« 久保瑠里子(エディオン) 800m歴代2位 | トップページ | 全日中奈良大会 女子800m »

2011年8月17日 (水)

ツリー・オブ・ライフ

まだ盆休み。朝から鴨川沿いを自由走。1時間ほど身体の欲するまま走る。ゴハン、昼寝、読書のあとイオンモール京都のTジョイへ。夕方の5時30分。インターネット予約で支払い済みなのでのんびりと上映時間ぴったりに着く。60歳以上のシニア料金で1000円。カミさんも一緒。自販機でコーラを買う。カミさんは水。それにポップコーン。シアター№9。リザーブした後ろよりの中央座席に座る。館内はガラガラ。20人ほどかな。

まずは予告編。ジャッキーチェンの辛亥革命?歴史の教科で聞いたことはあるが不勉強です。次にダルタニアン、三銃士。何回も映画化されてる。欧米人のもっとも好きな物語かな。そして上海。渡辺謙。いいじゃない。日米開戦前夜の魔都”上海”。近代日本の歴史も不勉強かな。NHK大河ドラマの舞台は戦国時代か幕末がほとんど。明治は「坂の上の雲」があったが昭和史はない。大河ドラマにはなりにくいですか。

とか思っていると場内の照明が落ち映画の本編が始まりました。

炎、光、木、水、鳥、森、滝、海、空、ビル、などがスクリーンに怒涛のように映し出されます。そこで人生には二つの生き方があるとナレーションがある。(聖書のようです)
タイトルはいつになっても現われません(映画の最後に出ます)。

母親が手紙を読んでいます。息子が亡くなった知らせです。でもまだ長男と三男がいる、とナレーションかな。そして父親(ブラッド・ピット)が言う。子供のときギターの譜面が読めないので怒ったとか。あのときは悪いことをした、と。

主は与え、主は奪う (これも聖書のようです)

ここからまた怒涛のように光が満ち溢れ宇宙創世。無数の星雲が生まれ、そして星雲のガスや塵の中から星が生まれる。太陽系か。
(オリオン座の馬頭星雲が出てました)

そして原始地球が現われ、火山の爆発や宇宙塵の衝突が繰り返され、やがて生命が芽生える。

コアセルベートから始まった生命は徐々に進化し、魚、鳥、そして恐竜へ。

時空を超越したような映像が流れる一方で、成年となり実業家となった(建築家でしょうか)長男ジャック(ショーン・ペン)の回想。それは子供のころの風景。やさしい母に厳格な父。3人の兄弟。子供には何かと叱り付ける父だが自らを律することはできない父。

食事中に次男がうるさい父親に向かって言う。「だまれ」(Be quiet かな)。その一瞬、空気が凍りつく。父が「何!」(かな)。そして次男が「Please」(と言ったような)。テーブルをひっくり返す勢いでのり出した父が次男の胸倉をつかみ殴りかかる。止めに入る母。逃げ惑う子供ら。

言い争いの耐えない夫婦。

父に「家はあなたのものだ。僕を追い出してください。」と言い、母には「あなたは父に見下されている」と言うジャック。

いくたびか神に問う母。

クルマを修理する父。側による次男。ジャッキアップしたクルマの下にもぐっている父を見て「事故でもいいから早く死んでくれないか父さん」と願う。(一瞬、クルマの支えを外すのではと思った)

父が出張中。残った家族は「鬼の居ぬ間に洗濯」とばかりに羽を伸ばす。思う存分はめを外す。いたずらっ子の3兄弟。

ジャックが隣かな?他人の家に忍び込み女性の下着を盗み出す。そして川に流す。(?)

父は本当は音楽家になりたかった。

会社が倒産して住みなれた家を出て行く家族。今までの子供たちへの行いを省みる父。私の宝はお前たちだ。

回想する大人のジャックが荒野を行く。何者かに誘われるように行き着いたゲート(門)をくぐるとそこは別世界だった。

子供のころの自分がいて、父や母や兄弟がいる。ここは天国?

まだまだ色んなシーンが浮かびますが、この映画にストーリはありません。生きるとは?死とは?神とは?この世界とは?人間とは? そして自分とは何かを怒涛の映像をみて体験する映画なのでしょう。

(何度もみた2001年宇宙の旅とオーバラップする映画でもあります)

Tol
もし、あなたに・・・がなければ、この世は瞬く間に過ぎる

|

« 久保瑠里子(エディオン) 800m歴代2位 | トップページ | 全日中奈良大会 女子800m »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久保瑠里子(エディオン) 800m歴代2位 | トップページ | 全日中奈良大会 女子800m »