« 沖縄IH展望 期待の京都選手(1) 女子400m | トップページ | 沖縄IH展望 期待の京都選手(3) 女子800m »

2010年7月24日 (土)

沖縄IH展望 期待の京都選手(2) 女子1500m

真夏日が続きます。土曜の今日は朝から90分ほど「気まま走」。鴨川上流に向かってのんびり走る。気分が乗れば飛ばし、疲れたらジョグ。暑いので小さいペットボトルに水とスポーツドリングを混ぜた飲み物をポーチに入れて携帯。走りの途中、時々陰に入ってちびちび給水です。帽子をかぶり、上はランニングシャツとTシャツを重ね着し、下はショートジャージという格好。なぜ重ね着をするかと言うと1枚ではシャツが汗でべったりして肌に張り付くから。走るなら爽快に。


沖縄インターハイ挑戦の京都選手その2 女子1500m

立命館宇治1年の廣田麻衣と西京3年の松井陽の2選手が出場する。両選手の予選会記録は、

廣田 麻衣 (立命館宇治1・京都)      
4.45.41 京都 予選2組 ②   
4.33.86 京都 決勝 ⑤   
4.39.04 近畿 予選2組 ④   
4.27.11 近畿 決勝 ⑥ 
Hm

松井 陽 (西京3・京都)      
4.47.18 京都 予選1組 ③   
4.31.76 京都 決勝 ①   
4.38.67 近畿 予選2組 ①   
4.25.94 近畿 決勝 ⑤ 
Mm

全出場者のランキングから2選手の位置をみると
松井選手・・・20位
廣田選手・・・24位

予選通過選手は16名。2選手とも十分に戦える実力を備えているので予選突破は期待できる。

Ihw1500list

その予選は第1日目の7/29(木)12時05分開始。暑い最中。ただし湿気は少ない。何年か前の夏に沖縄へ行ったが蒸し暑さは無かった。日差しは強烈だけど。

1組は廣田選手出場。ランキングトップの赤松眞弘(興譲館3・岡山)が同組で、ただ一人の外国人留学生J・ワンジャもいる。また同じ1年生の小林美香(須磨学園)もおり3着争そいは熾烈だ。先頭集団に喰らいついて粘るしかない。3着が無理な場合でもタイムで+4があるのでゴールするまで諦めてはいけない。

W1500h1


松井選手は3組目。北関東トップの後閑美由紀(常磐2・群馬)に北信越を制した小泉直子(東京学館新潟3・新潟)、そして1年生の木村友香(筑紫女学園・福岡)らが高速レースを展開しそうだ。松井選手は集団後方で粘り、勝負どころで追い込んでいくタイプ。先頭のスピードにどの位置で付いていくか、そしていつ勝負を懸けるか。南九州の覇者、田山絵理も同組で予選突破を狙ってくるだろう。1組同様、諦めず粘った選手が決勝へ進むことになりそうだ。

W1500h3


TOP8

① 04:21.61 赤松 眞弘 (興譲館3・岡山)   
② 04:21.90 西脇 舞 (操山3・岡山)   
③ 04:22.55 横江 里沙  (須磨学園1・兵庫)   
④ 04:22.64 後閑 美由紀 (常磐2・群馬)   
⑤ 04:22.73 小泉 直子 (東京学館新潟3・新潟)   
⑥ 04:22.75 菊池 文茄 (那須拓陽2・栃木)   
⑦ 04:23.56 田村 飛鳥 (田村3・福島)   
⑧ 04:23.88 小林 美香  (須磨学園1・兵庫) 

順当なら決勝に進む8人。ただしランキング16位までが4分25秒を切っており、25秒から30秒の間には24名がひしめく。まさに群雄割拠。制するのは誰か?

これは難しい。予選の走りで決勝を展望しましょう。

Nara_w1500_2 
昨年の奈良IH女子1500m決勝、ゴール前。
右から②池田睦美 ⑤赤松眞弘 ③西脇 舞
今年の池田睦美(須磨学園3・兵庫)はランキング14位


女子1500m タイムテーブル
予選・・・7/29(木)12:05
決勝・・・7/30(金)16:10

|

« 沖縄IH展望 期待の京都選手(1) 女子400m | トップページ | 沖縄IH展望 期待の京都選手(3) 女子800m »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

大阪マスのtaniです。ランキング5000mに載せてくださりありがとうございます。これからもっといい成績を出せるようがんばります。最近は短距離にも手を出してますけど。。。立命館宇治高校の生徒さんに先週の京都マス大会ではお世話になりました。ぜひがんばってほしいと応援しています。そしてGGさん、応援しています。

投稿: tani | 2010年7月25日 (日) 11時16分

taniさん、コメントありがとうございます。またGGの趣味のランキングを励みとしていただきありがとうございます。

100mや200mにも挑戦されているようで驚いてます。GGも400mを走ってみたいと思ってますがスタートが心配で手が出ません。なにしろブロックを使ったことがないので。60歳クラスだから立ったままのスタートでもいいのかな?

立命館宇治のみなさんには本当にお世話になりました。陸上の大会というのは審判の先生や補助の生徒さんなど大勢の役員さんのお陰で成り立っています。僕らはのん気に走っているだけですが役員さんは大変です。レースを走れるのも役員さんあってのこと。休日返上で大会を支えていただく役員さんに感謝。

taniさん、応援ありがとうございます。高校生から元気をもらって走りを楽しんでいきたいと思います。

今後もよろしく。

投稿: GG | 2010年7月27日 (火) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄IH展望 期待の京都選手(1) 女子400m | トップページ | 沖縄IH展望 期待の京都選手(3) 女子800m »