« 桜井新春マラソン5km | トップページ | 全国女子駅伝 過去15年の成績から »

2012年1月 9日 (月)

第24回全日本マスターズ駅伝(2011年12月)

朝から鴨川上流へ河川敷をジョグ60分。出町柳で枝分かれした西側は賀茂川と名を変える。中学生のクラブ活動だろうかタイムトライアルで女の子たちがビュンビュン飛ばして走っていた。

帰宅してお風呂につかった後、カミさんと孫たちを連れて近くを散歩。今日はけっこう暖かい。

0109001
公園でボール遊び

0109002
鴨川にかかる鉄橋の下で

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日は去年の12月18日(日)に山口県のきらら博記念公園で行われた第24回全日本マスターズ駅伝の記録整理です。

京都は駅伝エルダーの部と3kmロードレースに参加。GGは駅伝のほうに回りアンカー4区5.2kmを走った。

<結果>
京都チーム 8位入賞
1区 5.2km 田路 慶子 21分29秒(区間⑧位)
2区 3.0km 辻本 末吉 12分13秒(区間⑦位)
3区 3.0km 有川 朝子 13分38秒(区間⑩位)
4区 5.2km GG      20分34秒(区間⑫位)

コースは変化に富んでいて素晴らしい。多目的ドーム前をスタート、周防灘を望む海岸沿いを走ったり築山越えがあったりと広々した公園を周回し最後は何とクロカン並みの芝生の丘だ。そして5.2kmコースは途中、とてつもなく広い駐車場を縦横に走る。障害物がないので風がまともに当たる。相当にきついコースでもある。

Ajmed01
多目的ドーム

Ajmed02
スタートしてすぐの海岸沿いコース

GGは有川さんから9位でたすきをもらう。8位までが入賞なのでプレッシャーのきつい順位だ。海岸線から太陽の丘からトリムの広場を越えて坂を下りるところで前を行く大分県の選手に追いつく。少し併走のあと前に出る。このまま何とか8位を維持と思って走る。だだっ広い駐車場コースに入ると兵庫県の選手を抜いて7位に上がる。するとすぐに後ろか急速に近づいてくる選手の気配を感じる。と、思いやすぐに抜き去って行った富山県の選手。あとで記録をみたら区間2位の選手でした。(この抜きつ抜かれつは今思うとどしらが先か後かは確かではない。)

どちらにしてもこれでまた8位。これ以上抜かれるわけにはいかん。やっぱり駅伝はきつい。気を休めるところがない。後ろからくる選手に抜かれまいと前へ前へと脚を運ぶのみ。終盤、同時スタートの女子の部、鳥取県の女子選手に引っ張ってもらいクロカンコースを駆け上る。

ほとんど力尽きてゴール。8位。

0109003
エルダー駅伝、監督とメンバー

レース中でも応援いただく声はよく聞こえるものです。京都チームの人たち以外では大阪府チームの境田さん(ラストで声をかけてもらいました)。それに後半のサッカーグランド横の直線で大きな声でGGの名前を叫んでくれた人は誰? 違ってるかもしれないが、コマツの清水さんの声だったような気がする。スタート前に選手で出ておられる奥さんとお話もしましたので。

今回の駅伝用に購入したレースシューズ、スーパーマジック。ぴったりフィットして素晴らしい。GGのような鈍足にはもったいないシューズだけど速くなった気持ちになれる。

0109004

|

« 桜井新春マラソン5km | トップページ | 全国女子駅伝 過去15年の成績から »

GGのレース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜井新春マラソン5km | トップページ | 全国女子駅伝 過去15年の成績から »