« 全国高校駅伝・女子 初出場校が熱走 伊奈学園(埼玉) | トップページ | 全国女子駅伝 スーパー横綱、京都 »

2011年1月 4日 (火)

箱根駅伝 早大が大会新で3冠達成

今日で長いお休みも終わり。熱のない咳だけの風邪も治りかけ。鴨川河川敷を久しぶりに走る。今週の日曜は5キロレースなので多少でも練習しておかねば。

3日の箱根駅伝は早稲田が大会新で優勝。出雲、全日本と合わせ学生駅伝3冠を達成した。東洋の柏原竜二が5区の山登りで逆転しトップに立つが2位早稲田との差は27秒。両雄の勝敗を分けたのは6区。跳ぶように駆け下りる箱根の山くだり。抜きつ抜かれつの死闘は終盤の平地で勝負がついた。勢いのついた早稲田は7区でさらに差を拡大。8区からアンカーの3区間を連続区間1位で東洋がひたひたと追い上げるも届かず。早稲田の背中は遠かった。

レース展開をトップとの時間差グラフでみてみよう。

1区の早稲田の飛び出しが勝敗を分けた。ここでの2分の差はあまりにも大きかった。

早稲田、東洋、駒沢の3校が他の大学を圧倒した。3強は復路にも有力選手を配置する布陣ができていたが他校は復路に入ると後退していくばかり。


Hk2011st

過去5年のTOP10も更新

5yhk2011

GGの趣味のランキングも更新。今大会の上位3校、早稲田、東洋、駒沢が横綱クラス昇進となりました。中央、日体大が滑り込みの大関。そして関脇陣が6校に増加。明治が昇進。山梨学院と日大は大関から陥落です。
Bdhk2011

今回の箱根テレビ観戦で一番力が入ったのはシード権争いの4校のデッドヒート。8位から11位までの4校で残るシード権は3つ。ゴール前の4校の渾身のスパート合戦は感動でもあった。

ただ、ゴール手前のコース外れには一瞬、何が起こったのかと思った。観ている方がパニックになりそう。GGも駅伝でコース間違いの大失敗をしたことがある。コースは事前にチェックして分かっているはずだが、分岐点でたまたま役員が立っていなくて、何を思ったか曲がるところを直進。そのため、できていた優勝が泡と消えてしまった。

レースで走っている時、それも先頭で走っている時は頭の中は真っ白。國學院の寺田選手も4人の先頭であったため、ゴール直前にもかまわずテレビ中継車につられて付いて行ったようだ。中継車があまりにも選手を引き付け過ぎだし、コース監視役員さんも不注意。もっとランナーの心理を分かってあげてください。

|

« 全国高校駅伝・女子 初出場校が熱走 伊奈学園(埼玉) | トップページ | 全国女子駅伝 スーパー横綱、京都 »

駅伝」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます!
初めまして、GGさん!

今年は、TV観戦tvでした。優勝争いも最後まで熾烈やったし、シード権争いもどうなるかゴールまで分からなかったですしね。
早稲田大は、総合力で優勝したよね。往路を27秒差で終えたのもよかったですね○|_| ̄ =3 ズコー
國學院大・寺田君もシード権を獲得できて助かりました。あれで11位だったら大会係員の誘導方法も問われて問題視されていたことだろうし\(*`∧´)/

「今年は、TV観戦」と書いたのは、実は昨年は観戦に行っていたんだよ。小田原中継所で柏原君のUPしている姿を人垣の中から垣間見ることができましたし。来年は、彼が4年生で「Last Year」になるので再観戦に行く可能性はありますね。毎年、何かしらドラマは起きるでしょうからsports

初めて、お邪魔しますが、今年からヨロシクですsign02

投稿: 松下 左京 | 2011年1月11日 (火) 02時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国高校駅伝・女子 初出場校が熱走 伊奈学園(埼玉) | トップページ | 全国女子駅伝 スーパー横綱、京都 »