« カージナル招待 | トップページ | 南部杯大阪マスターズ陸上3000m »

2011年5月 4日 (水)

静岡国際陸上

GW6日目。今日は明日のレースに備えてゆっくりジョク。(ジョグってゆっくりじゃないの?)

その後、朝昼兼用のビール&ごはん。その後、お昼ね。(寝てばっかりいます)

明日は大阪マスターズ南部杯。3000mにエントリしてますが競技時間がわからない。今までなら大阪マスターズのWebサイトにスタート時間が出てたのに。・・・で、大阪長居ACの掲示板を拝見。出てました。ありがとうございます。しかし、ずいぶん遅いスタートです。最終種目ですねこれは。

さて春季サーキットは最終戦の静岡国際。短距離女王の福島千里選手(北海道ハイテクAC)が-0.7mの向い風の中を独走、自己3番目の記録で優勝。B標準も突破し織田記念でのショックを吹き飛ばした。

男子では200mで優勝した齋藤仁志選手(サンメッセ)がA標準に到達。A標準と同じ記録だったので突破ではないが一応、突破者になるようです。2位の飯塚翔太選手(中央大)はB標準到達。

為末選手の出場した400mハードルでは2位の岸本鷹幸選手(法政大)がA標準クリア、3位の今関雄太選手(チームアイマ)もB標準を突破した。優勝した杉町マハウ選手は? 彼はブラジル代表で北京五輪準決勝7位の実力者。ブラジル生まれで小学校3年のとき来日。日本代表にはならないのでしょうか。杉町選手は国体でも群馬県から出場して2年連続優勝。レース後の発言もユニークでした。

中長以外のトラック種目の結果を表にしますと。(すみません男子5000mもこちらに入ってました)

Sim_m
Sim_w

今回、日本歴代10傑に女子200mの市川選手が入る。

女子200m日本歴代10傑      
① 22.89  福島千里 (北海道ハイテクAC)   
② 23.15  高橋萌木子 (平成国際大)   
③ 23.33  信岡沙希重 (ミズノ)   
④ 23.46  新井初佳 (ピップフジモト)   
⑤ 23.48  中村宝子 (浜松西高)   
⑥ 23.61  渡辺真弓 (ナチュリル)   
⑦ 23.63  市川華菜 (中京大)   
⑧ 23.64  丹野麻美 (福島大)   
⑨ 23.67  和田麻希 (龍谷大)   
⑩ 23.73  北田敏恵 (大阪体育大教員)


中長距離は自己ベストも織り込んで作表。

男子800mは大会記録を更新するハイレベルの戦いとなった。優勝した日本記録保持者の横田真人選手(富士通)はすでにB標準は突破済みで今回の目標は日本記録更新。しかし課題のラスト50mの失速で叶わず。今後も45秒台への挑戦は続くとの自己評価をされております。期待しましょう。

そして3着の岡昇平選手(順天堂大)は一挙に1秒24自己ベストを更新し10傑入り。  おめでとうございます。

Sim_m800

男子800m日本歴代10傑      
① 1:46.16 横田 真人 (慶應義塾大) 2009/10/18   
② 1:46.18 小野 友誠 (法政大学) 1994/06/26   
③ 1:46.22 近野 義人 (ダイエー) 1994/06/29   
④ 1:46.52 松本 啓典 (自衛隊体育学校) 2010/10/11   
⑤ 1:46.71 口野 武史 (富士通) 2009/10/18   
⑥ 1:47.02 笹野 浩志 (富士通) 2004/07/31   
⑦ 1:47.13 村松 寛久 (山梨学院大) 1996/09/16   
⑧ 1:47.40 森本  葵 (リッカー) 1964/06/11   
⑨ 1:47.66 岡  昇平 (順天堂大) 2011/05/03   
⑩ 1:47.67 舘  義和 (順天堂大) 1988/10/10


次に女子3000m。このレースでは自己ベスト更新の実業団選手が続出でした。
Sim_w3000

最後に日本歴代10傑入り達成率(vsR10)ランキング表を。

Sim_vsr10

種目間のレベルをみることができるかもしれません。あくまでGGの趣味のランキングです。このポイントで強化費あるいは育成費なんかが出るとどうでしょう。12.6なら12万6千円(少ないかな?)。3位までは順位ポイントも追加か。これもGGの想像の世界です。
 

|

« カージナル招待 | トップページ | 南部杯大阪マスターズ陸上3000m »

競技会etc.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カージナル招待 | トップページ | 南部杯大阪マスターズ陸上3000m »