« 日本選手権2日目 男子10000m | トップページ | インターハイ近畿大会迫る »

2012年6月11日 (月)

日本選手権3日目 女子5000m

今日オリンピック代表選手の発表があった。中長距離では下記の5名。男子10000mからはB標準だが日本選手権優勝の佐藤選手が選ばれた。

<男子>
横田 真人(富士通)
佐藤 悠基(日清食品)
<女子>
吉川 美香(パナソニック)
新谷 仁美(ユニバーサル)
福士加代子(ワコール)

その日本選手権最終日は昨日の日曜日。蒸し暑くもなく、いい天気になった。ただし、いい風は吹かなかったようだ。

女子5000m決勝(17:05開始)

W5k_020
20名の選手が五輪切符獲得を目指しスタート

W5k_100
1000mは3分06秒とA標準ペースより2秒遅れで通過

W5k_180
1800mを過ぎたあたり。先頭は3人。福士、吉川、新谷。

W5k_300
3000mは9分11秒でA標準ペースを1秒上回った。

W5k_340
新谷選手、快調に飛ばす

W5k_460
あと1周。独走でゴールを目指す

W5k_fin_2
やったー。

途中、福士選手がハッパをかけて新谷選手を励ましたとか。序盤から中盤で中だるみになりそうなレースを果敢に引っ張りもした。10000mでもみせたリーダーシップ。こういう人は貴重な存在だ。男子でも福士選手のようなチームを越えて引っ張っていくベテラン選手がほしいなあ。

W5000f

W5000fg

Om
自己ベストで3位に入った尾西美咲(積水化学)


|

« 日本選手権2日目 男子10000m | トップページ | インターハイ近畿大会迫る »

日本選手権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本選手権2日目 男子10000m | トップページ | インターハイ近畿大会迫る »