« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

東京マラソン藤原新、ゲブレシラシエを敗る

昨日の2月26日(日)東京マラソンはプロランナー藤原新選手が7分台の日本人トップで五輪代表を決めた。プロといっても現在は無職状態のようですが、これでスポンサーもつくでしょうね。

TOP15
① 2:07:37 キピエゴ (ケニア) 15:07   
② 2:07:48 藤原新 (東京陸協) 15:09   
③ 2:07:50 キプロティチ (ウガンダ) 15:09   
④ 2:08:17 ゲブレシラシエ (エチオピア) 15:12   
⑤ 2:08:32 ロスリン (スイス) 15:14   
⑥ 2:08:38 前田和浩 (九電工) 15:15   
⑦ 2:09:28 松宮隆行 (コニカミノルタ) 15:20   
⑧ 2:09:59 メコネン (エチオピア) 15:24   
⑨ 2:10:13 熊本剛 (トヨタ自動車) 15:26   
⑩ 2:11:26 井川重史 (大塚製薬) 15:34   
⑪ 2:12:10 黒木文太 (安川電機) 15:40   
⑫ 2:12:35 足立知弥 (旭化成) 15:43   
⑬ 2:12:37 藤山哲隆 (SUMCO) 15:43   
⑭ 2:12:51 川内優輝 (埼玉県庁) 15:45   
⑮ 2:12:52 中村悠希 (カネボウ) 15:45 
末尾のタイムは5kmペース換算

昨年12月の福岡で日本人1位(2:09:57)の川内優輝選手は14位、逆に福岡で川内選手に敗れた前田和浩選手が日本人2位で雪辱。タイムも福岡の川内選手を上回った。

現時点での五輪代表戦は
1.藤原 新  2:07:48(東京)確定
2.前田 和浩 2:08:38(東京)びわ湖次第だが望みあり
3.川内 優輝 2:09:57(福岡)厳しい
となりますか。

東京7位(日本人3位)の松宮選手が2:09:28だが福岡トップの川内選手の方が優勢のように思う。

さて、いつものグラフでレースふりかえり

Tkm12_ts

優勝候補のゲブレシラシエはラスト5キロで腰を痛めスピードダウン。皇帝も38歳か。でも「人は熱中しすぎると失敗することもある」というコメント。走りへの情熱がさめることはなさそうだ。

前半、外国人選手のハイペースに積極的についていった藤原正和選手(ホンダ)は2年前の再現ならず完敗。でも6分台目指しての挑戦ができ悔いはなさそう。

五輪確定のため挑んだ川内選手も20キロ過ぎから後退し、得意の粘りも発揮できず沈む。スペシャルドリンク取りそこね!? ゼッケン11なのでドリンクステーションは1番始めか。目印の埼玉マスコット「コバトン」が見えなかった? レース中は頭が真っ白だから、よほど気持ちに余裕を持っていないと落とし穴にはまる。

思うに連日の報道陣の取材攻勢やなんかで精神的に余裕が無かったのでは。そりゃ、これだけ注目されれば普通でいられるほうが不思議。それでも若さで吹き飛ばしてい行くしかない。

Tkm12_lp

藤原新選手。いいペースで走っています。テレビを見ていても川内選手と違って余裕たっぷり。そして30キロから35キロはトップのラップを刻む強さを披露。ラスト2.195キロも一番速かったので35キロからの落ち込みがなければ6分台に届いていたはず。

30歳とマラソン選手としては頂点をうかがう円熟期。ロンドンでも余裕の走りと笑顔のフィニッシュでメダルを見たい。

Fa

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

上原美幸が駆ける福岡クロカン ジュニア女子6km優勝

今日25日(土)の第26回福岡国際クロスカントリーはテレビで観戦。ジュニア女子6kmで千葉クロカン3位の鹿児島女子高1年の上原美幸選手が優勝。GG注目の選手なので応援はしていましたがここまで強いとは驚きです。解説の増田明美さんもべたほめでしたね。まさに「新星現る」。

