« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月28日 (月)

高校女子中長距離歴代30傑入り

月間陸上4月号に2010年記録年鑑が付録で付いている。今日はこの中から高校女子中長距離の歴代30傑について。

まず3000m。2010年に歴代30傑入りした記録は下記の二つ。

⑫ 9:06.63 木村友香(筑紫女学院1福岡) 9/19 福岡県高校新人
⑮ 9:08.07 渋谷璃沙(花輪3秋田) 10/5 千葉国体


木村選手の今年1月の全国女子駅伝で2区歴代2位の快走。また世界クロカン13位という高校1年生だ。

渋谷選手は佛教大に進学とのことなので京都で観戦できるかも。


続いて1500m。2010年に歴代30傑入りした記録は下記の三つ。

③ 4:16.90 横江里沙(須磨学園1兵庫) 10/2 千葉国体
⑥ 4:17.93 木村友香(筑紫女学院1福岡) 10/2 千葉国体
⑲ 4:19.80 赤松眞弘(興譲館3岡山) 7/30 沖縄IH


横江選手と木村選手は良きライバルでしょうか。赤松選手は筑波大進学。


800mは。2010年に歴代30傑入りした記録は下記の二つ。

⑲ 2:07.28 中田美保(県西宮1兵庫) 10/16 日本ユース
24 2:07.46 鈴木翔子(白梅学園2東京) 10/2 千葉国体



インターハイ種目ではないが5000mは下記4記録となっています。

⑪ 15:44.02 木村友香(筑紫女学院1福岡) 10/16 静岡記録会
⑲ 15:45.87 岡 未友紀(興譲館2岡山) 10/9 ナイタートライアルin丸亀
21 15:46.66 小﨑裕里子(成田2千葉) 12/5 日体大長距離競技会
23 15:47.87 久馬 悠(綾部2京都) 12/4 京都陸協記録会

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

久々の更新

久々の日記更新です。

GGの生活はほとんど変化なしですが東日本の太平洋岸は変わり果てました。3月11日に発生した未曾有の大地震、大津波、原発危機。亡くなられた方や行方不明の方、合わせると2万人以上、それに避難されている方も膨大な人数のようです。まさに大惨事、国難です。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

とくに岩手県釜石市には全国勤労者駅伝という大会で5回ほど行ったことがありますので、惨状を見るたびに心が痛みます。

はやく復興されることを望むばかりです。

そのためには当然、日本人すべてが何らかの分担をしていかなければならないでしょう。


■ ■ ■ ■ ■ ■

普通の生活を送れる幸せを感じつつ、またブログ記事をボツボツと書いていきます。

■ ■ ■ ■ ■ ■

女子マラソンでは世界陸上最終選考会の名古屋が中止となった。代替の長野マラソンも中止が決まり、選考は海外レースに持ち越された。

4月10日の韓国大邱、4月17日のロンドン、そして4月18日のボストンの3レースが指定となった模様で天満屋の中村友梨香ら主要選手はロンドンに出場する。どれぐらいのタイムで入るか注目です。


大会結果ではうれしいニュースがあった。世界クロカンのジュニア女子で団体が銅メダル獲得。千葉と福岡で優勝した菅華都紀(興譲館高2年)が12位。千葉3位、福岡2位の木村友香(筑紫女学園高1年)が13位と世界の強豪を相手に活躍。今年の高校女子長距離界はこの2選手が中心となりそうです。


GGのレースは2月、3月と無し。左足踵の不調で練習もこなせず走力がた落ち。4月復活なるか。

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

びわ湖マラソン 堀端宏行(旭化成)当確

今日はびわ湖マラソン。コース沿道になる石山寺にクルマで行った。天候は曇り、気温は10度程度、風は無い。コンディションは最高か。いい記録が出るな、と思った。

Biwa_000

石山寺付近は往路は12km、復路は30km地点となる。12時30分に皇子山陸上競技場をスタート。1キロ3分としてここ石山寺通過は1時6分。ほぼ時間通り先頭集団が来た。

Biwa_001

往路だけ観て自宅に帰りテレビでビデオ観戦。

①2:06:13 キプサング(ケニア)
②2:09:13 メルガ(エチオピア)
③2:09:25 堀端宏行(旭化成)
④2:09:31 中本健太郎(安川電機)
⑤2:09:48 カンゴゴ(ケニア)
⑥2:10:41 今井正人(トヨタ自動車九州)
⑦2:10:45 吉井 賢(SUMCO)
⑧2:11:17 糟谷 悟(トヨタ紡績)

