« 近畿高校ユース:1年女子3000m久馬姉妹が1,2 | トップページ | パソコン壊れる »

2009年9月22日 (火)

京都スポーツ祭典陸上1500m 5'04"22 今季ベスト

今日は太陽が丘で行われた第47回京都スポーツ祭典陸上に出場した。種目は男子壮年1500m。この大会は日本陸連公認大会になっている。参加者も昔に比べて多く盛況だ。

壮年の部は40歳以上でエントリは30名。2組タイムレース。GGは2組目。目標タイムは8月の近畿マスターズで出した5' 08"45。

競技開始は9:45。最初に中学女子、続いて一般女子、中学男子。壮年男子は4番目だ。中学女子でも1位の選手は4’50”。とても敵わない。

壮年男子1500m2組目。GGは8レーン。エントリ15名だが5名棄権のため10人でスタートした。最初は5、6番ぐらいの位置についていたが、少しづつ前へ出る。2周目が終わる時点では2位に上がっていた。その先のトップは遙に遠方。必死で追う。すこしは差を縮めたかな。最後の直線で全力を出し切る。

結果のアナウンス。GGの記録は5' 04"22。目標を4秒上回る今季ベストだ。(とは言ってもたった3本目)。2組合わせてのタイムレースでは10位だった。

Ms1500_350
タイムレース1位は平岡剛志(宝が池STC) 4' 33"67 。2009年2月の第16回泉州国際市民マラソンで25位、2時間47分42秒の実力者だ。

Ms1500_1304
2位は足立浩一(京都ランナーズ) 4' 42"22。マスターズでは常連の中距離ランナー。

Ms1500_334
3位は森 登志雄(岸和田健康クラブ) 4' 48"29。各地ロードレースで活躍。

以上の3人は1組の選手。どうも速い人は1組に入っていたようです。今のGGは5分を切る人には勝てません。

今日のレースの分析。近畿マスターズと比較。400から800、2周目のラップの落ち込みが少ないことか。1周目はポジション争いや、はやる気持ちで抑えたつもりでもペースは速くなる。ラスト1周も残っている力をすべて出し切るので速くなる。要は2と3週目だ。今日の反省は2周目で前の選手を抜くときカーブで外にふくれて抜いたこと。カーブで抜くときは外にふくれて余分な力を使う。走る距離も多少長くなる。

カーブでは抜くな。抜くなら直線で速やかに。レース途中のエネルギーロスは最小限に抑え、最後の勝負時に全力をかける。リディアードなら「最初から最後までトップで走れ。それがベストだ」と言うだろうけど。

Saiten5000lap 

今年はあと1回1500を走る予定。来月4日の滋賀スポーツ祭典(皇子山陸上競技場)にエントリ済み。目標タイムは今日のタイムを切ること。


cloud cloud cloud cloud cloud cloud

|

« 近畿高校ユース:1年女子3000m久馬姉妹が1,2 | トップページ | パソコン壊れる »

GGのレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/46281222

この記事へのトラックバック一覧です: 京都スポーツ祭典陸上1500m 5'04"22 今季ベスト:

« 近畿高校ユース:1年女子3000m久馬姉妹が1,2 | トップページ | パソコン壊れる »