« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

明日から千葉国体

明日10月1日から5日まで「ゆめ半島千葉国体」の陸上競技。スタートリストより京都の選手を中心にレースを展望しよう。

1日目

少年女子共通800m予選

エントリー選手は25名。4組1着+4が予選通過の条件だから2着には入りたい。京都光華高1年の渡辺恵美は第4組。沖縄インターハイ2位の谷本有紀菜(西京3山口)が同じ組なので彼女をマークか。渡辺選手の走る決勝を観たい。

トップ8(今季ベスト)
2.08.23 鈴木 翔子(東京・白梅学園高)⑦
2.08.75 福嶋 美和子(福岡・筑紫女学園高)④
2.09.35 高橋 満里(大阪・東大阪大敬愛高)①
2.09.71 谷本 有紀菜(山口・西京高)②
2.10.05 渡辺 恵美(京都・京都光華高)
2.10.42 満枝 まどか(鹿児島・市立鹿児島女高)⑥
2.10.57 伊藤 美穂(神奈川・川和高)⑧
2.10.74 西脇 舞(岡山・岡山操山高)

○数字はインターハイ決勝順位

少年女子B1500m予選

31名エントリー。2組4着+4。立命館宇治高の廣田麻衣が2組目。今季ベスト記録からすると予選通過は当確か。しかし、近畿高校ユースでは調子はいまひとつ。最後まで粘りたい。

トップ8(今季ベスト)
4:21.52 横江 里沙(兵庫・須磨学園高)   
4:22.08 木村 友香(福岡・筑紫女学園高)   
4:24.28 阿久津 有加(栃木・那須拓陽高)
4:24.44 武田 志帆(群馬・常磐高)
4:27.11 廣田 麻衣(京都・立命館宇治高)
4:27.80 今村 咲織(神奈川・上菅田中)
4:28.77 下花 史佳(広島・坂中)
4:29.28 田中 結女(山梨・山梨学院大附高)


成年女子5000m決勝

26名がエントリー。京都から出場選手はいないが実業団や学生で京都に縁の深い選手が多く出場。ワコールやシスメックスの選手、それに佛教大、立命館大の選手たち。テレビ放映が予定されているので今度こそ見逃さないようにしよう。

トップ8(今季ベスト)
15:13.11 扇 まどか(長崎・十八銀行)   
15:26.72 吉本 ひかり(熊本・佛教大)   
15:47.36 鈴木 亜由子(愛知・名古屋大)   
15:50.80 竹中 理沙(滋賀・立命館大)   
15:52.75 森 知奈美(岐阜・佛教大)   
15:53.47 稲富 友香(福岡・ワコール)   
15:54.11 五十嵐 藍(山形・シスメックス)    
15:54.84 森 祥子(徳島・大塚製薬)

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

近畿高校ユース 女子1年3000m 大森菜月 9分28秒91

近畿高校ユースの続き。

女子1年3000m決勝 9/20(月) 11:25

S0000
17名でスタート。うち9名は昨日の1500mにも出場。

S0400
400m

S0800
800m。1000mは3分13秒。

S1200
1200m、引っ張るのは清政愛理(西脇工)

S1600
1600m

S2000
2000m。大森菜月(薫英女学院)と清政愛理が抜け出す。

S2000a
2000mスプリットは6分24秒。 この1000mは3分11秒

S2400
2400m

S2800_2
2800m

S2800a
ラスト

① 9:28.91 大森 菜月 (薫英女学院1大阪) ☆   
② 9:29.16 清政 愛理 (西脇工1兵庫) ☆   
③ 9:44.86 小田 杏菜 (京都光華1京都) ☆   
④ 9:50.18 隠岐 麻子 (奈良育英1奈良) ☆   
⑤ 9:51.00 藤井 あゆみ (京都光華1京都) ☆   
⑥ 9:52.21 岸本 七海 (草津東1滋賀) ☆   
⑦ 9:57.24 中林 咲 (姫路商1兵庫) ☆   
⑧ 9:59.67 鳥海 章子 (薫英女学院1大阪) ☆ 

☆申込記録(今季最高タイム)更新。

9分28秒91は昨年度高校100傑では53位に相当。

大森選手の今年度3000m成績
4.18 大阪高校記録会 ①9.42.63
5. 4 IH大阪地区予選 ①9.45.83
5.30 IH大阪大会 ①9.35.94
6.20 IH近畿大会 ⑦9.37.82
7.21 大阪高校総体地区予選 ①10.28.55
8.18 大阪高校総体 ①9.57.34

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

近畿高校ユース 女子2年1500mは牧恵里奈

いつもの鴨川下流の土手コースで練習。左足かかとの痛みも多少和らぐ。3000mを12分31秒。

Kamo2
この土手を250m往き、返りは左の土手下の舗装歩道を走る。1周で500m。

さて、近畿高校ユースの続きです。

女子2年1500m決勝

S0300_2
1人棄権で17名の選手でスターと。
1周目のフィニッシュライン。300m、50秒。

S0700_4
あと2周。700m、2分04秒(400ラップ 1分14秒)
米田絵里(薫英女学院)が先頭に出る。2番手は森本新菜(夙川)、田邊摩希子(三木)

S1100_3
あと1周。1100m、3分20秒(400ラップ 1分16秒)
トップは変わらず米田選手。2位に牧恵里奈 (立命館宇治)が上がる。
残り400mを1分10秒以内なら4分30秒を切れる。

S1100a_3
後続選手。昨年の近畿ユース1年で3位の川西寧々(水口東)、同1位の竹内綾菜((奈良育英)は10位、11位と遅れる。

S1100b_3
後続選手。

S1250_2
最後のバックストレート。牧、米田、翁田、森本の4選手がバトル。

S1350
最終カーブ。牧選手が飛び出した。追う3選手。

S1450
最後の直線、3選手が猛追。

S1500_2 
牧恵里奈フィニッシュ。4分30秒01。惜しくも30秒切れず。

① 4:30.01 牧 恵里奈 (立命館宇治2京都) ☆
② 4:30.54 森本 新菜 (夙川2兵庫) ☆
③ 4:31.12 翁田 あかり (西脇工2兵庫) ☆   
④ 4:31.16 米田 絵里 (薫英女学院2大阪)   
⑤ 4:32.64 吉井 史帆 (宮津2京都)   
⑥ 4:35.29 田邊 摩希子 (三木2兵庫)   
⑦ 4:36.67 北野 芽衣 (薫英女学院2大阪) ☆   
⑧ 4:37.56 川西 寧々 (水口東2滋賀) 

☆マーク:申込記録(今季最高タイム)を更新した選手

高校女子選手で1500mを4分30秒というのはどの程度のレベルだろう。2009年度の高校100傑で68位。近畿30傑では14位に相当する。府県ではベスト3に入る記録といえますね。

高校男子で68位は3分56秒67だから非常にレベルの高い記録です。

1500m、4分30秒は1000mを3分00秒。400m1周は1分12秒。
400m 1'12"
800m 2'24"
1200m 3'36"
残り300mは54" となる。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

近畿高校ユース 女子1年1500m 須磨学園の1,2

近畿高校ユース陸上の続き。

女子1年1500m 9/19(日) 13:05

ホームストレートを見渡せる第1コーナ付近のスタンドから観戦。出場者は近畿各府県の予選会上位3名で18名。

S0300_2
あと3周。今季記録で1,2位の須磨学園、横江里沙と小林美香が先頭

S0700
あと2周。先頭の2人は変わらず。後ろに付くのは清政愛理 (西脇工)、大森菜月 (薫英女学院)。その後ろが立命館宇治の菅野七虹と廣田麻衣。

S1050
途中1000mを通過し、残り1周へ

S1100
あと1周の鐘。先頭から横江里沙、小林美香、大森菜月、菅野七虹、清政愛理。

S1100a
後続の第2集団。廣田選手はこの位置に下がる。

S1100b
後続選手もあと1周。

S1250
先頭はバックストレート。スパート開始。

ここまでのトップ横江選手の途中タイム
400m 1'11"
800m 2'25" (1'14")
1200m 3'36"(1'11")
残り300mのラストスパート目標は50"なので4分30秒は切れる。

S1500
横江選手フィニッシュ。4分27秒00 (ラスト300m 51秒)

