« 織田記念陸上 女子5000m | トップページ | カージナル招待 »

2011年5月 2日 (月)

織田記念陸上 ジュニア女子3000m

GW4日目。今日は鴨川河川敷の芝生帯を走る。クロカン並みのコースです。走った後はいつものようにビールを飲んで昼寝。午後は孫たちと広い芝生のある公園へ遊びに行った。

本日の記事は織田記念陸上の女子ジュニア3000m結果。連日、女子ばかり取り上げているが男子選手に興味がないわけではない。多分、女子の記録の方が自分の出せていたものに近いから。その速さも想像できるし。

レースの結果、2010年度ベストは主催者サイトからの転用。見やすい表とグラフに変換しています。

興譲館の菅華都紀選手は相変わらず強いですね。立命館宇治の菅野七虹選手もベストを更新し10秒台に入った。

次に9分30秒突破が岡未友紀選手(興譲館)と前川祐紀選手(鳥取中央育英)の二人。高校生女子選手にとっては3000mはやはり9分30秒が大きな目標でしょうか。

大阪の枚方市の秋季総体陸上で壮年男子3000mという種目があり、GGは1991年9月に参加(GG42歳)。このとき一般女子3000mと同時レースとなりたくさんの高校女子選手と一緒に走った記憶がある。女子選手に負けてなるものかとスタートから全力で行った。カンカン照りの暑さとオーバーペースで最後はもうヘロヘロ。タイム9分30秒0。女子選手のトップとは1分ほど離したように思う。

このGGの記録は今でも大会記録として残っている。壮年の部といっても35歳以上だから早々と破られるはずなのに。多分、枚方は強い選手が多いので一般の部で出続けておられることと思います。(35歳で壮年の部というのは気恥ずかしい?)

この大会記録、ちなみに一般女子3000mは10分04秒8です(1993年9月)。9分30秒。GG42歳だったとはいえ当時の全力を出し切っての記録。あの時のきつさを思うと女子で30秒を切る選手はやはり凄いなあと思う。

Wa3000_1
Wa3000_2

|

« 織田記念陸上 女子5000m | トップページ | カージナル招待 »

競技会etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 織田記念陸上 女子5000m | トップページ | カージナル招待 »