« 全国女子駅伝、明日スタート | トップページ | 手袋なしの立命館宇治3選手(全国女子駅伝) »

2011年1月16日 (日)

全国女子駅伝 京都V奪還 高校生3選手揃って区間賞

朝起きたら雪。降ってはいないが薄化粧だった。七条通りを駅に向かう。

Yuki

GGの大阪実業団駅伝は4区3.3kmを12分44秒。昨年は12分ちょうどだったので44秒もダウン。左足かかとの痛みもひどくなった。走り終わった後は歩くのがやっとの状態。これは当分休養です。

GGの駅伝の模様は別の日に記事にするとして、全国女子駅伝はどうなった。

大阪から帰宅しテレビ観戦。沿道まで行こうと思っていたが歩くだけでも左足が痛いので取りやめ。

レースは3区に入っていた。あれ?京都が先頭集団にいない。

4区への中継で京都は16位まで落ちていた。V奪還に赤信号か。ただ、トップとの差が43秒なのでまだ大丈夫。そのトップは予想外の栃木で2位は福岡。3強の兵庫が3位、岡山は11位という順位だ。

4区に入って兵庫の小林祐梨子が区間新記録でトップ奪取。京都の木﨑良子も区間2位の10人抜きで追撃。岡山も京都に次ぐ7位に浮上した。京都とトップとの差は43秒のまま変わらず。

5区からは高校生たちの激闘だ。京都は立命館宇治高トリオ。兵庫は須磨学園と西脇工、岡山は興譲館トリオだ。この5区で兵庫の池田睦美が快調に飛ばし福岡との差をひろげると、京都も牧恵里奈が3位まで順位を押し上げる。トップとは43秒で変わらず。一方の岡山は思ったより伸びず7位のまま6区へ。

6区で京都が大躍進。なんと1年生の菅野七虹が区間新のミラクル走。ついにトップに出た京都。そして岡山の菅華都紀も区間新で3位に迫る。京都-兵庫-岡山。3強が25秒の間に入り7区の高校生決戦最後の舞台へ。

この7区で京都の勝利が決まった。立命館宇治1年の池内彩乃が兵庫の小林美香と岡山の赤松眞弘に後塵を浴びせる大金星。兵庫と27秒、岡山には41秒の差をつけた。

8区中学生区間で差は詰められたが9区に日本一ランナー福士加代子を配す京都のV奪還が確定。福士選手は笑顔で走って区間1位。

雪のちらつく都大路。京都は高校生3人娘が揃って区間賞の快走。寒さとの戦いにも勝った。地元の利も生かしただろう。2年前の大河ドラマではないが天地人による女王奪還だった。

Zze_tsg

Kyoto2011

Mekn
菅野七虹(左)と牧恵里奈(右) 京都ジュニアより

Ia
池内彩乃 近畿ユースより

|

« 全国女子駅伝、明日スタート | トップページ | 手袋なしの立命館宇治3選手(全国女子駅伝) »

駅伝(都道府県対抗)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国女子駅伝、明日スタート | トップページ | 手袋なしの立命館宇治3選手(全国女子駅伝) »