日本選手トップは堀端宏行だった。№115、集団でもひと目でわかる大柄の選手。自己ベストは2時間11分47秒。だがテレビではなぜがノーマーク。それは3年前の初マラソンから後の成績が振るわなかったからか。

堀端宏行のマラソン成績
2008年2月 東京マラソン 9位 2:11:47
2009年3月 東京マラソン 22位 2:18:27
2010年8月 北海道マラソン 20位 2:26:55

途中、スペシャルドリンクを取りそこなったり、足が絡まり転倒しかけたり、とダメージを受けながらも2時間9分29秒の選考基準の壁を打ち破った。

やはり先の東京マラソン川内選手の走りが刺激となったようだ。これで世界陸上代表確定は3名。残り2名はタイムと順位で選考という。

2:09:03 尾田 賢典(トヨタ自動車) 東京④位
2:09:31 中本健太郎(安川電機) びわ湖④位
2:10:29 前田 和浩(九電工) 別大③位
2:10:54 松宮 隆行(コニカミノルタ) 福岡③位

サブテンを記録した尾田、中本の2選手が順当でしょうか。

| | コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

東京マラソン 市民ランナー川内選手が世界へ

2月27日行われた東京マラソンは市民ランナー川内優輝が日本選手トップの3位。タイムも2時間8分37秒と世界陸上選考基準(2:9:29)を突破し代表選手に内定した。

市民ランナーと言っても今までの自己ベストが2時間12分36秒だから全くレベルが違う。実業団でも十分に通用する実力の持ち主だ。事実、実業団チームから勧誘もあったそうだが自分流を貫いた。

定時制高校職員、23歳。マラソンのラストは”死んでもいい”と思って走るという。強すぎる市民ランナーの世界陸上マラソン挑戦。陸上ファンの楽しみがまた一つ増えました。


Tokyo_01

40kmからゴールの42.195km間は5kmに換算して表示。川内選手はこの間を一番速く走っている。また川内選手は30kmからペースを落としてるが35km以降よく粘って持ちこたえた。

Tokyo_02

上のグラフは日本選手上位3名の5kmごとのそのポイントでの通算時間からゴールの予想タイムを表したもの。30kmまでは2時間6分台ペース。ここを過ぎるとペースは落ちていく。この落差をいかに少なくできるかが勝負の分かれ目。幸田高明(旭化成)は35km以降もずるずると後退しサブテン入りはならず。(ただし、2:11:08は自己ベスト)。

トヨタ自動車の尾田賢典は31歳ながら初マラソン。ニューイヤー駅伝で最長区間の4区を走りトヨタ初優勝に貢献。この日はマラソンでは経験が上の川内選手に40km手前で抜かれたが2時間9分03秒という初マラソン歴代3位の記録で走りきった。


世界陸上代表は?

代表枠5名のうち、すでに1名は確定澄み。アジア大会マラソン銀メダルの北岡幸治(NTN)。そして今回の東京で川内選手も確定なので残るは3名。

2010年11月 中国・広州アジア大会マラソン
②2:12:46 北岡 幸治(NTN) 
⑦2:18:24 佐藤 智之(旭化成)

2010年12月 福岡国際マラソン
③2:10:54 松宮 隆行(コニカミノルタ)
④2:12:44 高田 千春(JR東日本)
⑤2:13:23 今井 正人(トヨタ自動車九州)

2011年1月 別府大分毎日マラソン
③2:10:29 前田 和浩(九電工)
⑤2:12:26 藤田 敦史(富士通)
⑥2:12:34 森脇 佑紀(JFEスチール)

2011年2月 東京マラソン
③2:08:37 川内 優輝(埼玉陸協)
④2:09:03 尾田 賢典(トヨタ自動車)
⑦2:11:08 幸田 高明(旭化成)

ここまでの4大会では、記録順に
尾田、前田、松宮の3選手となるところだが選考会はまだ一つ残っている。

明日3月6日(日)のびわ湖毎日マラソン。

その国内招待選手は
米田 尚人(コニカミノルタ) 2:11:00
林 昌史(ヤクルト) 2:1:17
高橋 謙介(トヨタ自動車) 2:11:25
中本 健太郎(安川電機) 2:1142
吉井 賢(SUMCO) 2:12:24
という顔ぶれ。

日本選手トップでサブテンなら代表確定でしょう。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »