« IH近畿 男子800m 竹中惇選手(桂2京都) | トップページ | ホクレンDC 渡邊和也(四国電力)獲得強化費№1 »

2011年6月28日 (火)

IH近畿 女子3000m 竹内綾菜選手(奈良育英3)

インターハイの地区予選は11地区で行なわれる。北から北海道、東北、北関東、南関東、北信越、東海、近畿、中国、四国、北九州、南九州。この予選会で6位内に入れば全国インターハイ出場となる(競歩、複合競技は少し違います)。地区大会の参加選手は各都府県の予選会で6位内に入った選手。参加する府県の数が一番多いのが近畿だ。6府県36名で6枚の全国行き切符を争う最激戦区。今日はその激戦区の女子3000m観戦記です。

6府県から勝ち抜いた36名の選手の顔ぶれをみると上位陣がほぼ予想できる。立命館宇治のトリオ(菅野、池内、牧の3選手)、綾部の久馬姉妹、日本選手権1500m優勝者の小林美香選手(須磨学園)。これで6名。GGの興味は誰がこの6名の牙城を打ち崩して全国に名乗りを上げるか、ということでした。

参考記録(今季ベスト)からすれば竹内綾菜選手(奈良育英3奈良)が最有力。自己ベスト9分16秒34の大森葉月選手(薫英女学院2大阪)は今季まだ本調子ではなさそうで分からない。

そのへんに注目しながらレースを観る。

W3k1000

1000m通過。3分11秒。まだ大集団でトップは竹内選手。最初から前に出て引っ張っていく。こういう積極果敢な選手がGGは好きですね。

途中2000mは6分22秒。この1000mは3分11秒でまったく同じペースでレースが進む。

W3k2200

あと2周800m地点での上のPhotoを観ると先頭集団は10人。トップは竹内選手と菅野選手。続いて池内選手と久馬萌選手。その後ろに翁田あかり選手(西脇工3兵庫)、小林選手、久馬悠選手。最後尾は岡崎千佳選手(日高2和歌山)、清政愛理選手(西脇工2兵庫)、松田瑞生選手(薫英女学院1大阪)。この10人で6着を争う残り1000m。立命館宇治の牧選手が遅れ牙城の一角は崩れた。

W3k2600

あと1周の鐘。清政選手が落ちて9名でラスト400勝負。

W3k2850

最終カーブ。トップを行く立命館宇治の2選手に小林選手が迫る。そして6着争いは久馬悠選手が固めそう。竹内選手の初の全国インターハイ出場危うし。

W3kfin01
① 小林 美香 (須磨学園2兵庫) 9:21.22   
② 池内 彩乃 (立命館宇治2京都) 9:21.51   
③ 菅野 七虹 (立命館宇治2京都) 9:21.61 

W3kfin02
④ 久馬 萌 (綾部3京都) 9:23.92

W3kfin03
⑤ 松田 瑞生 (薫英女学院1大阪) 9:25.01   
⑥ 久馬 悠 (綾部3京都) 9:26.41 

W3kfin04_2
⑦ 竹内 綾菜 (奈良育英3奈良) 9:29.39   
⑧ 岡崎 千佳 (日高2和歌山) 9:30.75

歓喜の5着松田選手と力及ばなかった7着竹内選手のフィニッシュが対照的でした。

竹内選手の近畿予選3000m
2009年 ⑧ 9:40.96
2010年 ⑩ 9:43.16

今年は1500mでも⑦着4:24.34であと1歩だった竹内選手。でもベストは尽くした。

Ikw3k_t

Ikw3k_g

W3kfin05
今季ベストを大幅更新の草野香織(草津東1滋賀)

|

« IH近畿 男子800m 竹中惇選手(桂2京都) | トップページ | ホクレンDC 渡邊和也(四国電力)獲得強化費№1 »

IH近畿大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IH近畿 男子800m 竹中惇選手(桂2京都) | トップページ | ホクレンDC 渡邊和也(四国電力)獲得強化費№1 »