結果 
① 4:27.00 横江 里沙 (須磨学園1兵庫)   
② 4:28.02 小林 美香 (須磨学園1兵庫)   
③ 4:28.35 大森 菜月 (薫英女学院1大阪) ☆
④ 4:31.07 菅野 七虹 (立命館宇治1京都) ☆
⑤ 4:32.50 清政 愛理 (西脇工1兵庫) ☆
⑥ 4:39.27 隠岐 麻子 (奈良育英1奈良)
⑦ 4:39.34 岸本 七海 (草津東1滋賀) ☆
⑧ 4:40.92 沼田 祐里 (笠田1和歌山) ☆

☆は申込記録(今季最高タイム)を突破した選手

1w1500rs
須磨学園勢のワン、ツーでしたが、後続選手も記録を伸ばしてきています。明日は2年生の結果を。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

運動会

今日は地区の運動会。天気は申し分なし。GGは町対抗のリレーや玉入れに出場し、娘夫婦や孫も来て楽しい一日を過ごす。

夜は足洗い(飲み会)。日ごろあまり付き合いの無い町内の人たちと大いに飲み語る。

お蔭様で飲みすぎ。今日はこれまで。

Undokai
幼児競争。もらった賞品をしっかり持って走る孫。

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

関西学生女子駅伝 立命大が女王奪還

9月25日、神戸しあわせの村で行なわれた「第20回関西学生対校女子駅伝競走大会」で立命大が佛教大を45秒差でやぶり女王の座を奪還した。

<記録詳細は関西学生陸上競技連盟Webサイトで>

立命大と佛教大の区間記録と2チームの時間差グラフを掲載。

Kgw_ekdn2
NSR:区間新記録

Kgw_ekdn_2

1区、2区は互角のレース展開。3区のエース区間でインカレ10000m勝者と5000m勝者が激突した。ここで立命大の田中華絵が区間新記録の快走で佛教大の西原加純に27秒の差をつけて4区へ。

4区の立命大、沼田未知も佛教大との差を39秒に広げレースは終盤の5区へ。

5区は距離3.3km。佛教大はここで少しでも差を縮めアンカー吉本ひかりに託したい。しかし立命大の走者はインカレ1500m2位の籔下明音。持ち前のスピードで藪下選手は区間新記録で駆け抜け佛教大に1分を越える大差で最終区間6区へ。

アンカー6区、佛教大の吉本ひかりが挽回するも時遅し。立命大は岩川真知子がトップを守りぬき大会新記録でゴール。

立命大の強さは10000mの長距離を安定して走れる3選手と5000mも強いエースの竹中理沙、そしてスピードのある1年生2名の6選手が揃っていること。6選手に今回のように確実に走られると佛教大も苦戦が必至。しかし・・・

10月24日の全日本大学女子駅伝(宮城・仙台)は総距離38.6km。区間の数は6区間で同じだが今回より8.6km長くなる。さて、仙台の勝敗の行方は?

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

全日本実業団陸上 女子10000m木﨑良子(ダイハツ)初優勝

今日から3日間新潟・ビッグスワンで全日本実業団陸上選手権が行なわれる。1日目は夕方からの男女10000m。去年は岡山まで観戦に行った。あれから早や1年。今年はWebサイトでの観戦。

女子10000m 9/24(金) 18:50

2組のタイムレース決勝での入賞者
① 32:16.40 木﨑 良子 (ダイハツ・関西)   
② 32:18.96 福士 加代子 (ワコール・関西)   
③ 32:21.37 伊藤  舞 (大塚製薬・関西)   
④ 32:22.93 高島 由香 (デンソー・中部)   
⑤ 32:24.46 浦田 佳小里 (天満屋・中国)   
⑥ 32:26.25 赤羽 有紀子 (ホクレン・東日本)   
⑦ 32:39.13 宮内 宏子 (京セラ・関西)   
⑧ 32:42.97 清家  愛 (シスメックス・関西) 

木﨑良子が初優勝!

昨年は2位とはいえ日本人としては第1位。そして今年はついに優勝を果たす。日本選手権で10000m、5000mともに敗れた福士加代子を昨年に続き制しての初優勝。木﨑良子にとって相性のいい大会のようだ。

ダイハツ陸上競技部のWebサイトより木﨑選手のトラックでの戦歴を調べた。

京都・佛教大学出身
2008年3月ダイハツ入社

2008/04月 日本選抜陸上(和歌山・紀三井寺) 3000m ⑤9.18.60
2008/04月 兵庫リレーカーニバル(神戸ユニバー) 10000m ⑯33.21.90
2008/05月 静岡国際陸上(小笠山) 10000m ⑤32.42.11
2008/05月 関西実業団陸上(尼崎) 5000m ④15.42.53
2008/05月 ゴールデンゲームズinのべおか ⑦15.39.56
2008/06月 日本陸上選手権(川崎市等々力) 10000m ⑭33.13.00
2008/06月 日本陸上選手権(川崎市等々力) 5000m ⑱16.11.99
2008/07月 ホクレンディスタンスチャレンジ北見大会 5000m ⑥16.02.25
2009/04月 兵庫リレーカーニバル(神戸ユニバー) 10000m ④32.24.00
2009/04月 織田記念陸上(広島) 5000m ⑦15.35.12 自己新
2009/05月 関西実業団陸上(尼崎) 5000m ③15.42.44
2009/06月 日本陸上選手権(広島) 10000m ⑦32.24.69
2009/09月 全日本実業団陸上(岡山) 10000m ②32.51.51
2010/05月 実業団女子長距離記録会(長崎) 5000m ①16.11.42
2010/06月 日本陸上選手権(香川・丸亀) 10000m ②32.31.64
2010/06月 日本陸上選手権(香川・丸亀) 5000m ②15.41.40
2010/07月 ホクレンディスタンスチャレンジ網走大会 10000m ①31.38.71 自己新

木﨑選手の佛教大時代の活躍(日本インカレ成績)
2004年 1500m ②4.23.36
2005年 5000m ③15.57.47
2006年 5000m ②15.52.06(日本人1位)
2007年 5000m ②15.57.39(日本人1位)、10000m ①34.20.25

京都新聞の第25回全国女子駅伝サイトに木﨑選手の紹介記事がある。

父の和夫さんから大きな影響を受けた。和夫さんは順大時代に箱根駅伝で活躍し、実業団のホンダでマラソンも走った。応援に駆けつけるだけでなく、佛大に進み寮生活となると、メールでアドバイスも送ってくる。「たいした内容じゃないけど父の言葉で落ち着ける。故障が少なく強い足腰は父がくれたのかな」

今年1月の大阪女子マラソンでは初めて42.195kmに挑戦した。記録は6位、2:27:34。女子マラソンでも期待のホープだ。

そして11月のアジア大会。5000m代表。

Kr
2009全日本実業団陸上10000mの木﨑良子

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

全日本マスターズ陸上 近畿選手の活躍

近畿マスターズで痛めた左足の踵(かかと)は治りそうにない。足の裏には足底筋膜(そくていきんまく)という踵の骨と指の付け根を繋いでいる筋肉があり、歩いたり走ったりするときの衝撃を吸収するバネやクッションになっているらしい。

この足底筋膜が疲労してバネが無くなり炎症を起こして痛みとなっているようです。ふくらはぎのバネも無くなるし、そこらじゅうの筋肉が長年の繰り返し疲労で弾力が無くなってきているのでしょう。これが年を取るということか。

ポンコツならポンコツなりに走るしかない。


9/17(金)~9/19(日)の3日間、東京・国立で行なわれた全日本マスターズ陸上。中長距離種目での近畿選手の結果。

記録は「東京マスターズ陸上競技連盟ホームページ」より。


800m

M35 ③ 2.09.64  大倉 直也  京都   
M40 ① 2.06.09  森  義行  大阪   
M40 ② 2.06.35  和田 宏  京都   
M40 ⑦ 2.09.88  谷口 茂  兵庫   
M40 ⑧ 2.13.27  福西 茂樹  大阪   
M40 ⑬ 2.20.87  東野 裕  兵庫   
M45 ⑦ 2.21.05  足立 浩一  京都   
M45 ⑧ 2.21.81  山下 浩一  兵庫   
M45 ⑰ 2.45.90  小川 久人  兵庫   
M50 ③ 2.14.31  小牧 智明  京都   
M50 ⑥ 2.18.10  法龍院 均  兵庫   
M50 ⑮ 2.32.61  樋口 哲司  大阪   
M50 ⑰ 2.38.87  小西 由人  大阪   
M55 ② 2.19.17  小畠 敬良  大阪   
M55 ⑧ 2.30.54  藤原 嘉文  兵庫   
M55 ⑮ 2.42.89  津田 護  兵庫   
M60 ④ 2.31.54  辻本 浩  奈良   
M60 ⑰ 3.00.90  蒲生 久男  滋賀   
M65 ③ 2.35.23  木谷 一夫  大阪   
M65 ⑪ 2.50.04  大森 保雄  兵庫   
M70 ⑥ 2.47.50  吉本 公男  京都   
M70 ⑧ 2.48.00  岩波 健二  京都   
M70 ⑨ 2.48.65  山本 等  兵庫   
M70 ⑫ 2.54.04  森下 三知男  大阪   
M75 ⑭ 3.37.85  五嶋 忠志  大阪   
M75 ⑱ 4.17.29  松岡 英毅  大阪 
M80 ① 3.12.34  中川 尚司  和歌山 
--------------------------------
W50 ⑧ 3.43.44  奥村 留美子  滋賀   
W55 ① 2.37.48  太田 君子  滋賀   
W60 ① 2.46.88  京谷 こまえ  奈良   
W70 ① 3.29.00  松岡 和子  大阪 


1500m

M35 ⑤ 4.42.68  末吉 敬彦  京都   
M40 ② 4.23.53  喜多 芳星  大阪   
M40 ③ 4.26.19  谷口 茂  兵庫   
M40 ⑥ 4.38.89  森 義行  大阪   
M40 ⑨ 4.46.79  髙岡 良行  京都   
M40 ⑩ 4.48.65  波越 厳  大阪   
M45 ① 4.19.55  農添 光陽  滋賀   
M45 ⑦ 4.33.27  中川 正治  大阪   
M45 ⑩ 4.45.56  足立 浩一  京都   
M45 ⑪ 4.48.94  山下 浩一  兵庫   
M45 ⑱ 5.43.26  小川 久人  兵庫   
M50 ⑮ 5.15.63  樋口 哲司  大阪   
M55 ④ 4.50.35  吉本 保  兵庫   
M55 ⑧ 5.00.39  足立 正登  兵庫   
M55 ⑩ 5.19.10  藤原 嘉文  兵庫   
M55 ⑰ 5.55.32  津田 護  兵庫   
M60 ⑤ 5.06.96  辻本 浩  奈良   
M60 ⑲ 6.17.73  蒲生 久男  滋賀   
M65 ⑦ 5.26.64  木谷 一夫  大阪   
M65 ⑰ 5.55.38  大森 保雄  兵庫   
M70 ③ 5.41.26  山本 等  兵庫   
M70 ⑤ 5.43.06  吉本 公男  京都   
M70 ⑥ 5.48.13  岩波 健二  京都   
M70 ⑩ 5.55.16  森下 三知男  大阪   
M70 ⑯ 6.03.06  田代 道弘  大阪   
M70 ⑰ 6.14.31  宮下 文雄  兵庫   
M70 29 7.21.58  河原 健二郎  京都   
M75 ⑬ 7.21.79  五嶋 忠志  大阪   
M75 ⑰ 8.55.80  松岡 英毅  大阪   
M80 ① 6.51.91  中川 尚司  和歌山 
--------------------------------
W70 ⑤ 7.07.44  松岡 和子  大阪 


3000m

W70 ⑤ 15.16.39  松岡 和子  大阪 


5000m

M35 ⑦ 17.51.82  末吉 敬彦  京都   
M40 ⑤ 16.18.89  喜多村 和弘  京都   
M40 ⑧ 17.54.32  髙岡 良行  京都   
M45 ① 16.16.06  農添 光陽  滋賀   
M55 ⑥ 18.21.54  足立 正登  兵庫   
M65 ⑯ 22.30.13  大森 保雄  兵庫   
M70 ② 20.59.07  福田 勝三  京都   
M70 ⑤ 21.47.05  田代 道弘  大阪   
M75 ⑦ 27.48.96  五嶋 忠志  大阪
------------------------------
W55 ② 22.43.43  小嶋 祐子  滋賀   
W60 ④ 22.36.47  大倉 節子  大阪 


近畿と全日本の結果をおりこみランキングの最新版を作らねば。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

近畿高校ユース(2日目) 400m決勝

京都・西京極で行なわれた近畿高校ユース陸上の2日目。男女400m観戦。

女子1年400m決勝 9/19(日) 12:40

1w400f

① 56.40  中田 美保 (県西宮1兵庫) ☆大会新
② 57.52  安達 真琴 (京都橘1京都)   
③ 57.65  西村 由依 (東大阪大敬愛1大阪)   
④ 57.78  荒金 優奈 (東大阪大敬愛1大阪)   
⑤ 58.83  今嶋 美佳 (海南1和歌山)   
⑥ 59.43  白永 優美子 (洛北1京都)   
⑦ 59.74  伊藤 冴香 (関大北陽1大阪)   
  DNS 山田 千聖 (草津東1滋賀) 

1w_nm
800mに続く2冠の中田美保。いずれも大会新


女子2年400m決勝 9/19(日) 12:45

2w400f

① 55.69  吉田 奈生子 (東大阪大敬愛2大阪)   
② 57.35  和田 早織 (姫路商2兵庫)   
③ 57.69  大宅 楓 (大塚2大阪)   
④ 58.08  梅田 可菜 (山城2京都)   
⑤ 58.66  飯尾 真実 (加古川西2兵庫)   
⑥ 59.34  山内 由 (薫英女学院2大阪)   
⑦ 59.97  鈴木 睦子 (西京2京都)   
⑧1.00.36 城内 彩希 (和歌山北2和歌山) 

2w_yn
吉田奈生子も800mと400mの2冠


男子1年400m決勝 9/19(日) 12:50

1m400f

① 49.48  橘田 佳和 (清風1大阪)   
② 49.49  秋田 圭登 (草津東1滋賀)   
③ 50.18  津田 将隆 (近大附1大阪)   
④ 50.50  河﨑 慎吾 (西宮東1兵庫)   
⑤ 50.62  稲畑 遼 (大阪1大阪)   
⑥ 50.80  中井 嘉久 (洛南1京都)   
⑦ 50.92  前田 直哉 (水口東1滋賀)   
⑧ 51.73  森 知幸 (乙訓1京都) 

1m_ky_2 
400mHの2位に続く400m優勝の橘田佳和


男子2年400m決勝 9/19(日) 12:55

2m400f

① 47.88  福永 拓哉 (洛南2京都)   
② 49.79  田村 公 (関大北陽2大阪)   
③ 49.84  福間 誉樹 (聖心学園2奈良)   
④ 49.86  藤田 慎也 (伊川谷北2兵庫)   
⑤ 49.92  吉村 裕生 (八幡2滋賀)   
⑥ 50.31  角田 匠 (彦根東2滋賀)   
⑦ 50.43  森山 昌幸 (川西北陵2兵庫)   
⑧ 50.52  糸井 貴弘 (加悦谷2京都) 

2m_ft
200mは2位、得意の400mは優勝の福永拓哉

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

近畿高校ユース 女子2年800mは吉田奈生子が突っ走る

近畿高校ユース陸上観戦の続き。

女子2年800m予選(3組2着+2) 9/18(土) 12:40

Photoはすべて2周目のバックストレート

1組
2w800h1
①米田 絵里(薫英女学院2大阪) 2.15.75

2組
2w800h2
①吉田 奈生子(東大阪大敬愛2大阪) 2.11.79

3組
2w800h3
①大宅 楓(大塚2大阪) 2.13.92

2組で走った吉田選手が1周目からぶっちぎりで飛ばす。途中400が60秒ちょうど。後半は72秒なので落差が12秒。もともと400mランナーなのでスピードはある。1周目をもう少し抑えればもっといいタイムが出るのではと思ってしまう。

決勝でもスタートからぶっ飛ばすでしょう。

2w800h1_2

2w800h2_2


女子2年800m決勝 9/18(土) 16:20

S000_3
吉田選手5レーン

S150
予想通り吉田選手が飛び出す

S250
追う米田、大宅、胡田の3選手

S300
途中300m

S400
400mは1分01秒。

S550
後続に大差をつけバックストレートを駆ける吉田奈生子

S600
大差を維持して残り200m

S700
最終コーナ。後続選手もパワー全開。

S750
大会記録2.08.21突破を目指し最後の力走

S750a
2位争い。4番手の森本新菜も追撃。

S800
フィニッシュ! 大会記録更新はならず。

結果
① 2:10.49 吉田 奈生子 (東大阪大敬愛2大阪)
② 2:11.88 大宅 楓 (大塚2大阪) 今季ベスト
③ 2:11.94 米田 絵里 (薫英女学院2大阪)
④ 2:11.96 森本 新菜 (夙川2兵庫) 今季ベスト
⑤ 2:15.48 渡辺 真央 (明石城西2兵庫)   
⑥ 2:16.32 胡田 都 (京都文教2京都)   
⑦ 2:17.62 木村 円佳 (網野2京都)
⑧ 2:19.52 富永 沙央梨 (長浜北2滋賀) 

エントリー時の資格記録(今季ベスト)を更新した選手は大宅楓、森本新菜の2選手。木村円佳、富永沙央梨は予選タイムが今季ベスト更新

2w800f1

2w800f2

吉田選手、800mはまだ始めたばかりのようです。近畿ユースの大阪予選である大阪高校総体でいきなり2位の2.09.39。(2010高校ランキング6位)。400mの今季ベストは55秒60(5/22 東大阪市ジュニア)で2010高校ランキング9位。

予選、決勝ともスタートから飛び出し、その勢いのままゴールまで駆け抜けた吉田選手。800m参入で近畿のトップ争いが一段と激しくなりそうです。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

スーパー陸上 女子800m

昨日、9月19日(日)に川崎でスーパー陸上があった。TBSテレビでも放映していたが見逃した。(よく見逃すGGです)。西京極での近畿高校ユース観戦で忘れていた。

見逃したレースはインターネットのYouTubeにアップされていました。

1レーン 許 燕貞 HUH, Yeon-Jung (韓国)
2レーン 陣内 綾子(九電工)
3レーン エーレナ・コファノワ(ロシア)
4レーン タチアナ・ペトリュク(ウクライナ)
5レーン 岸川 朱里(STCI)
6レーン 久保 瑠里子(デオデオ)
7レーン 真下 まなみ(筑波大学)
8レーン 佐藤 真有(ナチュリル)、タマラ・トベルドストゥプ(ウクライナ)

スタート前の選手紹介アナウンスがお粗末。2レーンの陣内(じんのうち)選手を【じんない】と呼び、7レーンの真下選手のところで8レーンの2選手の名を紹介。一番最後に7レーンの真下選手を放送。これでは選手も気が抜けるのでは。

レース開始。選手がスタートするや耳障りな音楽ががなりたてる。映画じゃないんだけど陸上競技は。BGMなんて要らないと思う。選手の鼓動、スパイクの音、会場の歓声、それで充分。安易に雰囲気を盛り上げようとするBGMはやめてほしいです関係者殿。流すなら静かなクラシックにしてください。(これはGGだけの思いでしょうか)

横道にそれましたが期待していた800m日本歴代3位の千葉麻美の欠場は残念。

レースはまずバックストレートでウクライナのペトリュクがトップに出る。肉薄する同じウクライナのトベルドストゥプと陣内綾子。途中200mは29秒。ロシアのコファノワが3番手に上がりトップ3選手は外国勢。追う陣内、久保選手。

途中300mから400m。先頭から順に、ペトリュク、トベルドストゥプ、コファノワ、陣内、久保、許、岸川、真下、佐藤。ここでも場内アナウンスは『トップはロシアのコファノワ』と叫んでいた。確かにロシアもウクライナもよく似たユニフォームなんだけど、お粗末ですね。

400mはウクライナのペトリュク選手が59秒。

2週目のバックストレートでロシアのコファノワが2位浮上、そして久保瑠里子が陣内綾子に並ぶ。すると、3番手のトベルドストゥプが走るのを止めて走路外へ。

ペトリュク、コファノワの両選手は抜き出て、3位争いは日本人選手3名と韓国選手1名。陣内綾子 と久保瑠里子が並び後ろに岸川朱里と許燕貞。

いよいよレースはラスト100m。ロシアのコファノワがスパートしてペトリュクを逆転。後方では久保、陣内、岸川、許4選手のデッドヒート。最後はわずかに抜き出た久保選手が勝つ。

結果
① 2:00.46 エーレナ・コファノワ (ロシア)   
② 2:01.01 タチアナ・ペトリュク (ウクライナ)   
③ 2:03.09 久保 瑠里子 (デオデオ)   
④ 2:03.53 陣内 綾子 (九電工)   
⑤ 2:03.79 岸川 朱里 (STCI)   
⑥ 2:04.12 許 燕貞 (韓国)   
⑦ 2:08.58 佐藤 真有 (ナチュリル)   
⑧ 2:10.02 真下 まなみ (筑波大学)   
DNF    タマラ・トベルドストゥプ (ウクライナ) 

Spw800

YouTubeのWebサイト
http://www.youtube.com/watch?v=Y2hwX_rw_CY

S700
上記YouTubeより。ラスト100m。

800mという競技は魅力いっぱい。女子800mで最初に2分を突破するのは果たして誰でしょう?

| | コメント (1)

2010年9月18日 (土)

近畿高校ユース 女子1年800m中田美保が大会新V

今日9月18日(土)から3日間、京都・西京極で近畿高校ユース陸上開催。1日目は800m観戦。

女子1年800m予選(3組2着+2) 9/18(土) 12:25

1組

1w800h1
中田美保(県西宮1兵庫)2.15.36


2組

1w800h2
渡辺恵美(京都光華1京都) 2.16.19


3組

1w800h3_2
横江里沙(須磨学園1兵庫)2.17.39

1w800h
1w800h1_2

GG応援の京都光華の渡辺恵美選手は2組1着。対する中田美保選手は1組1着。そして
横江里沙選手は3組1着。決勝はこの3名の闘いでしょうか。

ただ予選の走りを観ると中田選手が一番、余裕がありそうだ。8月末の奈良で行なわれた近畿選手権の800mで優勝、それも2分08秒73の自己ベスト。自信がつくでしょうね。


女子1年800m決勝 9/18(土) 16:15

S000
渡辺恵美は4レーン、中田美保5レーン、横江里沙7レーン

S200
バックストレートで中田美保が出る。200mは31秒

S260
250m付近。中田美保-黒田みな -渡辺恵美が先頭集団

S350a
ホームストレート。渡辺恵美が2番手に上がる。


S400
400mは1分04秒

S550
残り300mを切る。中田美保が差を広げる。

S650
最終カーブ。

S700a
ゴールに向かって跳ぶ中田美保

We_2
追う渡辺恵美。

S800
トップでゴールした中田選手は21年ぶりの大会新記録。2位渡辺選手。3位には後半追い上げた横江選手が入った。

① 2:09.11 中田 美保 (県西宮1兵庫) 大会新
② 2:14.49 渡辺 恵美 (京都光華1京都)   
③ 2:15.50 横江 里沙 (須磨学園1兵庫)   
④ 2:17.34 黒田 みな (薫英女学院1大阪)   
⑤ 2:17.58 池内 彩乃 (立命館宇治1京都)   
⑥ 2:18.30 宗廣 千寿穂 (加古川西1兵庫)   
⑦ 2:18.85 菅野 七虹 (立命館宇治1京都)   
⑧ 2:21.53 田川 仁美 (平城1奈良) 

今までの大会記録は1989年に京都宇治高校の永井春名がマークした2分10秒8。

1w800f
中田選手がダントツの強さを発揮

1w800f2
中田選手、予選の15秒台は何%の力?

Nm
表彰式で笑顔の中田選手

中田美保選手の今季主要800mレース
5.30 IH兵庫大会 決勝 ④2.15.91
6.20 IH近畿大会 決勝 ⑥2.11.52
7.10 兵庫選手権 決勝 ①2.13.57
7.31 沖縄IH 予選 3組 ①2.12.51
7.31 沖縄IH 準決 2組 ⑥2.13.27
8.22 兵庫ユース 決勝 ①2.12.42
8.29 近畿選手権 決勝 ①2.08.73 自己ベスト
9.19 近畿ユース 決勝 ①2.09.11

中学3年のときに全日中800m予選で記録した2分10秒88が今までの自己ベスト。1年かかったが自己記録を更新すると共に10秒の壁も突破した。

次のレースは10月15日から17日の日本ジュニア・ユース選手権(愛知・瑞穂)。さらなる自己ベスト更新に挑戦!

