« 京都高校ユース 1年女子800m | トップページ | ブログ記事の方針・・・GGAC »

2011年8月27日 (土)

世界陸上 女子マラソン

始まった世界陸上韓国テグ。最初の決勝種目は女子マラソン。朝の9時からテレビ観戦です。

女子マラソン 8/27(土) 9:00

キロ4分という超スローペース。これならGGでも付いて行けるか。5キロは18分34秒。やっぱり付いて行けないや。しかし世界陸上としては遅すぎだ。このスローペースが30キロ過ぎまで続く。そして残り10キロ。日本選手の大応援団が陣取り盛んに選手に声援を送る。皮肉にもここでケニア勢がスパートして5名の日本選手に後塵を浴びせる展開となってしまった。

このあと赤羽選手がメダルを目指して懸命に追走し5位まで迫るがケニア勢には届かず。

5キロ毎のタイムをみると30キロ過ぎからのペースアップがよくわかる。結局、ケニア選手にとっては5キロ18分での30キロペース走。そのあと10キロレースみたいな感じで走っていたのでは。

一方、日本選手は五輪選考レースという意識が強すぎたか。お互いに牽制しあって誰もスローペースを破る選手がいない。優勝したキプラガト選手の記録は2時間28分43秒。5キロ17分37秒。周りに惑わされず自分のペースでチャレンジしていれば勝機もあったような気がする。

W_mt_g

とは言っても世界陸上の大試合。誰がレースの流れに逆らえるか。自分が同じ立場ならまず無理でしょう。

W_mt_

次のロンドン五輪には自分のペースで押して行きメダルをつかみ取る逞しい選手の姿がみたい。

|

« 京都高校ユース 1年女子800m | トップページ | ブログ記事の方針・・・GGAC »

世界陸上」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都高校ユース 1年女子800m | トップページ | ブログ記事の方針・・・GGAC »