« IH近畿大会スタートリストより女子中長 | トップページ | IH近畿大会 男女1500m »

2011年6月16日 (木)

IH近畿地区大会1日目

今日から4日間大阪の長居でインターハイ近畿地区予選です。観にいきたいがパートといえどサラリーマン。仕事がたて混んでいて休めません。明日もだめです。土日だけ観戦に行けそう。

ということで大阪陸協の高体連サイトでWeb観戦です。

まず1500m予選。男子の予選通過者は下表の通り。参考記録(今季ベストのようです)TOP10のうち9名が入る。3組で4着が同タイムのため1名多い予選通過者となっていますね。兵庫:6、京都:4、大阪:2、和歌山:2、滋賀:1、奈良:1。兵庫県勢が今年も強いですが京都も4名で対抗。何人が全国へ行けるか。桂の東海真之介選手、西京の櫻井大介選手には期待大。特に3年の櫻井選手、京都大会の勢いで近畿も突破するぞ。
Ikm15y

女子はどうでしょう。ほぼ今季ベスト上位者が順当に決勝に進んだようです。兵庫の田邊摩希子選手は1組7着ながらタイムではなく別の理由で救済されています。何かトラブルがあったのでしょうか。

今季トップ3の小林美香選手、福田有以選手、本母有紀選手の決勝6位内は確定か。残る3枚の争奪戦は激しそう。立命館宇治の池内彩乃選手が1組4着というのは余裕なのかどうか。1組のレース状況がわからないので何とも言えませんが田邊選手といい、池野選手といい、何かアクシデントがあったのでは?

3年生では奈良の竹内綾菜選手と滋賀の川西寧々選手を応援したい。兵庫、京都、大阪の強豪府県に食い込めるか。

残念なのは大阪の大森菜月選手の欠場。タイムをみると今季ちょっと不調のようですが3000mに期待しましょう。

Ikw15y_2
達成度100%以上が11名。シーズンベスト更新ですね。

今日のトラック決勝種目について。男子400mは京都の福永拓哉(洛南3)選手が大差で制す。全国のメダル候補です。女子400mは兵庫の西田文香(北摂三田3)が55秒40の自己ベスト。名倉千晃(東大阪大敬愛3大阪)や安達真琴(京都橘2京都)を破り優勝。全国メダル候補に名乗りをあげました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

全国の地区大会はと言うと、今日16日から始まっているのは北九州と南九州。北九州でも1500mがあったが予選と決勝を1日で実施(ちょっときついのでは)。女子では今季高校トップの木村友香(筑紫女学園2福岡)が4:21.09の大会新で独走V。

南九州では神村学園の3選手(中原海鈴、西山のぞみ、安富美希)が順当に予選を突破しています。

今日はこれまで。

|

« IH近畿大会スタートリストより女子中長 | トップページ | IH近畿大会 男女1500m »

IH近畿大会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« IH近畿大会スタートリストより女子中長 | トップページ | IH近畿大会 男女1500m »