Nm_800h_2 

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

日本インカレ女子5000m続報

レースの動画がYouTubeにアップされています。スプリットタイムの映像もありました。

1000m 吉本ひかり  3.08
2000m 吉本ひかり  6.16(3.08)
3000m 吉本ひかり  9.28(3.12)
4000m 西原 加純 12.40(3.12)
5000m 西原 加純 15.38.19(2.58.19)

3000mまでは吉本ひかりが集団の先頭で引っ張ります。この時点で集団は8名。吉本-竹中-西原-沼田-野村-鈴木-垣津-田中の各選手。この集団から少し離れて佛教大の森選手が追うという形勢です。

レースが激しく動いたのは残り4周の3400mを過ぎた第1コーナ。周回遅れの選手を8名の集団が追い越すその一瞬、西原選手がアウトコースに出ながらスパート。竹中選手も負けじと付く。そしてバックストレートへ。ちょうどあと1500m地点。ここから西原、竹中、鈴木の3選手による1500m走が始まる感じ。

そして3選手のデッドヒートは残り1周400m勝負へ。西原加純がギアチェンジ。アクセル全開。みるみる竹中、鈴木選手との差が広がる。

結局、ラスト1周を西原選手は1分06秒から07秒で走破し大会新記録での連覇を達成した。




レースが動いた3400m過ぎ。(上記YouTubeより)
W5000_01_3

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

日本インカレDay3 女子5000m 西原加純が大会新で連覇

日本インカレ最終日の女子5000m。勝ったのは佛教大4年の西原加純。大会新記録で昨年に続く2連覇。

2位は立命大3年の竹中理沙で3年連続メダル(3位、2位、2位)。3位には名大1年で世界ジュニア5位の鈴木亜由子が入った。

また、10000m優勝の田中華絵(立命大3)は4位、吉本ひかり(佛教大3)は7位だった。

女子5000m決勝 9/12(日)14:20
グランドコンディション:14:00 曇り 31.0℃ 65% 東 0.8m/s

① 15:38.19 西原 加純 (佛教大4・京都)
② 15:46.99 竹中 理沙 (立命大3・滋賀)
③ 15:49.22 鈴木亜由子 (名大1・愛知)
④ 15:54.18 田中 華絵 (立命大3・福岡)PB
⑤ 15:57.33 沼田 未知 (立命大3・京都)
⑥ 16:02.94 森 知奈美 (佛教大2・岐阜)
⑦ 16:05.26 吉本ひかり (佛教大3・熊本)
⑧ 16:10.85 垣津 奈美 (名大M2・岐阜)PB?
⑨ 16.12.74 野村 沙世 (名城大・岐阜)
⑩ 16.14.86 矢野麻利亜 (松山大・愛媛)
---------------------------------
25 17:37.54 伊澤菜々花 (順大1・愛知)

W5000
トップと2位は9秒差なので50m近く離してのゴール

西原選手は5月の関西インカレ16分44秒46から自己ベスト15分32秒89に近いレベルまで戻ってきた。これで立命大との駅伝対決がますます楽しくなる。

5000m出場3選手での佛教大vs立命大は
立命大 15.52.83
佛教大 15.55.46
で立命大の勝ち。

しかし立命大は田中、沼田の2選手が10000mとダブっているので、持ち駒の豊富さでは佛教大が勝る。

9/25(土)の関西学生女子駅伝。ライバル校対決9月の陣まであと13日。

| | コメント (1)

日本インカレDay3女子800m決勝 上田敏斗美が2冠!

東京・国立で行なわれている日本インカレは最終日。女子800m決勝は11:15開始。大会速報Web観戦。結果は?

女子800m決勝 9/12(日)11:15
グランドコンディション:11:00 晴れ 31.0℃ 65% 東北東 1.0m/s

① 2:07.22 上田敏斗美 (鹿屋体大4・香川)   
② 2:07.59 望月 晴佳 (順大2・神奈川) PB
③ 2:07.86 吉澤 彩夏 (日体大3・神奈川)   
④ 2:08.53 新宮 美歩 (東大阪大1・大阪)   
⑤ 2:10.13 野村友香里 (中大4・埼玉)   
⑥ 2:11.06 菊地 里江 (松山大1・和歌山)   
⑦ 2:12.02 真下まなみ (筑波大1・埼玉)   
⑧ 2:12.66 高橋  舞 (福島大4・山形) 

鹿屋体大4年の上田敏斗美(ウエタ サトミ)が2冠達成! 2位は自己新をマークした順大2年の望月晴佳、3位は日体大3年の吉澤彩夏だった。

資格記録トップ3の真下、野村、新宮3選手はメダルに届かず。

W800f2

8選手の予選から決勝までの記録

W800f1

W800f3_2 

レース展開は月刊陸上やYouTube(アップされたら)でみるとして、上田敏斗美選手はGGの予想通り1500優勝の勢いで800も痛快に駆け抜けた。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

日本インカレDay2 女子800m準決 上田敏斗美がトップ通過

国立で行なわれている日本インカレは2日目に入った。GGの注目は女子800m。今日は決勝はないが予選、準決の結果をみるだけでワクワクします。

女子800m予選 9/11(土)12:31
グランドコンディション:12:00 晴れ 33.0℃ 56% 南南東 1.1m/s

メダル候補の真下、野村、新宮の3選手は順当に予選通過

1500mを制した上田敏斗美も1組1着。勢いは続いています。

予選記録トップは日女体大4年の島田夏名子。自己ベストか。

学生個人選手権1位の横瀬彩也香(東大阪大1)は1500mに続いて予選敗退。体調が悪いのかなあ。

W800h

女子800m準決 9/11(土)18:30

1500mとの2冠を目指す上田敏斗美が2分06秒91の自己ベストで準決勝をトップ通過。

野村友香里は上田敏斗美に続く記録で決勝へ。

1時間前に4x400mリレー予選を走った新宮、真下の2選手は1組でヒートアップ。大接戦のすえ予選突破。

予選記録トップの島田夏名子は力尽きたか2組7着と沈んだ。

W800sf

W800sf2

女子800m決勝は明日9/12(日) 11:15開始だ。

はたして上田敏斗美の2冠は成るか?

今季2分04秒95をマークしている真下まなみが初Vに輝くか?

昨年のインカレ2位の野村友香里が阻むか?

それとも新宮美歩か?

GGは上田敏斗美選手が突っ走るのではないかと思う。誰が上田選手を止めることができるか?


2009日本インカレ女子800m決勝
① 2:07.55 木村 朝美 (平成国大・埼玉)   
② 2:08.16 野村友香里 (中大・埼玉)   
③ 2:09.48 望月 晴佳 (順大・神奈川)   
④ 2:09.49 上田敏斗美 (鹿屋体大・香川)   
⑤ 2:09.95 吉澤 彩夏 (日体大・神奈川)   
⑥ 2:13.29 島田夏名子 (日女体大・東京)   
⑦ 2:13.98 中井 佑美 (環太平洋大・岡山)   
⑧ 2:19.37 笹本  絢 (都留文大・静岡) 

| | コメント (0)

日本インカレDay1 女子10000mは田中華絵が初V

日本インカレ1日目の続き。

女子10000m決勝 9/10(金)17:5
グランドコンディション:18:00 晴れ 26.8℃ 67% 南南東 1.6m/s

立命大3年の田中華絵が初V。ネット検索をしても10000mの記録が出てこないので、今回が始めてのレースでしょうか。

Th
京都選手権5000mの田中華絵

① 33:17.52 田中 華絵 (立命大・福岡)   
② 33:22.08 矢野麻利亜 (松山大・愛媛)   
③ 33:22.36 竹地 志帆 (佛教大・兵庫)   
④ 33:22.40 沼田 未知 (立命大・京都)   
⑤ 33:28.23 岩川真知子 (立命大・宮城)   
⑥ 33:30.95 勝谷 夏美 (京産大・京都)   
⑦ 33:50.44 松浦 七実 (鹿屋体大・鳥取)   
⑧ 33:56.60 川嶋 利佳 (佛教大・京都)   

