« 第49回滋賀県スポーツ祭典陸上で1500mを走る | トップページ | 近畿高校駅伝観戦 »

2011年11月19日 (土)

横浜国際女子マラソン

昨夜から大雨の京都。街に出ると白バイが目立つ。そうかブータン国王夫妻の京都訪問ですね。朝から金閣寺に行かれたとか。雨に煙る晩秋の金閣寺もいいかも知れません。

さて明日は第3回横浜国際女子マラソン。前回大会優勝の尾崎好美(第一生命)、前回初マラソンで4位の永尾薫(ユニバーサル)、そして今年の大阪で5位の木崎良子(ダイハツ)の3名に注目が集まっている。今週の朝日新聞に3日間連載でこの3選手の紹介記事が出ていた。

尾崎選手
世界陸上マラソン18位の敗因は「重圧」。早々と「金メダルを取る」と宣言したことが寝付けないほどの重しになり自分の力を出し切れずに終わった。今回は口を閉ざし闘志を内に秘めて初の五輪代表を狙う。

永尾選手
練習期間1ヶ月半の急造で初マラソン2時間26分58秒の4位と結果は残した。36キロで脱落した悔しさを糧にさらにスピードと持久力をつけ急成長。「ロンドンを目指す」と決意は固い。

木崎選手
自己最高2時間27分34秒の記録を持つが2度のマラソンはともに30キロから失速。トラックで磨いたスピードも生かしきれず。だから、自分の弱いところを見つめ直し徹底的に走り込んだ。年齢的にも最後の五輪挑戦。「自分から仕掛けたい」とイメージは鮮明。

要約すればこのようになります。

3選手とも五輪代表を懸けた大勝負。負けられません。

GGは地元京都出身の木崎選手を応援です。

|

« 第49回滋賀県スポーツ祭典陸上で1500mを走る | トップページ | 近畿高校駅伝観戦 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第49回滋賀県スポーツ祭典陸上で1500mを走る | トップページ | 近畿高校駅伝観戦 »