« 札幌国際ハーフ | トップページ | 近畿マスターズ選手権の大会記録 »

2012年7月 4日 (水)

西京極練習:2000m×3, 300m×5 他

昨日は朝から晩まで雨。だから西京極練習は今日になった。マスターズの皆さんも顔をそろえていた。

カンカン照りの中、まずはゆっくり2000m走でアップ。1000m5分ペースだ。実際は9分52秒(4'54"- 4'59")。

お次は300m×5本のインターバル。リカバリーは100mとしよう。

近畿マスターズの1500mレースを想定して目標タイムを5分30秒とし、5分割の300mは1分06秒。これが設定タイム。

300m設定タイムは1500m目標タイムの5分の1。だから目標タイムが5分ならちょうど1分となる。このペースで300m×5本のインターバルを3セットぐらいできないと試合で目標タイムは出せない。
※今月号「月刊陸上」のトップ選手に学ぼう!徳本一善(男子長距離)を読んで思ったこと


実際やってみて1分06秒は無理だった。1分10秒がやっと。
1'10"- 1'11"- 1'08"- 1'10"- 1'09"

このあと、短距離陣の皆さんと100m全力走。GGサンは体が浮いてしまって前へ進まない。短距離の才なし。

次に2000mLTペース走(1000m 4'20")は
8分29秒(4'18"- 4'11")ですこし速かった。

このあとまた短距離陣と200m全力走。W55クラス400m日本記録ホルダーのAさんはさすがに速い。まったくついて行けず。

最後はゆっくり2000m走のダウン(1000m5分ペース)は
9分39秒(5'02"- 4'37")。

今日は蒸し暑い日だったが走っている時の爽やかなこと。ゆっくりペースで楽に走っているときの気持ちいい風。生きているんだなあ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

長いブランクのあったTさんも西京極での練習に励んでおられる。調子も上がっていそう。全盛期とはくらべものにならないそうですが近畿マスターズの800mが楽しみ。

そのTさんにちょっと気になっていたことがあったので聞いてみた。先月初めのインターハイ京都大会。プログラムに歴代優勝者のページがあるが、女子800mのところで
第19回 2' 27"3 小林美津子 光華
という記載があった。

19回というと今年が65回だから46年前の1966年。GGサンは高校三年生。TさんとGGサンは同じ年代だからTさんも高3。学校は光華と言っておられたので、プログラムを見たとき、これってTさん?と思ったわけだ。

それで今日、聞いてみた。「ひよっとして旧姓は小林さん?」

やはりそうだった。京都で1位、近畿大会でも1位。しかしインターハイは準決勝で敗れた。貧血に気付くのが遅かったそうだ。


マスターズ日本記録を持つさんやさん、さんと練習できるのはいい刺激になりますね。
 

|

« 札幌国際ハーフ | トップページ | 近畿マスターズ選手権の大会記録 »

GGの練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌国際ハーフ | トップページ | 近畿マスターズ選手権の大会記録 »