« 福士選手「自分の走りをするだけ」 | トップページ | ランニング再開 »

2012年1月29日 (日)

惨敗、福士選手「脚が固まった」

第31回大阪国際女子マラソン。24歳の新星、重友梨佐選手がロンドン五輪行き切符をほぼ手中にした。注目の福士選手は4年前の忘れ物を取り戻せず惨敗に終わった。

①重友 梨佐(天満屋) 2:23:23
③野尻あずさ(第一生命) 2:24:57
④堀江 知佳(ユニバーサル) 2:28:35
------------------------------------
⑨福士加代子(ワコール) 2:37:35

5キロごとのラップをみると

Osk5lap

22キロでペースメーカが外れると重友、福士2選手のマッチレースとなった。しかし勝負がつくのは意外と早かった。並走すること4キロ余りの26キロを過ぎたあたり。福士選手のピッチが落ち重友選手から離れていく。大阪城公園に入るころには福士選手は視界から消えていた。

35キロからペースダウンするも「柔らかく滑らかな走り」で長居競技場に帰ってきた重友選手が2度目のマラソンで夢のオリンピックを引き寄せた。2時間23分23秒は5kmラップが16分59秒と17分を切るペース。日本歴代9位という堂々たる記録です。

一方の敗れた福士選手。「エネルギー不足、脚が固まった」との話でした。レース前半から集団の後方にいて、ちょっと福士選手らしくない走り、とGGは思って観戦していた。慎重だったのでしょうが結局一度もトップに立つことがなく脱落してしまった。「前夜は興奮して眠れなかった」とか「しっかり食べてこなかった」とかの話を聴くと、あまりに慎重になりすぎたのではないかと推測してしまう。

野口選手が外れたことで福士選手への期待に拍車がかかり緊張の度合いも相当高まっただろうし、マラソンという種目、特にオリンピックのメダルが熱望される女子マラソンという独特な雰囲気とマスコミ、メディア、国民の注目度の高さ。福士選手一人に集中する視線。トラックレースとは比較にならない世間の関心度。もうこれって全てプレッシャーですよね。

「自分の走りをするだけ」でしたが緊張しすぎた心身には余裕が無かった。だからあんなに早く「脚が固まった」のではと思う。

距離への不安があるなら走りこんで克服するしかないでしょうし、当然、やって来ているはずなので、あとは気持ちの持ち方なのでは。

福士選手はワコールではエースでかつ一番の年長。コンディションを厳しくみてくれる人やマラソンの練習相手はどうなんでしょう。当然、おられると思いますが。

今は静かに福士選手の行き先を見守りましょう。普段通りの生活で普段通りに走り、そして普段通り勝つ。これが福士選手。

|

« 福士選手「自分の走りをするだけ」 | トップページ | ランニング再開 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福士選手「自分の走りをするだけ」 | トップページ | ランニング再開 »