« 新潟IH(3日目)女子800m予選、準決 | トップページ | 新潟IH(5日目)女子3000m菅野七虹(立命館宇治)5位 »

2012年8月 1日 (水)

新潟IH(4日目)女子800m決勝 平野綾子高校歴代4位

今日も朝夕、鴨川沿いを1時間ほど走る。しかし呼吸が苦しくて歩いたり、走ったりの状態だ。今週末日曜日の京都マスターズ選手権5000m、こんなことで走れるのかどうか。もう明日から3日間は完全休養にしようかな。

:::::☆::::★:::::☆::::★:::::☆::::★

インターハイは4日目。女子800m決勝の結果は
W800ft

W800fg
レース展開は後日YouTubeの動画で見るとして、結果として予選からの各ラウンドで総合1位のタイムで駆け抜けた平野選手の圧勝と言える。決勝記録は高校歴代4位。

<女子800m高校歴代記録>
①2' 04"00 西村 美樹(東京)  2000/08/05
②2' 04"44 久保瑠里子(広島井口) 2006/07/02
③2' 04"82 新井 文子(群馬女子短大附属) 1985/10/23
④2' 05"16 平野 綾子
⑤2' 05"22 真下まなみ(埼玉深谷商)2009/10/03

2011年日本ユースで優勝したときの平野選手の記事があった。横須賀タウンニュース。
http://www.townnews.co.jp/0501/2011/11/04/123756.html

中学時代はバレーボール部に所属。自分の走りの才能にはまったく気づかずにいた。体育の授業で挑んだ1500メートル。走ることの心地よさに惹かれ、高校入学と同時に陸上部へ。秘めた才能を開花させたのが中距離だった。スピードと持久力を高い次元で求められるこの競技は、”あきらめない精神”がタイムを左右する。「負けず嫌いの性格の自分にぴったり」

平野選手の年次ベスト
2010年 高1 2' 13"90
2011年 高2 2' 09"01

同じ神奈川県には今大会2位の福里選手が。お互い切磋琢磨するライバルなんでしょうね。南関東大会の映像があったが、平野選手が最初から飛び出して走るわ走るわ。肉薄する福里選手も徐々に引き離される。まさにチャンピオンの走り。

:::::☆::::★:::::☆::::★:::::☆::::★

女子3000m予選は期待の京都・立命館宇治の菅野七虹が3組2位で決勝に進んだ。

W3000hg
明日の決勝は『二人のケニア留学生vs上原美幸』でしょう。そして菅野選手のメダル獲りと林田選手の8位入賞に期待。

近畿選手の予選結果
<決勝進出>
菅野  七虹(立命館宇治3京都)3組② 9' 20"15
林田みさき(姫路商2兵庫) 3組④ 9' 22"74
<予選敗退>
太田  琴菜(須磨学園2兵庫) 1組⑨ 9' 26"05
松田  瑞生(大阪薫英女学院2大阪) 2組⑧ 9' 36"49
小林  美香(須磨学園3兵庫) 2組⑱ 10' 01"35

宮永 梨紗(須磨学園3兵庫) 欠場

1500mと同じように3000mも須磨学園の3選手が予選で終わった。

:::::☆::::★:::::☆::::★:::::☆::::★

|

« 新潟IH(3日目)女子800m予選、準決 | トップページ | 新潟IH(5日目)女子3000m菅野七虹(立命館宇治)5位 »

インターハイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟IH(3日目)女子800m予選、準決 | トップページ | 新潟IH(5日目)女子3000m菅野七虹(立命館宇治)5位 »