« 高校駅伝・女子 近畿6校の結果 | トップページ | 全国女子駅伝 京都V奪還 高校生3選手揃って区間賞 »

2011年1月15日 (土)

全国女子駅伝、明日スタート

この冬最高の寒さとなる明日16日(日)、第29回全国都道府県対抗女子駅伝がスタートする。今日最終オーダが発表されたのでGG注目の選手をアップ。

まずV奪還の京都。1区に昨年アンカーで6位から3位に京都を押し上げた小島一恵(豊田自動織機)が入った。2区は佛教大3年の石橋麻衣。昨年は補欠に回ったが今年はスピードを生かす2区で出走だ。ダイハツのエース木﨑良子は4区。去年は大阪から出場して同区間の区間賞獲得。4区終了で3位内は固い。5区から7区は全国高校駅伝で6位入賞の立命館宇治の3選手が登場。そのため綾部高の久馬悠、萌姉妹は控えに回った。この3区間でどれだけ粘れるか。アンカーには日本一の福士加代子が待っている。1分以内で繋げられるか。ただし1分差は気温が凍りつくような寒さだと福士選手でも厳しいかも知れない。

連覇の岡山は1区にエースの中村友梨香を持ってきた。全日本実業団駅伝では3区10kmで区間6位の32分08秒と確実に調子を上げている。都大路でもトップ集団で来るだろう。2区も天満屋の浦田佳小里。昨年も2区で区間賞、全日本実業団駅伝もアンカーで区間賞と駅伝はめっぽう強い。中村選手が少々遅れても浦田選手でトップに立つか。5区から7区は興譲館の高校№1最強トリオ。岡未友紀、菅華都紀、 赤松眞弘と走る順番は異なるが昨年と同じ布陣だ。そしてアンカーは全日本実業団駅伝5区最長区間で天満屋の初Vを決めた重友梨佐。京都に何秒差をつけて重友選手に襷が渡るか。

7年ぶりのVを狙う兵庫。1区は全日本大学駅伝5区区間新の籔下明音(立命大1)。2区は全国高校駅伝2区区間賞の横江里沙(須磨学園)。3区中学生区間は全日中1500m3位の本母有紀(安室中)と京都、岡山にひけはとらない。4区に1500m日本記録保持者の小林祐梨子(豊田自動織機)を配し、5区から7区は興譲館に肉薄する高校生ランナーが続く。そのなかで翁田あかり(西脇工高)は異色。どんな走りをみせてくれるか。そしてアンカー脇田茜(豊田自動織機)がどこまで京都、岡山にくらいつくか。


残念なが3強の京都、岡山、兵庫で夜も更けてしまった。記事もここまで。

明日はGGも大阪実業団駅伝に出場だ。参加663チーム。チーム数では日本最大の駅伝か。1部から7部までクラス分け。GGはコマツAチームで1部の4区に出走。左足底が痛みますが距離は3.3kmと短いので何とかなるか。まあ実業団といっても趣味の陸上ですので楽しく走るだけ。しかし、冷えてますね。

明日は寒さとの戦いですよ、これは。

|

« 高校駅伝・女子 近畿6校の結果 | トップページ | 全国女子駅伝 京都V奪還 高校生3選手揃って区間賞 »

駅伝(都道府県対抗)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高校駅伝・女子 近畿6校の結果 | トップページ | 全国女子駅伝 京都V奪還 高校生3選手揃って区間賞 »