« IH近畿地区大会1日目 | トップページ | IH近畿 男女800m準決勝 »

2011年6月17日 (金)

IH近畿大会 男女1500m

鴨川下流の水鶏橋(くいな橋)を渡って右岸から左岸を往復する3.5km。今日は13分53秒のコース新記録だった。

さてインターハイ近畿地区大会は2日目。男女1500mの決勝です。今日もWeb観戦です。

女子1500m決勝の6位まで
① 4:18.07 福田 有以 (須磨学園1兵庫)   
② 4:19.40 小林 美香 (須磨学園2兵庫)   
③ 4:23.30 池内 彩乃 (立命館宇治2京都)   
④ 4:23.55 米田 絵里 (薫英女学院3大阪)   
⑤ 4:23.56 本母 有紀 (立命館宇治1京都)   
⑥ 4:23.68 森本 新菜 (夙川3兵庫) 

福田有以選手が中学3年に打ち立てた中学歴代1位の自己ベスト4分19秒46を更新しての優勝。2位は先日の日本選手権優勝者小林美香選手。須磨学園のワンツーとなった。日本選手権の優勝インタビューで小林選手が「後輩に負けて悔しい思いをしていた」とコメントがあったように思う。多分、福田選手のことなんでしょう。日本選手権では小林選手1位、福田選手5位で後輩を突き放したが今回は福田選手の勝ち。(悔しい)
チームメイトがライバル。いいじゃない。どちらも刺激しあってどんどん強くなる。そう言えば小林選手も今日は自己ベストだった。

これで北東北インターハイの1500mメダル争いは熾烈になってきました。

次の3位と5位には京都立命館宇治の池内選手と本母選手が入った。そして3年生の米田選手と森本選手が6以内で全国へ。米田選手は3年連続全国進出。森本選手は初の全国行きです。

立命館宇治の廣田選手は8位で全国連続出場ならず。奈良の竹内選手は惜しくも7位。滋賀の川西選手も11位だった。竹内選手は3000m、川西選手は800mが残っており再挑戦です。

Ikw1500t_2

決勝の16人中14人が参考記録の今季ベストを突破。自己ベストの選手も多いのでは。特に6位に入った森本新菜選手の伸びが凄いですね。

Ikw1500g

男子1500m
① 3:53.91 山本 雄大 (須磨学園3兵庫)   
② 3:56.19 仲村 尚毅 (須磨学園1兵庫)   
③ 3:56.36 樋上滝太朗 (須磨学園3兵庫)   
④ 3:56.62 楠岡 佳一 (和歌山北2和歌山)   
⑤ 3:56.73 櫻井 大介 (西京3京都)   
⑥ 3:56.80 中谷 圭佑 (西脇工2兵庫)

兵庫須磨学園のメダル独占。そして京都の櫻井大介選手3年生がやりました。5位で初の全国出場。

Ikm1500t_2

Ikm1500g

|

« IH近畿地区大会1日目 | トップページ | IH近畿 男女800m準決勝 »

IH近畿大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IH近畿地区大会1日目 | トップページ | IH近畿 男女800m準決勝 »