レース経過はわかりませんが下のゴールタイムグラフをみると上位6選手が集団をつくり、そこから4選手が抜け出て最後は田中華絵がスパートして勝った、のでは。

W10000

立命大vs佛教大
10000mでは立命大の勝ち。9/25(土)の関西学生女子駅伝での対決が楽しみですね。

立命大
① 33:17.52 田中 華絵(3年)
④ 33:22.40 沼田 未知(3年)
⑤ 33:28.23 岩川真知子(3年)
平均 33.22.72

佛教大
③ 33:22.36 竹地 志帆(2年)
⑧ 33:56.60 川嶋 利佳(3年)
⑨ 34:08.92 森  絵美(3年)
平均 33.49.29

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

日本インカレDay1 女子1500m 上田敏斗美が初優勝

東京・国立で行なわれている日本インカレ初日。学連Webサイトの結果速報で観戦。

女子1500m予選 9/10(金)13:14

1組が高速レースだった。V最有力の野村友香里は3着。1,2位は藪下明音と上田敏斗美。4分20秒を切る好タイムで予選を通過した。

石橋麻衣と伊藤紋も2組で1,2を占め順当に決勝へ進む。

伊澤菜々花は棄権。横瀬彩也香は3組9位で敗退。いっぽう資格記録リスト下位の選手では28位の望月晴佳が1組5着ながらタイムで決勝へ。

GG予想の4強+上田敏斗美が決勝で栄冠を競うことになりそうだ。

W1500h

女子1500m決勝 9/10(金)16:53
グランドコンディション:17:00 晴れ 27.0℃ 67% 南 1.7m/s

鹿屋体大4年の上田敏斗美が初V。西日本インカレ優勝でマークした自己記録4分24秒73を予選で5秒近く更新し、決勝でまたもや自己ベスト連発。今年の目標だった「1500mで全カレで優勝争い!」を見事に達成した。

2位は0.77秒差で立命大1年の藪下明音。3位には連覇を目指した佛教大3年の石橋麻衣が入った。

中大4年の野村友香里は20秒を切れず5位、立命大1年の伊藤紋も4位で惜しくもメダルには届かなかった。

① 4:18.07 上田敏斗美 (鹿屋体大・香川)   
② 4:18.84 藪下 明音 (立命大・兵庫)   
③ 4:20.86 石橋 麻衣 (佛教大・京都)   
④ 4:20.92 伊藤  紋 (立命大・京都)   
⑤ 4:22.05 野村友香里 (中大・埼玉)   
⑥ 4:22.94 中新井美波 (大阪学大・兵庫)   
⑦ 4:23.28 谷水 見圭 (名城大・愛媛)   
⑧ 4:23.31 新井 由貴 (中大・群馬)   
⑨ 4:23.54 望月 晴佳 (順大・神奈川)   
⑩ 4:27.55 田村 紀薫 (松山大・広島)   
⑪ 4:30.41 小西 莉穂 (関大・愛媛)   
⑫ 4:43.31 吉澤 彩夏 (日体大・神奈川) 

W1500f

上田敏斗美の1500mこの1年
2009/9月 4.30.30 2009日本インカレ⑩
2010/5月 4.27.12 九州インカレ①
2010/7月 4.24.73 西日本インカレ①
2010/9月 4.18.07 2010日本インカレ①
レースのたびに記録を伸ばす上田選手。

これで明日11日(土)の800mが俄然面白くなってきた。上田選手は800mにも出場。資格記録のランキングは9位。真下、野村、新宮の3強にどこまで迫るか。

女子800m資格記録ランキング
① 2:04.95 真下まなみ (筑波大1・埼玉)   
② 2:05.33 野村友香里 (中大4・埼玉)   
③ 2:07.16 新宮 美歩 (東大阪大1・大阪)   
④ 2:07.55 木村 朝美 (平成国大・埼玉)   
⑤ 2:07.69 横瀬彩也香 (東大阪大1・大阪)   
⑥ 2:07.78 吉澤 彩夏 (日体大3・神奈川)   
⑦ 2:08.32 菊地 里江 (松山大・和歌山)   
⑧ 2:08.68 長沢 清佳 (福島大4・山形)   
⑨ 2:08.87 上田敏斗美 (鹿屋体大・香川)   
⑩ 2:09.48 望月 晴佳 (順大・神奈川)   
11 2:09.55 谷田部 遼 (筑波大・茨城)   
12 2:09.64 中田 倭菜 (福島大・長野)   
13 2:09.69 馬渕  奏 (龍谷大・京都)   
14 2:10.18 渡辺 美保 (中大・東京)   
15 2:10.71 峰村いずみ (中大・長野)   
15 2:10.76 酒井 絵莉 (甲南大・兵庫)   
17 2:10.83 関根 聡美 (早大・埼玉)   
18 2:10.87 小西 莉穂 (関大・愛媛)   
19 2:10.89 笹本  絢 (都留文大・静岡)   
20 2:10.97 島田夏名子 (日女体大・東京)   
21 2:11.03 篠田  梓 (龍谷大・京都)   
22 2:11.05 中井 佑美 (環太平洋大・岡山)   
23 2:11.42 高橋  舞 (福島大・山形)   
24 2:11.79 沖田 磨依 (順大・福岡)   
25 2:12.34 財津 絵美 (順大・千葉)   
26 2:12.52 田島 香織 (東学大・群馬)   
27 2:12.64 山口 玲奈 (日女体大・福岡)   
28 2:12.85 只野 奏子 (北大・北海道)   
29 2:12.88 石澤ゆかり (茨城大・茨城)   
30 2:13.00 鷹取  睦 (大教大・大阪)   
31 2:13.05 清水 万貴 (京教大・京都)   
32 2:13.17 永合 弘乃 (武庫女大・愛媛)   
33 2:13.29 岩崎 春采 (日大・新潟)   
34 2:13.32 宇田川知佳 (立大・埼玉)   
35 2:13.51 成瀬  直 (愛教大・愛知)   
36 2:13.52 鷲見真実子 (園女大・兵庫)   
37 2:13.65 真柄美乃里 (中京大・愛知)   
38 2:13.68 道越 愛美 (横国大・神奈川)   
39 2:13.83 土岐芙美子 (慶大・岐阜)   
40 2:21.51 千田 慧子 (金沢大・富山)   
41 2:23.12 盛合 有紗 (岩手大・岩手)   
42 2:26.88 佐藤 詩織 (旭川医大・北海道) 

| | コメント (1)

2010年9月 8日 (水)

日本インカレ直前ランキング 女子1500m

日本インカレ資格記録によるランキングの続き。

女子1500m
① 4:18.02 石橋 麻衣 (佛教大・京都)   
② 4:19.09 野村友香里 (中大・埼玉)   
③ 4:20.05 田村 紀薫 (松山大・広島)   
④ 4:20.06 藪下 明音 (立命大・兵庫)   
⑤ 4:21.02 中新井美波 (大阪学大・兵庫)   
⑥ 4:21.42 伊藤  紋 (立命大・京都)   
⑦ 4:22.86 伊澤菜々花 (順大・愛知)   
⑧ 4:23.12 谷水 見圭 (名城大・愛媛)   
⑨ 4:24.39 前田 彩里 (佛教大・熊本)   
⑩ 4:24.73 上田敏斗美 (鹿屋体大・香川)   
11 4:25.07 横瀬彩也香 (東大阪大・大阪)   
12 4:25.63 新井 由貴 (中大・群馬)   
13 4:26.58 曽我部真実 (松山大・大分)   
14 4:27.08 中村真悠子 (京教大・静岡)   
15 4:27.11 小西 莉穂 (関大・愛媛)   
15 4:27.11 竹上 千咲 (佛教大・京都)   
17 4:27.20 土井友里永 (東学大・千葉)   
18 4:27.54 山本 ゆき (筑波大・愛知)   
19 4:27.68 高畑  綾 (名城大・広島)   
20 4:27.90 吉澤 彩夏 (日体大・神奈川)   
21 4:28.15 山岡 礼奈 (松山大・愛媛)   
22 4:28.31 佐藤 奈々 (京教大・京都)   
23 4:28.45 塩﨑侑莉子 (龍谷大・和歌山)   
24 4:29.59 藤井 千尋 (大体大・山口)   
25 4:29.80 峰村いずみ (中大・長野)   
26 4:29.87 柴田 千歳 (東学大・埼玉)   
27 4:29.95 柴田 彩香 (名城大・鹿児島)   
28 4:30.25 望月 晴佳 (順大・神奈川)   
29 4:30.55 櫻井 秀巳 (日体大・宮城)   
30 4:31.07 西薗祐貴子 (鹿屋体大・鹿児島)   
31 4:31.14 中村奈津美 (大東大・埼玉)   
32 4:31.31 吉川 侑美 (中京大・愛知)   
33 4:31.79 川鍋  彩 (筑波大・千葉)   
34 4:32.00 石山真紀子 (東北福大・山形)   
35 4:42.34 秋山  澪 (新潟大・新潟)   
36 4:50.78 吉田 江里 (北海学大・北海道) 


