« インターハイ近畿大会迫る | トップページ | 日本選手権写真集 »

2012年6月13日 (水)

西京極練習 800 1500 3000

体調も戻ってきたので今日は西京極へ。

和田さん、八田さん、細川さん、芝田さん、柴田さん、高橋さん、杉山さんたちの常連さんが和気あいあい、かつ真剣に練習されておりました。それに明日からのインターハイ近畿大会に出場する大阪の高校生がハードルのトレーニング。

本日の練習メニュー
800m   3’03” (1' 31"/ 3' 49")
目標タイム3分。ちょっときつい。

1500m  6’02” (1' 36" / 4' 01")
1000m4分ペースで。ちょっときつい。

3000m 13’06” (1' 45" / 4' 22")
400m 1分50秒ペースで始め、徐々にアップ。ちょっときつい。

( )内は400m/1000m換算タイム。間は15分程度の休憩。

練習はちょっときつい程度がちょうどいい。

0613

ちょっときついペースというのは、呼吸でいうと「はあはあ」と息苦しくなる手前。有酸素運動から無酸素運動の境目。これを乳酸閾値(LT)という。このペースがフルマラソンの最高タイムとなる。

LTペースは1500mや3000m、5000mのベストタイムでわかる。先日の大阪マスターズ選手権3000mの記録11分41秒を適用すると、VDOT=49。
(VDOTはジャック・ダニエル氏が提唱する最大酸素摂取量の指標)

VDOT49のLTペースは4分20秒。このペースでの持続走(3000m~10km)の練習がLTの向上になり記録もよくなる(GGサンの場合は記録が落ちなくなる)。

よって、ちょっときついペース 1000m 4分20秒(400m 1分44秒)がGGサンの練習スピードだ。

このペースで楽に走れるようになれば⇒体調がいい or 強くなった
このペースで非常にきついようなら⇒体調不良 or 弱くなった

と判断できる・・・かな。


<参考サイト>
最近の記録から算出するVDOT
http://jog.koya502.com/training/vdot1
現状のVDOTによるトレーニング強度
http://jog.koya502.com/training/vdot2

|

« インターハイ近畿大会迫る | トップページ | 日本選手権写真集 »

GGの練習」カテゴリの記事

コメント

乳酸閾値LTとかVDOTとか初めて知りました。さっそく練習のペース設定に取り入れさせていただきます。GGさんは2年前の近畿マスターズの800mの記録を年齢係数で標準化(WMAのエイジグレード)されていたのですが、このレースが私のマスターズの初陣(2'38"84)でギ゙リギリ20位にランクインしていました。7才年上のGGさんにはNET記録でも負けていました。エイジグレードという指標をこの時初めて知り、以降この指標を向上させることを目標にしています。昨年の近畿マスターズでGGさんが悠々とゴールしている写真に無茶苦茶頑張った選手として写っていますが、このレースでは2'22"56まで記録を伸ばし、全日本での優勝(2'20"08)に繋がりました。GGさんのブログは内容豊富で興味深く拝見させていただいています。今後もよろしくお願い致します。

投稿: M55兵庫(28-1189) | 2012年6月16日 (土) 19時57分

M55兵庫(28-1189) さん、コメントありがとうございます。

昨年の全日本マスターズ選手権(和歌山・紀三井寺)の結果を見ました。
すごい、800m全国制覇ですね。
それに1500m、5000mが4位。

今年も活躍されてますね。
5月の大阪マスターズ選手権、4分台で1500m優勝
そして400mにも挑戦ですか。

とてもじゃないですが、
もうGGサンが追いつけるレベルじゃないですよ。

今後もマスターズの話題を載せていきますので
こちらこそよろしくお願い致します。

コメントもまたお願いしますね。

投稿: GG | 2012年6月17日 (日) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インターハイ近畿大会迫る | トップページ | 日本選手権写真集 »