« 沖縄インターハイ 男子400m | トップページ | 京都高校ユース 女子1年 800m »

2010年8月14日 (土)

沖縄インターハイ 男子1500m

8/14(土) 京都駅南側にできたイオンモールの中にある映画館「T・ジョイ京都」で話題の「インセプション」をカミさんと観た。50歳以上夫婦割引二人で2000円だからお得。

映画館に来たのは何年ぶりか。T・ジョイ京都には12のスクリーンがあり、インセプションは6番スクリーンだった。座席数は217席。前から4列目の中央に陣取る。ちょっと前すぎだったかも。

シートは高級感が有り柔らかい。座り心地満点。

上映開始。デジタルシネマプロジェクタ。もう映写機の時代ではないのか。そして音響がこれまた凄い。デカプリオ扮するコブが渡辺謙が扮するサイトーの東洋の館(要塞みたいな)に入り込み金庫から何かの書類を盗み出すシーンから映画は始まる。ここでサイトーとコブの妻が待ち構えていて銃撃戦となり、館が崩れ落ちるのだが、その音響の凄さ。座席までビンビン、ガンガンに振動する。まるで地震。

インセプションは確かにおもしろい。観ている間は異次元の世界に入り込んだかのように興奮する。映画の内容自体も異次元世界の出来事。何層にも分かれた夢の世界が同時進行しゴールへ突き進む。夢の夢、またその夢の夢の夢のお話。ラストシーン。夢か現実かを判別できるある物の動きで映画は終わる。

映画のあとイオンモールでシューズを買い、帰ってから早速、試し履きの練習へ。


沖縄インターハイ記録整理、今日は男子1500m

男子1500m予選 7/29(木)12:45

連覇を狙うマイケルギチンジが4組1着で危なげなし。
対抗のタイタスワロルも3組1着。この3組が一番ペースが速く7着まで予選通過。
近畿勢では西池和人(須磨学園3兵庫)が5000m一本に絞るためか棄権。近畿トップ期待の前野貴行(須磨学園3兵庫)はまさかの4組8着で敗退した。
近畿3位の冨田祥平(西脇工3兵庫)も2組6着と敗れたが、残る3選手が決勝へ勝ち上がった。

M1500h


男子1500m決勝 7/30(金)16.25
グランドコンディション 16:00 曇り 31.5℃ 66.0% 南 3.5m/s

① M・ギチンジ (青森山田3・青森) 3:46.48   
② 八木沢 元樹 (那須拓陽3・栃木) 3:46.50   
③ T・ワロル (鎮西2・熊本) 3:49.53   
④ 的野 遼大 (諌早3・長崎) 3:50.87   
⑤ 小島 秀斗 (豊川工3・愛知) 3:51.24   
⑥ 浅岡 満憲 (中京3・岐阜) 3:51.29   
⑦ 今井 憲久 (学法石川3・福島) 3:51.81   
⑧ 新庄 翔太 (西脇工3・兵庫) 3:53.06   
⑨ 三宅 一輝 (利府2・宮城) 3:55.16   
⑩ 駒井 滉平 (専修大松戸3・千葉) 3:56.10   
⑪ 高田 康暉 (鹿児島実2・鹿児島) 3:57.68   
⑫ 吉田 匡佑 (九州学院2・熊本) 3:57.71   
⑬ 上野 裕史 (佐久長聖3・長野) 3:59.96   
⑭ 高橋 惇 (和歌山北3・和歌山) 4:03.72   
⑮ 山内 琢矢 (浦和実業学園3・埼玉) 4:03.75   
⑯ 川崎 友輝 (草津東3・滋賀) 4:03.78 

マイケルギチンジが連覇。八木沢元樹(那須拓陽3栃木)が0.02秒差の2位。このレースは最後の場面だけテレビ放映があった。ラスト勝負、ほんとに惜しかった。ゴール直前では八木沢選手のほうに勢いがあっただけに一瞬の加速遅れが悔やまれます。

近畿勢3選手では新庄翔太(西脇工3兵庫)が8位入賞。高橋惇(和歌山北3和歌山)、川崎友輝(草津東3滋賀)は力尽きた。

M1500f1
M1500f2

ギチンジ選手は昨年の奈良インターハイに続いて連覇であったが、その奈良と今回の沖縄の先頭ランナーのラップタイムを比較。どちらもほぼ同じレース展開で最後にラスト勝負でギチンジが制している。ただ、昨年は2位に1秒以上の差をつけたが今回は胸の差。ワロル選手のペースが多少速かった分だけラストがきつかったか。

来年はこのワロル選手が3年で出てくるだろう。ケニア選手に対抗する日本人高校生は果たして誰か?

M1500f3

|

« 沖縄インターハイ 男子400m | トップページ | 京都高校ユース 女子1年 800m »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沖縄インターハイ 男子400m | トップページ | 京都高校ユース 女子1年 800m »