« 練習:鴨川~岡崎~円山公園 | トップページ | 宝ヶ池10周 »

2012年10月 4日 (木)

岐阜国体みどころ(1日目)

明日から岐阜国体の陸上が始まる。中長距離種目の見どころをエントリー記録のランキングをもとに事前チェック。

成年女子5000m 決勝 15:35

ロンドン五輪の5000、10000で自己ベストをマークした新谷仁美がダントツ。現在、日本最強の長距離ランナー。スタートから先頭に立ってぶっちりゴールとなるのでは。
注目はシスメックスの五十嵐藍。2007年に山形城北高校から実業団に入って6年目、まだ全日本クラスでの大会で優勝がない。新谷選手を敗して大金星をあげるか。積水化学の尾西美咲は9月の全日本実業団陸上5000mで2位。日本人トップの自己ベストで勢いに乗る。鈴木亜由子久馬悠の学生陣もトップ集団で勝機をうかがう。今季記録のない地元岐阜の清水裕子も注目だ(記載タイムは昨年度ベスト)。

NHK、Eテレで15:30より放映されるのでレース観戦が楽しめる。新谷選手がどこで飛出し誰がついて行くか。

W5000st


成年男子3000mSC 決勝 16:30

テレビの終わる時間がスタートなので放送には入らない。レースはランキング上位3選手の争いか。

M3000scst


少年男子共通800m
 予選(4-3+4)11:20、 準決勝(2-4)15:15

新潟インターハイで28年ぶりとなる大会新、高校歴代3位の1分48秒62を打ち立てた三武潤が他を圧倒していたが、9/22(土)の日体大記録会で村上昂輝が1分48秒68、そして渡辺崇臣も1分49秒81の自己ベスト更新で三武選手に大接近。3選手の予選、準決の走りっぷりやいかに。

Mj800st_2


少年女子共通800m 予選(2-3+2) 11:50

高見澤選手を除くランキング上位6人は新潟インターハイの決勝メンバーだ。トップの平野綾子が頭一つリードし、7秒台までの4選手が追い上げる。予選通過の残る3人は誰か。

Wj800st


少年女子B1500m 予選(2-4+4) 13:50 

新潟インターハイでただ一人決勝に進んだ1年生、鷲見梓沙がレースの主導権を握りそう。まずは予選通過だが、持ちタイム4分30秒から40秒が密集しているので4着争いは激戦か。
Wjb1500st


少年男子A5000m 予選(2-6+4) 14:25

インターハイ5000mで日本人トップで、ただ一人13分台の記録をもつ平和真が本命。予選通過ラインは14分30秒から40秒。ここも激戦か。

Mja5000st


トラック種目での決勝で短距離についても同様にランキング。

少年女子A100m 決勝 16:05

グラフをみて土井杏南の凄さがわかった。高校生では勝てるわけない。
Wja100st

少年男子A100m 決勝 16:15
Mja100st


GGサンの今日の練習はお休み

|

« 練習:鴨川~岡崎~円山公園 | トップページ | 宝ヶ池10周 »

国内競技会(共通)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練習:鴨川~岡崎~円山公園 | トップページ | 宝ヶ池10周 »