関東インカレ(5/15)
① 4:21.03 野村 友香里 (中大4・埼玉)   
② 4:22.86 伊澤 菜々花 (順大1・愛知)   
③ 4:27.20 土井 友里永 (東学大4・千葉)   
④ 4:27.54 山本 ゆき (筑波大4・愛知)   
⑤ 4:28.75 吉澤 彩夏 (日体大3・神奈川)   
⑥ 4:29.80 峰村 いずみ (中大2・長野)   
⑦ 4:30.85 渡辺 美保 (中大2・東京)   
⑧ 4:31.14 中村 奈津美 (大東大1・埼玉) 

関西インカレ(5/20)
① 4:22.24 藪下 明音  (立命館大1・兵庫)   
② 4:23.53 石橋 麻衣  (佛教大3・京都)   
③ 4:24.26 中新井 美波 (大阪学院大1・兵庫)   
④ 4:25.07 横瀬 彩也香 (東大阪大1・大阪)   
⑤ 4:27.11 竹上 千咲  (佛教大1・京都)   
⑧ 4:36.92 佐藤 奈々  (京都教育大3・京都) 

日本選手権(6/5)
③ 4:20.98 野村 友香里  (中央大・埼玉)   
④ 4:21.97 籔下 明音  (立命館大・兵庫)   
⑪ 4:25.66 伊藤 紋  (立命館大・京都) 

日本学生個人選手権(6/18)
① 4:23.52 野村友香里 (中大・埼玉)   
② 4:24.74 中新井美波 (大阪学大・兵庫)   
③ 4:28.99 新井 由貴 (中大・群馬)   
⑥ 4:31.86 山岡 礼奈 (松山大・愛媛)   
⑦ 4:31.96 峰村いずみ (中大・長野)   

西日本インカレ(7/3)
①4.24.73 上田敏斗美 (鹿屋体大)
②4.26.44 谷水 見圭 (名城大)
④4.26.64 横瀬彩也香 (東大阪大)
⑤4.27.97 小西 莉穂 (関大)
⑥4.30.73 山岡 礼奈 (松山大)
⑧4.33.59 西薗祐貴子 (鹿屋体大)

京都選手権(7/10)
①4.21.58 伊藤 紋(立命館大1)
②4.22.47 石橋 麻衣(佛教大3)
④4.27.74 竹上 千咲(佛教大1)
⑤4.28.31 佐藤 奈々(京都教育大3)

2010日本トップ10(月刊陸上9月号)
⑥4.19.72 藪下 明音 (立命大)
⑧4.20.57 野村友香里 (中大)
⑨4.20.85 伊藤  紋 (立命大)
⑩4.21.02 中新井美波 (大阪学大)

2009 日本インカレ
① 4:18.02 石橋 麻衣 (佛教大・京都)   
③ 4:19.09 野村友香里 (中大・埼玉)   
④ 4:20.05 田村 紀薫 (松山大・広島)   
⑩ 4:30.30 上田敏斗美 (鹿屋体大・香川) 

対学生では今季負け無しの野村友香里が初の栄冠か
石橋麻衣の連覇なるか
あるいは立命の藪下明音、伊藤紋が頂点に立つか

女子1500m予選、決勝は9月10日(金)。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

日本インカレ 女子5000mの勝者は?

今週末9月10日(金)から東京国立で学生チャンピオンを競う日本インカレが開催される。テレビ放送は無いので主催者HPで記録結果観戦となる。

スタートリストから女子中長距離を展望。まずは女子5000m。資格記録をランキングにすると、

資格タイムによる女子5000mランキング
① 15:26.72 吉本ひかり (佛教大3・熊本)   
② 15:32.89 西原 加純 (佛教大4・京都)   
③ 15:41.00 沼田 未知 (立命大3・京都)   
④ 15:41.60 竹中 理沙 (立命大3・滋賀)   
⑤ 15:45.46 田村 紀薫 (松山大2・広島)   
⑥ 15:47.36 鈴木亜由子 (名大1・愛知)   
⑦ 15:50.06 伊澤菜々花 (順大1・愛知)   
⑧ 15:52.75 森 知奈美 (佛教大2・岐阜)   
⑨ 15:55.98 矢野麻利亜 (松山大3・愛媛)   
⑩ 15:59.69 須谷 綾香 (名城大3・島根)   
11 16:01.48 三木 陽子 (大阪学大1・兵庫)   
12 16:01.49 池田絵里香 (名城大・熊本)   
13 16:03.07 新井 由貴 (中大・群馬)   
14 16:03.54 井上  藍 (城西大・静岡)   
15 16:05.58 阿部有香里 (城西国大・宮城)   
16 16:09.60 山田 美紀 (城西大・富山)   
17 16:12.97 田中 華絵 (立命大3・福岡)   
18 16:16.79 野村 沙世 (名城大・岐阜)   
19 16:21.53 眞尾美乃里 (京産大・兵庫)   
20 16:22.72 後藤 百絵 (城西大・静岡)   
21 16:22.95 垣津 奈美 (名大・岐阜)   
22 16:24.33 清水 美穂 (白鴎大・北海道)   
23 16:28.08 天児 芽実 (早大・新潟)   
24 16:29.83 黒澤 夏楠 (茨城大・茨城)   
25 16:31.03 C・ワンジル(立命APU・大分)   
26 16:31.81 土井友里永 (東学大・千葉)   
27 16:32.13 須黒なつ美 (日体大・埼玉)   
28 16:32.52 高力 香織 (鹿屋体大・鳥取)   
29 16:33.33 北村 沙織 (順大・埼玉)   
30 16:33.36 白滝 成美 (日大・山梨)   
31 16:33.45 山下亜津沙 (中京大・三重)   
32 16:57.38 石山真紀子 (東北福大・山形)   
33 17:50.26 秋山  澪 (新潟大・新潟)   
34 18:01.07 亀田 咲絵 (福島大・兵庫) 

主催者HPのスタートリストには学年の表示がないのでトップ10と佛教大、立命大は個別に調べた。資格記録は大会要項によると平成21年1月以降の最高タイムとなっているので今季ベストで無いものもある。

みどころはやはり佛教大vs立命大のライバル校の闘い。各3選手がエントリーしているが勝つのはどちらか?

関西インカレ 5/21 京都・西京極
①15.44.57 吉本ひかり(佛教大)
②16.07.65 竹中 理沙(立命大)
③16.15.69 森 知奈美(佛教大)
④16.37.94 沼田 未知(立命大)
⑤16.39.47 三木 陽子(大阪学大)
⑥16.44.46 西原 加純(佛教大)


また、世界ジュニア5000m代表の鈴木、伊澤両選手も入賞した勢いでトップ争いに参戦してくるだろう。

7月の世界ジュニア(カナダ)
⑤15.47.36 鈴木亜由子(名大)
⑧15.59.29 伊澤菜々花(順大)


6月の日本学生個人選手権者の三木陽子も負けてはいない。

日本学生個人選手権 6/19 神奈川・平塚
①16.23.99 三木 陽子(大阪学大)
②16.24.32 矢野麻利亜 (松山大)
③16.33.84 新井 由貴 (中大)


今季ベストは?

