業団陸上の第1日目。9月25日(金)の夕刻5時から岡山県桃太郎スタジアムで男女10000m決勝が行われた。男子は3組、女子は2組のタイムレース。

Momotaro
夕闇迫る桃太郎スタジアム

女子10000mは2組に有力選手が揃い、総合8位まではこの組であった。ベルリン世界陸上10000m7位入賞の中村友梨香(天満屋)や同9位の福士加代子(ワコール)らが出場した。

2組の出場選手は19名。レースはゆっくりしたペースで進む。途中5000mは16'43"。まだ大きな集団のままで、外国人選手2名と大南博美(トヨタ車体)らが先頭を走る。中村は集団の中ほど。福士はやや前という位置取り。

レースが動き出したのは8000m過ぎたあたりから。中村がスピードを上げ先頭に出ると会場が大いに沸き盛り上がりを見せた。8400mでは集団は11名。中村に続くのはオンゴリ・フィレス(ホクレン)、チェイエチ・ダニエル(ユニクロ)そして福士、清家愛(シスメックス)、平田裕美(資生堂)ら。

だが中村のトップは続かず。フィレスとダニエルが先頭に出てペースアップ。あと1周の鐘が鳴ると集団の8名がラスト勝負。最初にスパートしたのは福士。しかしフィレスとダニエルがすぐに抜き返す。追う福士。そして福士に続く木﨑良子(ダイハツ)と平田の二人。

最終カーブ。木﨑が福士をぴったりとマーク。ラストの直線に入ると木﨑が俄然スパート。福士をかわすとダニエルをも捕らえ撃破した。優勝はフィレスであったが、木﨑は2位で日本人トップの大殊勲。3位ダニエル、4位は福士。衆目期待の中村は7位だった。

木﨑良子(ダイハツ)は社会人2年目。出身は京都で仏教大卒。今年の日本選手権10000mは7位 32.24.69。「トラックでは日本のトップ選手と争える力をつけて行きたい」と語る抱負も実現しつつある。
引用:ダイハツ陸上競技部Webサイト

W10k2_8400
8400m。期待の中村友梨香がトップに立つ

W10k2_9200
あと2周。外国人選手がペースアップ

W10k2_9600
あと1周。福士がスパート。

W10k2_9650
トップ集団は5名(№47の選手は周回遅れ)

W10k2_9750
逃げるダニアル、フィレス。追う福士、木﨑、平田

W10k2_9850
最終カーブ。福士に並ぶ木﨑。

W10k2_9900
木﨑スパート。

W10k2_g
優勝オンゴリ・フィレス(ホクレン)32.50.30
3位 チェイエチ・ダニエル(ユニクロ) 32.52.07

W10k2_kizaki
2位 木﨑良子(ダイハツ) 32.51.51 日本人トップ

W10k2_fukushi
4位 福士加代子 32.53.26

W10k2_hirata_2
5位 平田裕美(資生堂) 32.53.95

W10k2_seike
6位 清家 愛(シスメックス) 32.55.98

W10k2_nakamura
7位 中村友梨香(天満屋) 32.57.34

W10k2_miyauchi
8位 宮内宏子(京セラ) 32.58.65

night night night night night

|

« 近畿高校ユース:1年男子800m予選 山本雄大が2分突破 | トップページ | 全日本実業団陸上 女子5000m予選 »

実業団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/46324982

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本実業団陸上 女子10000m 木﨑良子(ダイハツ) 2位:

« 近畿高校ユース:1年男子800m予選 山本雄大が2分突破 | トップページ | 全日本実業団陸上 女子5000m予選 »