ジュニア女子6km
① 20:45 上原 美幸 (鹿児島女1鹿児島)   
② 20:54 矢野 栞理 (北九州市立2福岡)   
③ 20:58 秋山 桃子 (白鵬女2神奈川)   
④ 20:59 前川 祐紀 (鳥取中央育英2鳥取)   
⑤ 20:59 青木 奈波 (立命館宇治2京都)   
⑥ 21:01 菅野 七虹 (立命館宇治2京都)   
⑦ 21:04 鈴木 千晴 (山梨学院大附3山梨)   
⑧ 21:15 小林 美香 (須磨学園2兵庫)   
⑨ 21:15 大森 菜月 (大阪薫英女学院2大阪)   
⑩ 21:16 武田 志帆 (常磐2群馬)

ラスト1キロぐらいか並走する矢野栞理選手を突き放すスパート。「先生から声をかけられて最後まで突っ走った」とのコメントでしたね。毎日のクロカンコース練習で鍛えたばねのある見事な走りでした。

Fkccjw50

これで千葉と福岡の2レースで選考されるアジアクロカン(3月24日、中国・清鎮)の日本代表は間違いないでしょう。

Ccjw2012

風のように駆ける上原美幸選手
Um 

距離は同じでもコースが多少違うので単純に比較できないが、シニア女子6kmの記録は

① 20:18 新谷 仁美 (佐倉アスリート倶楽部・千葉)   
② 20:38 G・M・KIMANZI  (スターツ・千葉)   
③ 20:49 絹川 愛 (ミズノ・東京)   
④ 20:56 鈴木 亜由子 (名古屋大学・愛知)   
⑤ 21:09 田中 幸 (スポーツ山形21・山形)   
⑥ 21:12 田中 華絵 (立命館大学・福岡)   
⑦ 21:19 中島 いづみ (ダイハツ・大阪)   
⑧ 21:21 正井 裕子 (日本ケミコン・宮城) 

上原選手は20分45秒。シニアの部はビッグ・パワーヒルを2回余分に回るが、それを考慮に入れても相当に戦えるのでは。

今後の活躍に目が離せないですね。

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

別府大分マラソン 松村康平(三菱重工長崎)日本人トップ

先々週になりますが2月5日(日)は別府大分マラソンでした。上位3人が外国人ということでもう一つ盛り上げに欠ける大会だったかな。その中での注目はタレントの猫ひろし選手。カンボジア国籍を手に入れてオリンピックを目指す異色のランナーですね。

目標の2時間30分は無理なんでは、と思ってテレビをみていたが、イヤー凄いね。脚が良く上がって力強い。こりゃ30分突破もいくのでは。

テレビは最後まで映らなかったが結果は2時間30分26秒。五輪当確か。

・・・とは簡単に行かないらしい。オリンピック出場には標準記録をマークすることが条件。ただし、全種目で標準記録に達する選手がいなければ特例枠として男女各1名がいずれかの種目に出場できる。カンボジアは前回の北京ではマラソンに代表を送り出した。ヘム・ブンティン選手。彼の自己ベストは2時間25分20秒。カンボジア五輪委員会はこの25分が選考基準と言っているようですね。当初はブンティン選手の昨シーズンのベスト2時間31分58秒だったようだが。

いろいろ国内事情もあるでしょう。一人しかでられない特例枠を日本人に持って行かれたくない思いもあるかも。まあ、経過を見守るしかありませんね。

で、大会の結果は
① 2:09:38 アルソ・ジョロゲ (小森コーポレーション)   
-----------------------------------------------
④ 2:11:18 松村 康平 (三菱重工長崎) 初マラソン   
⑤ 2:11:52 森脇 佑紀 (JFEスチール)    自己ベスト
⑦ 2:12:25 門田 浩樹 (カネボウ)  初マラソン

一般参加の松村選手が日本人トップ。清風高校(大阪)⇒山梨学院大学⇒三菱重工長崎の25歳。ニューイヤー駅伝は4区最長区間22.3kmをここ3年づーと走ってます。
2012年 区間⑬1.04.37 チーム⑯位
2011年 区間⑱1.05.24 チーム26位
2010年 区間26) 1.05.34 チームは29位
まさにエース。区間記録も毎年向上し、チームの総合順位も上昇。

森脇選手27歳、門田選手26歳とともに今後の日本マラソン界の中核となっていってほしいですね。

Bp12_lap
30kmまでは15分20秒前後の良いペースで来た。(フィニッシュタイム2時間9分20秒ペース) ここからどこまで持ちこたえられるか。優勝したジョロゲはペースを維持。日本人選手は35キロから40キロと1分ほど落ち込み16分30秒ペース。オーストラリアのジェフリー・ハント選手はいつものスタートからマイペースの走り。しかし前年のような目を見張る上位食い込みまでは行かず。猫選手も自分のリズムにうまく乗ってる感じですね。

Bp12_tsa
25キロで涌井選手が落ち、30キロでは門田選手が脱落、35キロからはジョロゲ選手が飛び出た、というより他の全選手が振り落とされた格好ですね。

マラソンレースには中間点があり2倍するとゴールタイムなので打って付けのポイント。ここの途中タイムで前半、後半の比較ができる。上位50位までの選手のタイム比較図が下記。
Bp12_haf
なんか面白いグラフでしょう。まあ当然、前半のほうが速いわけですが、中には後半の速かった選手もいます。

29位 竹中泰知(三重マスターズ) 2.25.56 後半26秒速い
46位 片山純  (旭川走友会)   2:29:42 後半16秒速い
48位 森川友道(大阪馳走くらぶ) 2:29:59 後半43秒速い
後半速いというより、ほぼ同じペースということかな。

上位陣では優勝したジョロゲ選手が前後半ほぼ同じ。猫選手もですね。

30位ぐらいまでに入る選手は中盤までは先頭集団に付くが、30位以降は自分のペースでイーブンで行くというように層別できています。

後半、ガタ落ちした選手は
31位 サムソン・ラマダニ(タンザニア) 2.26.21 後半16分23秒落ち
積極果敢に攻め込んでいったんでしょうね。後半も持つようになれば強くなりそう。

日本人選手では
25位 野口憲司(四国電力) 2.21.35 後半落ち込み11分47秒
中間点1時間04分54秒。36歳のベテランですが凄い闘魂を感じます。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


冷え込んできたな~と思えば外は雪です。まだまだ春は遠そう。

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

千葉クロカン ジュニア女子3位 上原美幸(鹿児島女1)

昨日、第47回千葉国際クロスカントリー大会が行われた。去年はたしかテレビ放送があったが今年は無いようだ。日本陸連のWebサイトで結果をみる。

ジュニア女子5km
① 16:45 安藤 友香 (豊川3愛知)   
② 16:49 荘司 麻衣 (人間環境大岡崎学園3愛知)   
③ 16:49 上原 美幸 (鹿児島女1鹿児島)   
④ 16:50 青木 奈波 (立命館宇治2京都)   
⑤ 16:51 菅 華都紀 (興譲館3岡山)   
⑥ 16:55 鈴木 千晴 (山梨学院大附3山梨)   
⑦ 16:56 木村 友香 (筑紫女学園2福岡)   
⑧ 16:57 小林 美香 (須磨学園2兵庫)   
⑨ 17:01 菅野 七虹 (立命館宇治2京都)   
⑩ 17:02 大森 菜月 (大阪薫英女学院2大阪)