2010 日本トップ10 (月刊陸上9月号)
②15.26.74 吉本ひかり(佛教大)4.18
⑩15.42.96 竹中 理沙(立命大)6.14

やはり吉本ひかりvs竹中理沙か。

留学生のワンジル選手を忘れていないか。留学生は走るたびに速くなる。

日本インカレ女子5000mは9月12日(日)14:20開始。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

全日中女子1500m YouTube観戦

現地に観戦に行かずとも、また、テレビ放送を見逃してもインターネットで競技が観れる時代。いい時代です。

YouTubeに鳥取で行なわれていた全日本中学選手権女子1500m決勝の動画がアップされています。

よく撮れている。中学女子のレースだが激闘につぐ激闘。臨場感満点のビデオだ。

結果は下記の通り。

女子1500m決勝 8/23(月) 15:00
① 4:25.49 中川 文華 (朝霞三2埼玉) 4:29.92   
② 4:25.52 小林 由佳 (中村2栃木) 4:28.73   
③ 4:26.16 本母 有紀 (安室3兵庫) 4:31.02   
④ 4:26.77 青木 和 (多治見2岐阜) 4:37.77   
⑤ 4:26.91 髙橋 結衣 (西那須野3栃木) 4:31.78   
⑥ 4:27.36 中島 葵 (菊川西3静岡) 4:32.25   
⑦ 4:27.91 福田 有以 (稲美北3兵庫) 4:23.93   
⑧ 4:28.77 下花 史佳 (坂3広島) 4:31.29   
⑨ 4:29.18 由水 沙季 (北辰3石川) 4:32.03   
⑩ 4:29.42 髙松 望ムセンビ (薫英女学院1大阪) 4:29.11   
⑪ 4:30.38 松本 菜穂 (横浜緑が丘2神奈川) 4:32.97   
⑫ 4:31.42 久保 彩乃 (清水第一3静岡) 4:32.60   
⑬ 4:32.01 今村 咲織 (上菅田3神奈川) 4:35.77   
⑭ 4:32.61 関根 花観 (町田金井3東京) 4:35.17   
⑮ 4:42.83 一 紋野女 (武蔵ヶ丘2熊本) 4:38.44 

末尾のタイムは月刊陸上9月号の中学トップ10および各県の通信陸上、総体の記録ページより最も好いものを記載。

優勝したのは今季ランキングリスト4位の中川文華。2位はリストも2位の小林由佳、3位はリスト6位の本母有紀だった。4分23秒93の記録トップの福田有以は7位に沈んだ。

レース展開
400mは1分06秒。由水沙季(北辰3石川)と髙橋結衣(西那須野3栃木)が集団の先頭。
800mは2分21秒(この1周は1分15秒)。由水沙季が先頭で変わらず。集団は13名。
ここから福田有以(稲美北3兵庫)がトップに上がる。1000mは2分58秒。
そしてあと1周の鐘に向かって集団内の闘争が激しくなる。
ラスト1周で飛び出したのは髙橋結衣。続いて中川文華(朝霞三2埼玉)、小林由佳(中村2栃木)、本母有紀(安室3兵庫)。福田有以は飲み込まれるように集団の中に後退する。
1200mは3分34秒。髙橋結衣トップ。肉薄する中川、小林、本母の3選手。ラスト300m勝負だ。
あと200m。第3コーナ入口で集団は7名に。髙橋、本母、小林、中川、福田、青木和(多治見2岐阜)、中島葵(菊川西3静岡)。この7名が最終カーブに突っ込んでいく。
第4コーナのカーブを出た。髙橋、本母、中川の3選手が並ぶ。小林選手はすぐ後ろ。
最後の直線。出たのは一回り体の大きい中川選手。追う小林、本母選手。髙橋選手はきついか。
ゴール前。中川、小林両選手のデッドヒート。制したのは中川選手。

終始、集団の3から4番手でややアウトコースを走り、力を温存した中川文華が最後の100mで勝負に出て勝った。見ごたえのあるレースでした。


予選結果 8/22(日)15:25

W1500h

自己ベストを最も伸ばした選手は4位の青木選手では。11秒短縮。

ライバル達の熱い闘いは今後も続きます。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

近畿マスターズ 800m

8/29(日)大阪長居第2で行なわれた第26回近畿マスターズ陸上の800m結果。

府県名の後ろの( )は年齢。次のタイムは年齢係数で標準化したもの。年齢を越えて記録の比較ができる。世界マスターズ陸上競技協会(WMA)が公開(2006年度版)。全盛期ならこれぐらいの記録に相当しますよ、というもの。練習の励みです。

この年齢係数は男性なら22~34歳までが1に設定されている。この時期が全盛期か。

800m 1組 M35
①2.08.57 30-0907 M35和歌山(37)2.05.81
②2.10.07 26-0548 M35京都 (37)2.07.27
③2.24.32 28-1169 M35兵庫 (35)2.23.90

M800_01a

M800_01b

M800_01c

M800_01d


800m 2組 M40
①2.11.36 26-0531 M40京都 (42)2.02.62
②2.12.34 28-0778 M40兵庫 (41)2.04.66
③2.17.45 27-1137 M40大阪 (40)2.10.65
④2.19.42 28-1179 M40兵庫 (41)2.11.33
⑤2.23.25 28-1116 M40兵庫 (42)2.13.72
⑥2.29.41 28-1186 M40兵庫 (44)2.16.95
⑦2.58.91 28-1138 M40兵庫 (44)2.43.99

M800_02a

M800_02b

M800_02c

M800_02d


800m 3組 M45
①2.13.17 25-0670 M45滋賀 (45)2.00.78
②2.18.96 26-0549 M45京都 (45)2.06.19
③2.22.61 28-0575 M45兵庫 (46)2.08.39
④2.31.43 27-1317 M45大阪 (49)2.12.82
⑤2.45.57 26-0610 M45京都 (48)2.26.50

M800_03a

M800_03b

M800_03c


800m 4組 M50
①2.33.07 27-1191 M50大阪 (52)2.10.87
②2.38.84 28-1189 M50兵庫 (54)2.13.54
③2.39.07 28-0645 M50兵庫 (53)2.14.88
④2.42.83 28-0734 M50兵庫 (53)2.18.06


800m 5組 M55、M60、M65
①2.29.41 27-0716 M55大阪 (55)2.04.55
②2.35.18 27-0587 M55大阪 (58)2.06.30
③2.38.12 GG    M60京都 (61)2.05.66
④2.42.68 27-0833 M65大阪 (65)2.05.34
⑤2.57.94 28-0394 M65兵庫 (67)2.14.22
⑥3.04.91 27-1274 M55大阪 (59)2.29.30
⑦3.05.20 29-0295 M65奈良 (65)2.22.70


800m 6組 M70以上
①2.52.40 26-0216 M70京都 (70)2.05.85
②3.15.93 30-0223 M75和歌山(76)2.10.18
③3.16.60 30-0457 M80和歌山(80)2.01.95
④3.34.56 27-1166 M75大阪 (75)2.24.91
⑤4.03.41 27-0437 M85大阪 (87)2.00.24


800m 7組 W全クラス
①2.34.03 25-0534 W40滋賀 (41)2.28.45
②2.52.62 28-1099 W45兵庫 (48)2.36.60
③3.35.28 27-0886 W70大阪 (74)2.03.85 ・・・全盛期なら日本のトップ

W800a

W800b

W800c_2

W800d

■■■■■

標準化した全盛期の記録での順位(男子)

① 2.00.24   27-0437 M85大阪 (87) 4.03.41   
② 2.00.78   25-0670 M45滋賀 (45) 2.13.17   
③ 2.01.95   30-0457 M80和歌山(80) 3.16.60   
④ 2.02.62   26-0531 M40京都 (42) 2.11.36   
⑤ 2.04.55   27-0716 M55大阪 (55) 2.29.41   
⑥ 2.04.66   28-0778 M40兵庫 (41) 2.12.34   
⑦ 2.05.34   27-0833 M65大阪 (65) 2.42.68   
⑧ 2.05.66   GG    M60京都 (61) 2.38.12   
⑨ 2.05.81   30-0907 M35和歌山(37) 2.08.57   
⑩ 2.05.85   26-0216 M70京都 (70) 2.52.40   
----------------------------------------
⑪ 2.06.19   26-0549 M45京都 (45) 2.18.96   
⑫ 2.06.30   27-0587 M55大阪 (58) 2.35.18   
⑬ 2.07.27   26-0548 M35京都 (37) 2.10.07   
⑭ 2.08.39   28-0575 M45兵庫 (46) 2.22.61   
⑮ 2.10.18   30-0223 M75和歌山(76) 3.15.93   
⑯ 2.10.65   27-1137 M40大阪 (40) 2.17.45   
⑰ 2.10.87   27-1191 M50大阪 (52) 2.33.07   
⑱ 2.11.33   28-1179 M40兵庫 (41) 2.19.42   
⑲ 2.12.82   27-1317 M45大阪 (49) 2.31.43   
⑳ 2.13.54   28-1189 M50兵庫 (54) 2.38.84 


GGは第8位となりました。こういうことができるのもマスターズの楽しいところ。


.

| | コメント (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »