« ホクレンDC北見、網走大会 | トップページ | 甲賀市陸上競技場(水口スポーツの森) »

2012年7月 8日 (日)

西日本インカレ最終日

西京極で6日(金)から始まった西日本インカレは今日が最終日。800と5000観戦。

女子800m決勝

1年の竹内麻里子(中京大)が東大阪大の3選手相手にどこまで戦えるか?と思って見ていた。競技開始、場内アナウンスの選手紹介が始まる。5レーン、竹内さん。6レーン、新宮さん。

このアナウンスだが、男性のなんか間延びした声で、選手の動作もちぐはぐな感じ。

スタート。第2コーナ、バックストレートのオープンコースから新宮美歩(東大阪大3)がぐいぐい前へ出る。後続は同じ東大阪大の高橋満里(2年)と横瀬彩也香(3年)。

Smiho

400ラップは新宮選手が59秒9で他の選手を圧倒。竹内選手は最後尾。2周目は独走のためか新宮選手のスピードも落ちる。競う相手がほしいなあ。

W800f

チームメイトの高橋、横瀬両選手が追い上げるも勝負にはならず。竹内選手も5番手まで上がるのがやっと。新宮選手の強さだけが光ったレースとなった。

① 2:08.87 新宮 美歩 (東大阪大3)   
② 2:09.43 高橋 満里 (東大阪大2)   
③ 2:10.52 横瀬 彩也香 (東大阪大3) 

400mと1600mリレーも兼ねた大会なので記録を求めるのも酷か。まあ、勝つことが第一でしょう。その通り3種目優勝の新宮選手。

決勝で申込記録を更新した選手は
②高橋 満里 (東大阪大2) 2:09.54 ⇒ 2:09.43
④森本 友紀子(園田学園女子大2) 2:11.91 ⇒ 2:11.81
⑥岩橋 優(京都大4) 2:15.31 ⇒ 2:12.84

岩橋選手が大健闘。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

男子800m決勝

日本選手権800m⑧位、1500m⑦位の今崎俊樹(立命館大4)が断然強そうだ。準決勝では後方から追い上げるレースをみせたが決勝では200m地点から集団のトップに立った。

M800f01

今崎選手の背後に着くのは亀坂晃司(大阪市立大4)、田中智則(近畿大1)。選手はかたまりで400mを通過。56秒7。

M800f

今崎選手を先頭に残り400m。バックストレートでは後方から岡本渉(和歌山大4)がスパート。残り200mで4番手まで上がると最終カーブで外側からグワーっと先頭の今崎選手に並ぶ。強引というか力づく。最後の勝負はコーナ出口からの直線だ。今崎選手が全速力で逃げると4番手の田中選手が猛然と追い込むスリリングな展開。

① 1:52.03 今崎 俊樹 (立命館大4)   
② 1:52.29 田中 智則 (近畿大1)   
③ 1:52.34 亀坂 晃司 (大阪市立大4)

ゴール後、今崎選手が足をかばい倒れこむ。左足首の故障か。しばらくしてからの表彰式には特に異常がなさそうだったので大丈夫そう。 

決勝で申込記録を更新したのは③位の亀坂選手のみ(1:52.73)。

あとでわかったが6位に京都大1年の櫻井大介が入っている。西京高で全国インターハイに出場、800m京都高校記録(1' 51"35)保持者でもある。高校では坊主頭にメガネという印象だったので気がつかなかった。

新宮選手と今崎選手、次の目標は日本インカレ(9/9~12 国立)。

|

« ホクレンDC北見、網走大会 | トップページ | 甲賀市陸上競技場(水口スポーツの森) »

学生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホクレンDC北見、網走大会 | トップページ | 甲賀市陸上競技場(水口スポーツの森) »