« 全日本実業団 女子ジュニア3000m 永尾薫が2位 | トップページ | 滋賀スポーツ祭典 800mで今季ベスト 2分29秒79 »

2009年10月 3日 (土)

新潟国体:800m決勝 真下まなみ 高校歴代4位で優勝

新潟国体の陸上は2日目。少年女子A 800mをテレビ観戦した。

決勝に残ったのはレーン順に
・越谷 奈都美(群馬・新島学園高2) 2' 09"98
・谷田部 遼(茨城・水戸一高3) 2' 11"05
・真下 まなみ(埼玉・深谷商高3) 2' 09"09
・菊地 里江(和歌山・和歌山北高3) 2' 11"19
・松崎 璃子(千葉・市船橋高2) 2' 09"25
・高橋 満里(大阪・東大阪大敬愛高2) 2' 09"60
・中田 倭菜(長野・長野吉田高3) 2' 11"65
・西脇 舞(岡山・岡山操山高2) 2' 10"82
の8名。タイムは予選の記録。

予選のタイムは真下がトップ。挑戦するのは高橋、松崎、越谷の2年生か。そして和歌山の菊池はどこまで復活しているか。

午後3時45分スタート。バックストレートに入っての位置取りでトップに出たのは予想通り高橋満里だ。真下まなみがすぐに高橋に付く。真下が先頭に出る気配もあったが半歩下がって飛ばす高橋をマーク。途中400mは1分ちょうど。いいペース。3番手で菊池里江が追走するがトップの二人にはつけそうにない。勝負は真下と高橋の一騎打ちだ。

2周目のバックストレートに入るやいなや真下スパート。高橋つけるか・・・・。つけない。この時点で勝負ありと思った。やはり女王は強い。まだ高橋は真下の敵ではなかった。バックストレートからコーナを回り、ホームストレートと真下のスパートは続く。テレビ解説者がインターハイと同じレース展開と言っていたが、少し違う。あのときは新宮美歩を完全にマークし、ラスト200mからスパートする勝つためのレースだった。今日はラスト300mから積極的に仕掛けた。レース後のインタビューで「高校記録更新を狙っていた」と話すのを聞いて納得。今日は勝つことは勿論、その先の記録も狙っていたのだ。

優勝 真下まなみ 2' 05"22 高校歴代4位
2位  高橋満里   2' 07"75 自己新
3位  越谷 奈都美 2' 08"49 自己新

菊池は4位 2'08"95だった。

真下の強さが光ったが高橋も2分7秒台。抜群のスピードを2週目も発揮できるよになれば5秒台も。3位の越谷は奈良インターハイの予選敗退から2ヶ月で8秒台をマークし今季トップ10入りの大飛躍。(中3のとき秋田国体で800m優勝。もともと実力はあるんだ)

Koshigai
越谷 奈都美

国体陸上3日目の明日10月4日(日)は
・少年女子A 400m 新宮美歩
・少年女子A 100mH 中村梨穂
が登場する。

トキめき新潟国体(競技記録結果)

で観戦しよう。

そうだ、ぼくも明日はレースだ。


eightzerozero

 

|

« 全日本実業団 女子ジュニア3000m 永尾薫が2位 | トップページ | 滋賀スポーツ祭典 800mで今季ベスト 2分29秒79 »

競技会etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/46382755

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟国体:800m決勝 真下まなみ 高校歴代4位で優勝:

« 全日本実業団 女子ジュニア3000m 永尾薫が2位 | トップページ | 滋賀スポーツ祭典 800mで今季ベスト 2分29秒79 »