« 京都府スポーツ賞・マスターズ賞 | トップページ | 今日は何の日? »

2010年3月 1日 (月)

東京マラソン&世界クロカン代表決定

昨日は東京マラソンのテレビ観戦を見逃した。てっきり午後からだと思い込んでいたのでカミさんの買い物につきあい、帰ってきたら昼前。テレビ中継は終わっていた。

優勝したのはホンダの藤原正和。2:12:19。一般参加。日本人での初マラソン最高記録保持者(2:8:12)だから強いことは間違いない。新星として期待されたが、過酷な練習を自制できず怪我に泣いた。だが今は自分をコントロールできるという。2003年の初マラソンから7年。輝きを増して星が帰ってきた。

昨年9月の全日本実業団陸上で藤原正和を見た。5000m予選1組7位(14’00”78)。決勝では23位(14’13”82)。目だった成績ではない。

Fm001
5000m予選。藤原正和(中央)

Fm002
5000m予選。藤原正和(腰№16)

Fm003
5000m決勝

東京マラソン、40キロからのラスト勝負。期するものがあったのだろう。溜めに溜めたパワーを全開し、駆け抜けた。

::::::::::::::::::::::::::::

話は代わって、本日、世界クロカンの代表選手が日本陸連HPで発表された。

ジュニア女子はGG日記27日記載の得点表上位6人がそのまま代表へ。
・伊澤 菜々花 (豊川高校3年)   
・末吉 茜 (諫早高校3年)
・安藤 友香 (豊川高校1年)   
・田辺 千尋 (神村学園高3年)   
・鈴木 美乃里 (豊川高校2年)   
・日高 侑紀 (北九州市立高2年) 

地元京都からはシニア女子代表で
・小島 一恵(立命館大4年)
・竹中 理沙(立命館大2年)
が選ばれている。

第38回世界クロスカントリーは3月28日(日)にビドコシチ(ポーランド)で開催。

::::::::::::::::::::::::::::

また東京マラソンの話に戻るが、この大会は日本で唯一の賞金レース。1位800万円から10位10万円まで賞金が出る。

①藤原正和(ホンダ)   800万円
②藤原 新(JR東日本) 400万円
③佐藤敦之(中国電力) 200万円

サラリーマンには大金だ。

::::::::::::::::::::::::::::

|

« 京都府スポーツ賞・マスターズ賞 | トップページ | 今日は何の日? »

競技会etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143391/47699843

この記事へのトラックバック一覧です: 東京マラソン&世界クロカン代表決定:

« 京都府スポーツ賞・マスターズ賞 | トップページ | 今日は何の日? »