369名完走。上位50位までのタイムを下記グラフで記載。 

Chibacc

3位に入った上原美幸選手は高校1年。強豪トップ選手相手に堂々たるものです。

上原選手の全国大会での成績

北上インターハイ(2011.8)
1500m予選 4組⑧4:33.55
3000m予選 3組①9:24.45
3000m決勝 ⑨9:23.58

山口国体(2011.10)
少年女子B1500m
予選2組④4:30.48
決勝⑪4:31.01

全国女子駅伝(2012.1)
鹿児島チーム1区23位 19:49

1月の全国女子駅伝では中盤まで先頭集団にあって、実業団や大学の選手に混じって健闘している姿がテレビに写っていましたね。

鹿児島といえば神村学園。しかし神村の精鋭選手でも上原選手は手強そう。最近の大会を鹿児島陸協のWebサイトで拝見。

九州高校新人(2011.10)
3000m決勝
①上原美幸(鹿児島女1鹿児島) 9:26.52
②由水沙季(筑紫女学園1福岡) 9:26.54
③上杉円香(日本文理大1大分) 8:28.34
1500m決勝
①上杉円香(日本文理大1大分) 4:29.56
②上原美幸(鹿児島女1鹿児島) 4:29.77
③金平裕希(北九州市立1福岡) 4:30.13

鹿児島レディース陸上 5km(2011.11)
①上原美幸(鹿児島女) 16:08.1 大会新
②安富美希(神村学園) 16:10.0 大会新
③中村尚香(神村学園) 16:12.0

鹿児島県高校新人駅伝(2012.1) 
1区 4km
①上原美幸(鹿児島女) 11:40
②中原海鈴(神村学園) 12:47
③有水佳乃子(鳳凰) 13:26

さて2月25日(土)は福岡クロカン。TBS系でテレビ放送もあるようだ。福岡でも上位に入るとアジアクロカンの日本代表選考対象となる。上原選手、福岡も頑張ってくださいね。

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

大和郡山市民マラソン

奈良の大和郡山市総合公園で行われた第40回大和郡山市民マラソンの5キロの部に出場。参加料が無料のうえゴール後はトン汁サービスもあり。ただし、コースはアップダウンが非常に激しい。10年前に1度走ったことがあるがその日は凍りつくほど寒かった。45歳以上の部で7位。記録は残っていない。

10年ぶりの大和郡山はいい天気で寒さも厳しくない。5キロは6部門が同時にスタート。200人ほどだから押し合うこともない。グランドを出ると田園コース。1キロほどから上がりが続く。小高い山を登るような感じ。上り詰めると後は下り坂。中学生や高校生について行って何とか走りきった。

60歳以上男子5km
①21:10 GG ②23:18 ③24:12

中学生男子5km
①17:11 ②18:23 ③18:36

39歳以下男子5km
①17:33 ②17:45 ③17:46

40歳~59歳男子5km
①19:26 ②19:59 ③20:17

39歳以下女子5km
①17:49 ②18:23 ③18:29

40歳以上女子5km
①23:52 ②24:18 ③25:02

Yk03_01
中学生女子3km

Yk10_01
10km

Yk_gg
GG

| | コメント (0)

2012年2月 7日 (火)

丸亀ハーフマラソン

今日はロンドン五輪を目指す市民ランナー川内優輝選手の自己ベスト更新の活躍で話題となった5日の第66回香川丸亀国際ハーフマラソン大会について。

男子(優勝者および日本人3位まで)
① 1:00:02 キソリオ (ケニア)   
--------------------------------------
⑤ 1:01:31 高林 祐介 (トヨタ自動車・愛知)   
⑥ 1:01:34 藤原 新 (東京陸協・東京)   
⑦ 1:01:38 窪田 忍 (駒澤大・福井) 
3選手とも自己ベスト更新

24位までが1時間2分を切る高速レース。風がなく豪華な招待選手でスピードアップしたのでしょうか。今年はオリンピックイヤーだし、東京マラソンの前哨戦でもあるか。

Mkhm2012

ハーフ世界歴代3位(58'46")のキソリオ選手が余裕の独走V

2位から4位も実業団や大学に在籍する外国人選手
ダニエル(富士通)、ジャコブ(愛知製鋼)、ベンジャミン(日大)

