« 風邪でダウン | トップページ | 惨敗、福士選手「脚が固まった」 »

2012年1月28日 (土)

福士選手「自分の走りをするだけ」

風邪はいくぶん和らぎました。練習を休み、ビールの代わりに白湯、食事はお粥にうどん。お腹の調子もだいぶ良くなってきた。しかしまだ、のど飴は必要。これでは明日の大阪女子マラソン観戦はやっぱり無理みたい。うちでテレビ観戦か。

ロンドン五輪選考会の大阪国際。期待の野口みずき選手はケガで棄権し3月の名古屋で最後の勝負に懸ける。

さてロンドン五輪のマラソン代表選考の一つ目は、昨年8月のテグ世界陸上だった。結果は

⑤赤羽有紀子(ホクレン) 2:29:35
⑩中里 麗美(ダイハツ) 2:30:52
⑱尾崎 好美(第一生命) 2:32:31
⑲野尻あずさ(第一生命) 2:33:42
22伊藤 舞 (大塚製薬) 2:35:16

赤羽選手は代表内定のメダルまであと21秒と迫るも無念の5位。しかし有力候補であることは間違いない。

二つ目は11月の横浜国際でした。

①木﨑 良子(ダイハツ) 2:26:32
②尾崎 好美(第一生命) 2:26:49
④永尾 薫 (ユニバーサル) 2:29:43

25度近い高温、ペースメーカの予定より早い脱落という悪条件のなか渾身のラストスパートで木﨑選手が競り勝ち名乗りを上げた。敗れた尾崎選手は名古屋で再チャレンジ。

三つ目が明日の大阪国際。

メディアの熱い視線は野口選手から福士選手に移った。4年前の大阪で初マラソン。30キロまで独走するもその後は失速し急降下。最後は長居競技場で何度も転倒しながらのフィニッシュとなった。まさに衝撃のデビュー。北京五輪はトラックで代表となったが成績は残せず。世界と戦うならトラックよりマラソン。昨年10月にはシカゴマラソンに挑戦し2時間24分38秒。そして明日、2度目の大阪を走る。

テレビで福士選手の特集番組があった。
「誰のためでもない自分のために走る」
「人は人、自分の走りをするだけ」
福士選手らしい、飾らない自然のままの言葉。

福士選手は青森の五所川原工業高校出身。インターハイには行ったがボロボロだったようです。青森大会に見学に来ていたワコールの関係者からスカウトされ2000年入社。
なんとその年の日本選手権5000m決勝で3位に入る。記録も驚きの15分29秒70。

第84回日本陸上競技選手権大会5000m決勝 2000.10.7
① 藤永 佳子 (筑波大) 15:27.82   
② 小﨑 まり (ノーリツ) 15:28.41   
③ 福士 加代子 (ワコール) 15:29.70   
④ 川島 亜希子 (東海銀行) 15:41.30   
⑤ 橋本 康子 (日本生命) 15:44.72   
⑥ 鄭  桂霞 (スズキ) 15:45.56   
⑦ 楠  真美 (デオデオ) 15:45.82   
⑧ 岡本 治子 (ノーリツ) 15:46.91

この年はシドニー五輪マラソンで高橋尚子選手が金メダルに輝やいた年でもあった。 

福士選手は5000m、ハーフマラソンの日本記録保持者。10000mは歴代2位。この記録を持つ福士選手はフルマラソンでどれほどの記録が期待できるのだろうか。何人かのトップ選手の10000m、ハーフ、フルの自己ベストから、フルのタイムが10000m、ハーフの何倍にあたるかの比率を算出し比較してみた。

選手名       1万m   Half   Full    Full/1万 Full/Half   
野口みずき 31:21.03 1:07:43 2:19:12  4.44 2.06    
渋井 陽子 30:48.89 1:09:31 2:19:41  4.53 2.01    
高橋 尚子 31:48.23 1:08:55 2:19:46  4.39 2.03    
千葉 真子 31:20.46 1:09:27 2:21:45  4.52 2.04    
平均                      4.47 2.03
------------------------------------------------
福士加代子 30:51.81 1:07:26 2:24:38  4.69 2.14    
高岡 寿成  27:35.09 1:01:07 2:06:16  4.58 2.07


当然ながら選手個々のスピードやスタミナはユニークなもの。これはあくまでGGの趣味、楽しみです。

さて福士選手に一番近いスタイルの選手は誰か?

トラック中心に活躍しながらマラソンに距離を伸ばすということから、女子なら千葉真子選手、男子なら高岡寿成選手ではないだろうか。そこで千葉選手と高岡選手の平均値を当てはめると、

Full/1万 4.55 ⇒ 2:20:26
Full/Half 2.05 ⇒ 2:18:14

今後本格的にマラソンに取り組めばクリアできる記録なのでは。

それでは明日の福士選手の走りっぷりを楽しみましょう。

Fk_2
2010年4月兵庫リレーカーニバル10000m優勝での笑顔

明日も笑顔が見たい

|

« 風邪でダウン | トップページ | 惨敗、福士選手「脚が固まった」 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風邪でダウン | トップページ | 惨敗、福士選手「脚が固まった」 »