« 新潟IH 近畿選手中長距離種目結果 | トップページ | 粘れなかった日本女子マラソン »

2012年8月 4日 (土)

London五輪 女子10000m新谷選手 自己ベストで9位

朝5時はとても起きられずビデオで観戦。女子10000m決勝。途中4000mまでは日本の3人娘がトップを先導するが後半はケニア、エチオピアの有力選手が前に出てつばぜり合い。先頭集団4人のなかで、まったく息が乱れず平然とした顔で走っていたエチオピアのディババ選手がラスト600mあたりから加速してケニアの2選手を引き離す。ラスト1周は破天荒なスピードで駆け抜けオリンピック2連勝を達成。

日本の3人娘は新谷選手が自己ベストを大幅に更新して9位。福士選手が続く10位、吉川選手は16位だった。入賞2人を期待していたが残念、あと少し。

W10k_jan

福士、吉川両選手の自己ベスト達成度は99.01%.。よく粘った、という評価でいいのでは。

W10000g

自己ベストからみるとディババ選手はまだ余裕がありそう。次の5000mに向け余力を残したレースではなかったか。10000mの走りをみる限り五輪、長距離2冠、2連覇の可能性は高いように思う。

W10k_lap
ラスト1000mを2分45秒。誰もついていけない。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

さて、明日はGGサンは京都マスターズ選手権で5000mに出場。目標タイムは?

20分00秒といいたいところだが、今の体力からして無理。暑さも考えれば21分が妥当かな。

|

« 新潟IH 近畿選手中長距離種目結果 | トップページ | 粘れなかった日本女子マラソン »

オリンピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟IH 近畿選手中長距離種目結果 | トップページ | 粘れなかった日本女子マラソン »