日本人トップは高林祐介選手(24歳)
三重上野工高⇒駒沢大⇒トヨタ
従来の自己ベスト1゜01'54"を23秒更新。日本歴代12位。
ニューイヤ駅伝アンカー区間賞
今年は10000mで五輪に挑戦か。
10000mロンドン五輪 A標準=27分45秒00(期間2011.1.1~2012.7.8)
高林選手2011年シーズンは28.24.59
現在のA標準突破者
・宇賀地 強(コニカミノルタ) 27.40.69
・宮脇 千博(トヨタ自動車) 27.41.57
・鎧坂 哲哉(明大) 27.44.30

藤原新選手(30歳)はプロランナー
長崎県諫早高⇒拓大⇒JR東日本⇒フリーとなって競技に専念
2008東京マラソン②位2.08.40がマラソン自己ベスト
2009年ベルリン世界陸上マラソンは後半失速し61位
2010年3月、憧れのフリー選手となり、同年5月、オタワでマラソン初優勝
2月26日の東京マラソンで五輪挑戦

駒大のエース窪田忍選手(20歳)
福井県鯖江高⇒駒大2年
今年の箱根駅伝では9区で駒大唯一の区間賞
従来のハーフ自己記録1.04.46を3分08秒の大幅更新。
このタイムは日本人学生歴代2位。

・‥……☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

女子(優勝者および日本人3位まで)
① 1:08:48 ゲラナ (エチオピア)   
② 1:10:32 永尾  薫 (ユニバーサル・千葉)   
③ 1:10:34 野村 沙世 (名城大・岐阜)   
④ 1:10:37 堀江 美里 (ノーリツ・兵庫)

女子の方は10分を突破する日本人選手は出なかったが上位3選手は自己ベストを更新。

Mkhw2012

永尾薫選手(22歳)名古屋で五輪再チャレンジ
千葉・市立船橋高⇒ユニバーサルエンターテイメント
昨年11月の横浜では2大会連続4位に終わる
今回のハーフは13秒自己ベスト更新
この勢いで強豪ぞろいの名古屋に挑む

野村沙世選手(22歳)は第一生命へ
益田清風高⇒名城大4年
2011年8月ユニバーシアードハーフマラソン銅メダル
2011年10月全日本大学女子駅伝3区②
2011年12月山陽ロード10km④ 33.06
2012年1月全国女子駅伝1区③
名城大卒業後は実業団の第一生命でさらに上を目指す

堀江美里選手(24歳)
兵庫県星陵高⇒武庫川女子大⇒ノーリツ
2011年7月アジア選手権3000m障害④10.23.87
昨年丸亀ハーフ⑧1.12.16を1分39秒更新
10000mベストは2011年6月のホクレンDC深川大会⑦32.44.00
初マラソンはいつでしょう。3月の名古屋かな?

・‥……☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

GGのハーフマラソンは45歳以降に3回だけ。

第3回oh!湖(おうみ)草津マラソン

1194.11.23
滋賀県草津市矢橋帰帆島スタート・ゴール
ハーフマラソン男子40歳以上の部
③1.15.55 
(18'00"/5kmペース) 
45歳のときでこれが一番いい記録

Kusatu

なぜか、ど真ん中(№1436)に写っています

2番目の記録は
1995京都シティハーフマラソン
1995.3.17
岡崎公園スタートの国際会館ゴールだったように思う。46歳。

40歳代の部③1.17.22 (18'50"/5kmペース)


このころから身体にガタがきて記録もどんどん落ちていく。

・‥……☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・

昨日ちょっときつく走ったら今日は風邪ぎみ。もう冬眠したほうがいいようです。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

ロンドン五輪女子マラソン代表

大阪が終わり残す選考会は3月11日(日)の名古屋だけとなった。テグ世界陸上5位で日本人トップの赤羽有紀子(ホクレン)選手が名古屋出場を決めたので選考もすっきりするだろう。

