« 新潟インターハイ(1日目) 激戦の女子1500m予選 | トップページ | 新潟IH(3日目)女子800m予選、準決 »

2012年7月30日 (月)

新潟IH(2日目)女子1500m決勝 由水選手高校歴代2位

あまりに暑いので練習は涼しい朝夕に分割。

朝7:30 鴨川上流1時間ジョグ。土手の木立が日陰になり直射日光を遮ってくれる。
夕5:30 鴨川下流1時間ランニング。土手やマンションが日陰となる。いい風が吹いて涼しい。

朝は息が苦しくてまったく走れず。でも夕方は少しましになった。やっぱり朝夕2回走るのがいいのかな。

そういえば電車通勤の時は通勤ランをやっていた。着替えの入ったリュックを背負い電車を途中で降りて会社まで走っていく。会社の風呂に入ったあと仕事。仕事が終われば会社から途中の駅まで走って電車に乗り帰宅。これがGGサンの練習。

クルマ通勤になってからは朝早く出勤して近くの公園などを走る。夕方は走ってからクルマで帰る、あるいは帰宅途中にクルマを止めて走る、あるいは帰宅してから走る。いろいろ。

大阪市内勤務の時は朝早く出勤して大阪城周辺で走っていた。まあ、よく走った。これで仕事がよくできたものだと我ながら感心してしまう。普通に毎日残業2時間とか3時間していたんだからなあ。

仕事をリタイアして体力が残っていないのも当然かもしれない。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さてインターハイ注目は女子1500m決勝。優勝はケニア留学生に持っていかれたが、由水選手が高校歴代2位、武田選手が高校歴代4位の記録でメダル獲得。近畿の中田選手は7位、林田選手は8位に入賞した。

高校歴代記録に下記の高体連非登録選手を入れると由水選手の記録は歴代3位となる。
・4:14.69 市川良子(洗足学大附・神奈川) 1993/09/18
 事情はよくわかりません。また調べておこう。

W1500ft

W1500fg
今季ベスト、予選、決勝と記録を並べてみると、
・ワイディラ選手がもっとも余力を残して決勝に臨み優勝した
・由水、武田の2、3位選手も予選で力を溜めながら決勝で爆発させた
・5位の秋山選手、6位の上原選手は予選で引き出した力を決勝でもみせた
・入賞は逃したが9位の廣瀬選手も予選、決勝とポテンシャルを上げた
・近畿の中田、林田選手。安定した力と勝負強さ
・12位以下の選手は予選で持てる力を使い切った感があるが高いレベルに到達した経験は今後に活きるのでは
等々が読み取れる。

次のレース
800m・・・由水沙季、中田美保
3000m・・・上原美幸、廣瀬亜美、林田みさき、ワイディラ、ワンジル

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

|

« 新潟インターハイ(1日目) 激戦の女子1500m予選 | トップページ | 新潟IH(3日目)女子800m予選、準決 »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟インターハイ(1日目) 激戦の女子1500m予選 | トップページ | 新潟IH(3日目)女子800m予選、準決 »