« IH京都府大会 女子800m, 3000m | トップページ | 日本選手権 男女1500m »

2011年6月10日 (金)

日本選手権始まる 男女10000m決勝

いよいよ今日から日本選手権が埼玉県熊谷で始まった。テレビ放映もたっぷりあるのでじっくり観戦できそうです。

1日目の決勝種目は男女の10000m。まず女子がスタート。大本命の福士加代子(ワコール)選手を欠いたレースはA標準突破の吉本ひかり(佛教大)選手と杉原加代(デンソー)選手の一騎打ちとなった。吉本選手は撃沈覚悟で先頭を行く。一方の杉原選手は後方待機で勝負に徹する作戦。ユニバーサルの永尾薫選手、世界陸上マラソン代表のダイハツ中里麗美選手をまじえた4選手が途中5000mを16分04秒で通過。その後、永尾選手が脱落し残る3選手でラスト1周勝負となった。仕掛けたのは中里選手。バックストレートに入るやいなや吉本選手を抜いてスパート。すぐに杉原選手が反応して溜めていたパワーを炸裂。最後は1500mで日本選手権優勝経験のあるスピードで世界陸上を手中にした。

女子10000m決勝
① 杉原 加代 (デンソー) 32:18.79   
② 中里 麗美 (ダイハツ) 32:20.81   
③ 吉本 ひかり (佛教大学) 32:25.77 

3着に敗れた吉本選手だが勇気ある積極的な走りは評価に値する。マラソン代表を決めている中里選手もいい走りだった。4着の永尾選手はB標準の32分00秒に届かず厳しい。自己ベストにもっとも肉薄したのは5着の中村仁美(パナソニック)選手。4名出場したワコール勢は福士選手欠場のショックか精彩なく終わった。
Jcw10000
女子10000の世界では福士選手が突出して光り輝くスター。くらべて杉原選手はちょっと地味な存在でしょうか。

Sk10000
パナソニックからデンソーへの移籍で08、09年は下り坂でしたが昨年から飛躍、自己ベスト更新を続けています。世界陸上で輝く星になってほしいですね。


さて、次は男子です。こちらはA標準(27分40秒)突破選手はゼロだがB標準(28分00秒)クリアの7選手が出場。オープンのポールクイラ(コニカミノルタ)がペースメイクで引っ張る。途中5000mは14分ちょうど。宇賀地強(コニカミノルタ)、村澤明伸(東海大学)、木原真佐人(カネボウ)、佐藤悠基(日清食品)などの選手が積極的に先頭集団で駆ける。

そして終盤、A標準の可能性がなくなるとB標準選手らの優勝争いとなった。ロングスパートをかける村澤選手。対して一度も先頭に出ずに力を温存していた佐藤選手が一挙にパワー放出。女子10000mと同じような形で追いすがる村澤選手を突き放した。B標準なら1名しか世界陸上代表にはなれない。佐藤選手に1枚だけの世界陸上切符が渡りそうだ。

Jcm10000

|

« IH京都府大会 女子800m, 3000m | トップページ | 日本選手権 男女1500m »

日本選手権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IH京都府大会 女子800m, 3000m | トップページ | 日本選手権 男女1500m »