代表3人のうち1人は
重友梨佐(天満屋) 大阪①2:23:23
で当確。

2人目は
名古屋の①位(記録 2:25:00以内)
有力選手が大挙出場のためいい記録が出るでしょう。

3人目
木﨑良子(ダイハツ) 横浜①2:26:32
名古屋②位(記録 2:24:00以内)
の比較

となるのでは。

名古屋を走る選手は
野口みずき(シスメックス)33歳 2:19:12(2005年)
渋井陽子(三井住友海上)32歳 2:19:41(2004年)
土佐礼子(三井住友海上)35歳 2:22:46(2002年)
尾崎好美(第一生命)   30歳 2:23:30(2008年)
赤羽有紀子(ホクレン)  32歳 2:24:08(2011年)
加納由理(資生堂)    33歳 2:24:27(2008年)
中里麗美(ダイハツ)   23歳 2:24:29(2011年)
藤永佳子(資生堂」)   30歳 2:25:40(2011年)
中村友梨香(天満屋)   25歳 2:25:51(2008年)
伊藤 舞 (大塚製薬)  27歳 2:26:55(2011年)
など世界陸上や五輪を経験した錚錚たる顔ぶれとなる。

なかでも双璧はやはり野口選手と赤羽選手でしょう。

竜虎対決の前哨戦は昨年12月の第30回山陽女子ロードレースのハーフ。

山陽女子ロード(2011.12.23)ハーフマラソン
① 1:09:16 赤羽 有紀子 (ホクレン・北海道) 16'25"   
② 1:09:23 宮内 洋子 (京セラ・京都)    16'27"
③ 1:09:58 チェピエゴ (九電工・福岡)   
④ 1:10:03 伊藤  舞 (大塚製薬・徳島) 16'36"
⑤ 1:10:48 野口 みずき (シスメックス・京都) 16'47"   
⑥ 1:11:40 渡邊 裕子 (エディオン・広島)   
⑦ 1:12:01 坂本 直子 (天満屋・岡山)   
⑧ 1:12:19 樋口 紀子 (ワコール・京都)   
⑨ 1:12:34 堀江 美里 (ノーリツ・兵庫)   
⑩ 1:12:51 城戸 智恵子 (キヤノンAC九州・大分)
末尾のタイムは5kmペース換算 

赤羽選手が大会新で初優勝を飾り野口選手に圧勝した。さて本番のマラソンはいかに。あと1月あまり、男子マラソンも合わせ五輪代表争いには目が離せないですね。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

凍えるように寒い毎日ですが、今日も鴨川下流3.5kmコース走
7'33" - 7'20" 14'53"(4'15"/km)

| | コメント (0)

2012年2月 1日 (水)

大阪実業団駅伝(1月15日)

今日の練習はかも川下流、勧進橋~水鶏橋~勧進橋折り返し3.5kmコース。折り返し点では河川敷から土手に上がる坂を上り下りする。

7' 21" - 7' 31"  14' 52" (4' 15"/km)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

1月15日(日)に走った第65回大阪実業団駅伝の記録整理。

Osje11_1
第2競技場が改修中のためか今年はメインスタジアムが会場となった。10:00に1部と2部合わせて168チームがスタート。

Osje11_2
1区は長居公園周回コース1周-トラック1周-公園周回1周-トラックで中継となる。中間のトラックでの先頭集団。

Osje11_3
わがチームの1区。

GGの記録は距離3.3km区間で13分15秒(4' 01"/km)
次から次と数え切れないほど抜かれた。(ごぼう抜かれ)

ここ5年の成績(区間距離は全て3.3km)
2008年58歳 13' 00" (3' 56"/km)
2009年59歳 13' 10" (3' 59"/km) 前年比 1.3%ダウン
2010年60歳 12' 00" (3' 38"/km) 前年比 9.7%アップ
2011年61歳 12' 52" (3' 54"/km) 前年比 6.7%ダウン
2012年62歳 13' 15" (4' 01"/km) 前年比 2.9%ダウン

2年前の12分ジャストは何だったのか。そうだ無茶苦茶追い込んで走ったなあ。途中で死にそうになった。

この駅伝はほぼ毎年出ているので、もう30回くらいは走ったかな。昔の記録も整理してみよう。







| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »