« 京都選手権最終日 | トップページ | 西京極練習&市民総体陸上申込 »

2012年7月16日 (月)

つま先走り、他

無茶苦茶暑いぞ。梅雨明けか? まだ?

今日は森歩きと石段トレーニング。

。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。

世界ジュニアの女子1500m決勝で
⑭ 由水沙季(筑紫女学園2) 4:16.84 (PB)
高校歴代5位

由水選手は新潟インターハイで800mと1500mに出場。1500mでは仙台育英のワイディラ、青森山田のワンジルの両留学生選手を相手に頂点を目指す。

この留学生2選手は3000mでは同じく世界ジュニアで3000m⑧位の上原美幸(鹿児島女子2)と戦う。

上原&由水 VS ワイディラ&ワンジル 

。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。

NHKテレビで「持久力の限界に挑む」を見る。マラソンで2時間4分を切ったケニアやエチオピアのマラソン最強軍団の秘密を解き明かす番組だ。

高地で子供の頃から裸足で走っている彼らの強さの一つは、つま先から着地する省エネ走法にあるようだ。日本人にもマネができるか? つま先走法でそれに最適の筋肉ができあがっている彼らと同じにはいかないだろう。 明日、早速ためしてみよう。

ロンドン五輪が近づいてきたのでテレビや新聞などもオリンピック特集が目白押し。いいね。陸上も取り上げられるがマラソンと短距離が多い。やりとハンマーもあるかな。それに較べて中長距離は少ない。

。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。

GGサンも過去のオリンピックの中長距離・マラソンついて調べよう。ほとんどがネットの Wikipediaからの参照だけど。

Olym1964

東京オリンピック、48年前、15歳、高校1年生。当時、陸上代表選手で名前を知っていた人は、多分、円谷幸吉、寺沢徹、君原健二のマラソントリオ。寺沢選手は世界最高記録とかで新聞にデカデカと載っていた。あとは、短距離の飯島秀雄と女子ハードルの依田郁子ぐらいでしょうか。

上の表をみると東急電鉄の選手が多い。日本人初の8mジャンパー山田宏臣などのフィールド選手も含め代表は9名となっている。リッカーも陸上の名門実業団。総勢10名の選手を代表に輩出した。リッカーと言っても若い人は知らないでしょうね。日本一のミシンの会社。倒産して消滅。こうしてみると、今でも実業団として残っているのは(自衛隊は別にして)旭化成、九電工ぐらいかな。

日本の大企業の変遷をこういうことでも見ることができる。

(今日はこれまで、また調べて記事追加したい)

|

« 京都選手権最終日 | トップページ | 西京極練習&市民総体陸上申込 »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都選手権最終日 | トップページ | 西京極練習&市民総体陸上申込 »