« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

散歩、大覚寺

今日は散歩。場所は嵐山は嵯峨の大覚寺。映画やテレビの時代劇撮影の名所だ。

Daika001

Daika002

Daika003

Daika007

Daika004

Daika006

Daika005

紅葉の道をいざなうかざぐるま

| | コメント (0)

2012年11月24日 (土)

国際千葉駅伝テレビ観戦

昨日の国際千葉駅伝は見ごたえあった。猛者ぞろいのケニア相手にデッドヒートを演じた日本。アンカー新谷で逃げきれるか、と最後までテレビにくぎ付け。10秒差で優勝には届かなかったがよく戦った。

総合
① ケニア 2:05:06   
② 日本 2:05:16   
③ アメリカ 2:06:36   
④ ロシア 2:09:13   
⑤ 日本学生選抜 2:09:31   
⑥ カナダ 2:11:01   
⑦ ニュージーランド 2:11:04   
⑧ 千葉選抜 2:12:12 

区間賞
1区 5km ゼーン・ロバートソン(ニュージーランド) 13:29   
2区 5km グラディス・チェロノ(ケニア) 14:54   
3区 10km ジェーク・ロバートソン(ニュージーランド) 28:40   
4区 5km プリスカ・ジェプトゥ (ケニア) 15:40   
5区 10km ゲーリン・ラップ(アメリカ) 28:20   
6区 7.195km ジョイス・チェプクルイ(ケニア) 22:05 

トップとのタイム差をグラフでみると
Cb12t10g
・ケニアvs日本、3区までいい勝負だったが4区で30秒離された。相手がロンドン五輪マラソン銀メダルのジェプトゥでは致し方ないか。だがその後の5区で上野選手が逆転してアンカー新谷選手につなぐ。しかしケニアのアンカー、チェプクルイが再逆転。ケニアは男子より女子選手が大活躍、3選手とも区間賞で2区、6区は区間新記録をマークした。

・レースの圧巻は5区アメリカのラップ。ロンドン五輪1万mの銀メダリストだ。テレビ解説でまったく踵をつけない「つま先走法」と言っていた。確かにビデオで確認してもつま先走り。それにしても豪快な走り。最後は強烈な追い上げで日本とケニアに肉薄するまで迫った。

・1区の区間トップはニュージーランドのロバートソン。この選手の走りも豪快だ。その上、体のブレが全くない。それに、つま先走りでなく踵から着地。ニュージーランドは2区の女子で8位まで沈没したが3区の男子選手が区間1位。この人もロバートソン。エントリーリストを見るとどちらも1989年11月14日生まれ。ツインズだ。17歳でケニアに渡りチャンピオン目指して練習に明け暮れているとか。

・過去3大会とも3位以内に入っていた学生選抜は後半、トップとの差が拡大し5位から浮上できず。

・レースの分岐点は4区の女子5km。


日本選手の結果(区間成績)

Cb12jpn

TOP差・・・区間1位の記録に対してのタイム差をパーセント表示
4大会順位・・・今回を含む過去4大会での同チームでの順位
これで選手の相対的な貢献度がだいたい分かる。

よく走れた選手
日本・・・大迫、窪田、上野、新谷
学生・・・鈴木、平賀
千葉・・・田中、中村、伊藤


つま先走り

ケニアで言うとロンゴシワ、モシマの男子選手が一目でそれとわかる。ソイはフラットか。女子ではつま先で走る選手はいなかったみたい。

つま先で走り通すには強靭なふくらはぎが必須、そのうえ屈強な太ももの筋肉も。(アメリカのラップ選手が左太ももに大きなサポータをしていたなあ)

日本人選手はどうか。大迫選手はつま先着地ではないが踵着地でもない。足の裏の外側部分から素早く足全体で着地して跳ね上げる。そんな感じだ。

ランニング初心者にこの「足の指の付け根からの着地(フォアフット)」をすすめる先生がおられるが、どんなもんでしょう。

土踏まずのアーチがバネなりクッションになっているので踵から順次、足裏全体で着地し指の付け根で跳ねる。これが脚全体の関節や筋肉への負荷が一番少ないように思う。スピードということではフォアフットに負けるかもしれないが。


| | コメント (3)

2012年11月23日 (金)

国際千葉駅伝

今日は午後1時から国際千葉駅伝のテレビ観戦。みどころは日本トップ選手の走り。それとケニアvs日本の優勝争い。

日本チームの出場選手は

2012ent

過去3年のトップ3

2011年
①ケニア 2:04:40   
②日本 2:04:59   
③日本学生選抜 2:07:26   

2010年    
①日本学生選抜 2:07:52   
②ケニア 2:08:06   
③日本 2:08:12   
   
①日本 2:05:58   
②日本学生選抜 2:07:47   
③ケニア 2:08:34 

過去3年の日本代表と学生選抜の記録
Chiba3y

3ybest

以上の過去3大会の記録と見比べながら今日のテレビを楽しもうかな。

| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

横浜国際女子マラソン

昨日の横浜、注目の3選手は残念ながら不本意な結果となったようです。

日本人選手のみ
②那須川瑞穂(ユニバーサル) 2:26:42 <代表候補>
⑤伊藤舞(大塚製薬)      2:27:06    
⑦藤田真弓(十八銀行)     2:29:02
⑧赤羽有紀子(ホクレン)     2:31:43
⑨早川英里(TOTO)       2:33:21    
⑩宮内宏子(京セラ)       2:33:21
--------------------------------
 
 中里麗美(ダイハツ) 36kmで棄権

日本人トップの那須川選手は選考基準の23分59秒からは2分43秒及ばず。よって代表内定ではなく”候補”に留まった。

優勝したチェロメイ選手に那須川選手、それと伊藤・赤羽選手のラップをみると、

Yoko_lap

15キロ、先頭集団はペースメーカを除くと12名。ぴったりと5キロ17分ペースで来た。ここからチェロメイが飛び出す。

チェロメイ選手の目標タイムはもっと上にあったんでしょう。どんどんペースはあがり20キロまでの5キロが16分25秒に跳ね上がった。これでは日本人選手はつけない。陸連幹部はついて行く選手がいないのでちょっと落胆したらしい。でも仕方がないのでは。ここで16分25秒まで上げるのは自滅。

17キロを過ぎて早くも中里選手が後退。思うように体が動かない、疲労が抜け切れていない、という感じ。

赤羽選手も25キロまでに脱落した。11月3日の東日本実業団女子駅伝で足を痛め1週間練習できなかったとか。そのため「勝負に徹する」という消極的な会見になったのかみしれない。2週間前の駅伝出場が良かったのかどうか。

日本人トップ争いは伊藤選手と那須川選手の2人。しかしペースは30キロで17分34秒に落ち、35キロの通過が2時間を切れず選考基準クリアは絶望となる。あとはどちらが日本人トップになるか。

勝負は最後の2.195キロで決着。伊藤選手が力尽きた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
マスターズ駅伝でご一緒した方々

33位 今村 京子   2:56:32
38位 大八木和佳子 2:57:17

大八木選手、横浜国際は過去3回とも出場されていました。
第1回大会 2009年11月 58位 3:00:14
第2回大会 2011年2月 53位 3:07:00
第3回大会 2011年11月 --- 30kmでオーバータイム

大八木選手はウルトラマラソンでも活躍されてます。100kmワールドカップに3年連続出場。サロマ湖100kmでは昨年、登録女子の部で4位。タイムは【8:02:15】

5キロでハーハーフーフー言っているGGサンからすると気の遠くなる距離と凄いタイム。

  
 

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

横浜国際女子マラソン注目3選手

来年8月は世界陸上モスクワ大会。今週末日曜の横浜国際女子マラソンは最初の選考会となる。

選考レースは横浜のあと
1月の大阪国際、3月の名古屋ウイメンズの3レース

選考基準は
2時間23分59秒以内で日本人トップ

選手枠は5名と五輪より2人多い。条件に満たない場合は3位までに入った選手から選考されるので、悪くても3位内必須といえる。

ここ3日間の朝日新聞朝刊で毎日一人づつ有力選手の紹介が載っている。
赤羽有紀子(ホクレン)
伊藤舞(大塚製薬)
中里麗美(ダイハツ)
の3選手だ。

実績と実力からみてこの3選手が日本人トップを争うことになるのは大方の見方か。そこで3選手の簡単な比較表を作ってみた。

Yoko_01a

朝日新聞記事ピックアップ

赤羽選手
・ロンドン五輪のレースをテレビで見届け、その日を境に心も体も解放された。
・今まで、レース前に病気やケガが多く、万全の状態でスタートラインに立てることが少ない。
・33歳になったママさんランナーの競技生活は、もうあまり長くない。失意を振り切って再びマラソンに挑むのは、来夏のモスクワで「納得できる走りをしたい」からだ。

伊藤選手
・「この3年、練習が中断したことがない。一度も故障していないから。それが彼女の一番の強み」(河野匡監督)
・今回は勝ちたいとはっきり言う。「スタミナは体に染みついた。足もできている。力を蓄え最後の7キロで出し切りたい」
・「鳴門にきて鍛えられた」横浜の強い風にも立ち向かう。

中里選手
・テーマはロングスパート。「残り5キロでは差を広げて、その時点で勝負をつけておきたい」。日本人2位は返上だ。
・世界と戦えるホープの一人。「日本選手は守りに入ったらだめ。(外国選手に)ついていって楽をしたら、確実に勝てない」 世界陸上で10位に終わり痛感。
・今回の目標は「2時間23分で優勝」、自分でレースをつくる

GGサンが今までみて感じた3選手の走りは
赤羽選手・・・ゆったりだが、ぐいぐい力強い
伊藤選手・・・華奢だが、粘り強い
中里選手・・・小粒だが、ダイナミック
さて明後日のレースではどんな走りで魅せてくれるだろうか。

勢いのある一番若い中里選手が引っ張り、勝負に徹する赤羽選手と粘りの伊藤選手が離れずぴったりとつく。こういうレースになるのかな。

では、ペースメーカの設定ペースは果たしていかに。
2時間24分00秒は17分04秒(5キロ)なので5キロ17分が目安となるだろう。

10km   34:00
20km 1:08:00
ハーフ 1:11:44
30km 1:42:00
35km 1:59:00
40km 2:16:00
ゴール 2:23:28

勝負の35km地点で2時間以内。これが目標タイム2時間24分突破の分かれ目。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一般選手のエントリではマスターズ駅伝でご一緒した
大八木和佳子さん
今村京子さん
の名前がある。
頑張ってください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
GGサンの練習
11/12(月)鴨川上流100分ジョグ+4.6km走
11/13(火)東山界隈90分ジョグ
11/14(水)東山界隈90分ジョグ
11/15(木)豊国廟石段散歩
11/16(金)休み

ふくらはぎの疲労が抜けないので当分、ジョグや散歩。

1113_001
11/13(火)練習後に南禅寺へ。

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

高校駅伝:京都の男子は桂が初出場

昨日の11日(日)は残っていた4府県の全国高校駅伝予選会があった。京都もその一つ。その丹波で行われた京都大会、女子は立命館宇治が24回連続、男子は常勝の洛南を敗った桂が初の全国出場を果たした。

男子は大雨の中での激しいトップ争いだったようですね。桂と洛南の勝負はトラックまで持ち込まれラスト300mで桂がスパート、前を行く洛南を突き放した、とのこと。(他校の先生から聞いた話)

なお、結果は下記ブログに詳細がUPされています。

大好き!陸上GoGo!!
http://blog.livedoor.jp/returikujyou/archives/1595708.html

ひでぽんの京都陸上日記
http://blogs.yahoo.co.jp/hidebon_sassa/24121938.html

男子上位10校
①桂 2:09:33   
②洛南 2:09:37   
③綾部 2:10:59   
④外大西 2:11:14   
⑤立命館 2:13:52   
⑥山城 2:16:49   
⑦宮津 2:17:18   
⑧桃山 2:18:26   
⑨久御山 2:18:58   
⑩西城陽 2:19:05 

「大好き!陸上GoGo!!」記載の結果から男子トップ10の区間ごとの時間差をグラフでみると、

Ke_kyo_m

まさに桂と洛南の激突。差が最も開いたのは5区から6区の中継点で洛南が12秒先行。そしてアンカーへ襷が渡ったときはほぼ同時。桂は野口拓人(3年)、洛南は白永真彦(2年)。5000mの実力はほぼ互角。最後の最後は気力の戦いか。

綾部も5区を終えた時点では先頭と7秒差。終盤6、7区で力尽きた。京都外大西も5区までは優勝圏内で戦えたが6区で1分以上の差が開き挽回叶わず。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
[GGサンの練習]
今日は鴨川上流へ。ジョグ30分+4.6km走+ジョグ30分。
4.5km走 21分12秒 (4分43秒/km)
昨日のマスターズ駅伝5kmと同じように中盤から脚が動かなくなった。

1112_01
鴨川も秋景色

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

全日本マスターズ駅伝

昨日の朝7時に京都を出発し今夜帰宅。東京遠征の全日本マスターズ駅伝終わる。結果は日本あるいは京都のマスターズ・ホームページを見ていただくとして、GGサン個人成績は下記の通り。

第7区 M60 5km 区間22位(22チーム出場) 22分19秒

なんか22の数字ばかりだが『まったく走れず』という結果だった。息がつづかない、脚が動かない、ヘロヘロの状態。 チームの脚を思い切りひっぱることになったけど、これが今の実力でしょう。

次は来月、京都鴨川で行われる近畿マスターズ駅伝。リベンジできるのか、はたまた返り討ちか。頑張るしかない。

と言いながら楽しんでます。頑張って楽しむ。楽しんで頑張る。息が続かない、脚がうごかない、これも生きている証拠じゃ。それなりに楽しめばいい。
(駅伝というところがちょっとつらいですけどね)

1110_01_2
昨日はよく晴れた。日本一の富士を拝む。

1111_01_4
対抗の部、京都チーム1区の大八木和佳子さん

他の選手の方も撮りたかったのですが、自分のことが精一杯でした。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

京都丹波ロードレース結果

3日ぶりに走る。鴨川上流を90分ジョグ。

京都丹波ロードレースの結果がアップされた。GGサン出場の10kmの部門ごとの記録を総合記録で順位をつけてみた。タイムは50分以内まで。これで順位は184位までとなった。うち女性ランナーは20名が入った。

10kmロードレース

総合順位 選手名 部門 部門順位
①  32:43 山端 良尚  男子30歳代  ①   
②  33:00 森   直大  男子40歳代  ①   
③  33:26 稲井 勇仁  男子29歳以下  ①   
④  33:52 トリーズ マイケル 男子50歳代  ①   
⑤  34:44 橋本 悠樹  男子29歳以下  ②   
⑥  34:56 松江 賢二  男子30歳代  ②   
⑦  35:08 森田 公平  男子29歳以下  ③   
⑧  35:15 山田 泰幸  男子30歳代  ③   
⑨  35:43 前川 達哉  男子40歳代  ②   
⑩  35:54 谷   秀行  男子30歳代  ④   
⑪  36:25 山本 康貴  男子29歳以下  ④   
⑫  36:43 日野 輝政  男子30歳代  ⑤   
⑬  37:01 長山  宏   男子60歳以上  ①   
⑭  37:02 高橋 佑子  女子29歳以下  ①    
⑮  37:10 橋田 耕一  男子40歳代  ③   
⑯  37:16 尾籠  学   男子29歳以下  ⑤   
⑰  37:34 松見 誠二  男子40歳代  ④   
⑱  37:36 岩田 忠久  男子50歳代  ②   
⑲  37:37 村井 悟史  男子30歳代  ⑥   
⑳  37:39 高橋  進   男子60歳以上  ②   

21   37:51 松本 文佳  女子29歳以下  ②
   
22   37:56 橋本 良子  女子30歳代  ①    
23   37:58 河原林 治  男子29歳以下  ⑥   
24   38:06 足立 正登  男子60歳以上  ③   
25   38:24 三浦  敦   男子30歳代  ⑦   
26   38:32 前田 信男  男子60歳以上  ④   
27   38:47 小林 俊哉  男子40歳代  ⑤   
28   39:19 勝田  進   男子29歳以下  ⑦   
29   39:27 松下 真也  男子29歳以下  ⑧   
30   39:40 加後 美咲  女子29歳以下  ③   
31   39:53 鷹多 雅之  男子40歳代  ⑥   
32   40:12 山下 貴典  男子29歳以下  ⑨   
33   40:17 佐々木早苗 女子30歳代  ②    
34   40:22 深江 真治  男子30歳代  ⑧   
35   40:40 小野  晃   男子29歳以下  ⑩   
36   40:42 村田 一博  男子50歳代  ③   
37   40:44 古板 利成  男子50歳代  ④   
38   41:05 西本 武史  男子40歳代  ⑦   
39   41:15 村田 佳智  男子30歳代  ⑨   
40   41:18 岡崎  満   男子40歳代  ⑧   

41   41:25 中川  峰   男子50歳代  ⑤   
42   41:28 今井 恒夫  男子50歳代  ⑥   
43   41:49 武田 佳史  男子50歳代  ⑦   
44   41:55 谷口 宗一  男子50歳代  ⑧   
45   42:02 小見  弘   男子40歳代  ⑨   
46   42:10 佐々木 孝  男子60歳以上  ⑤   
47   42:14 深蔵 心理  男子30歳代  ⑩   
48   42:27 仲尾 博史  男子40歳代  ⑩   
49   42:37 谷   悦二  男子30歳代  ⑪   
50   42:39 松本 敏明  男子50歳代  ⑨   
51   42:43 木村  良   男子30歳代  ⑫   
52   42:49 手原 利男  男子50歳代  ⑩   
53   42:53 飯田  研   男子40歳代  ⑪   
54   42:55 谷垣 繁美  女子40歳代  ①    
55   43:01 佐古田 登  男子60歳以上  ⑥   
56   43:22 原田 政彦  男子40歳代  ⑫   
57   43:31 高橋  洋   男子30歳代  ⑬   
58   43:35 くの よしひこ 男子30歳代  ⑭   
59   43:35 田中  彰   男子50歳代  ⑪   
60   43:36 德田 文男  男子50歳代  ⑫   

61   43:43 綱島 武夫  男子40歳代  ⑬   
62   43:45 楠本 彰一  男子60歳以上  ⑦   
63   43:48 田路 慶子  女子50歳以上  ①   
64   43:51 大前 匡彦  男子40歳代  ⑭   
65   43:51 巽   繁    男子30歳代  ⑮   
66   43:56 三俣 夏生  男子29歳以下  ⑪   
67   44:00 片山 敏郎  男子29歳以下  ⑫   
68   44:05 本江 一博  男子60歳以上  ⑧   
69   44:06 頼野 耕介  男子29歳以下  ⑬   
70   44:11 早川 天大  男子29歳以下  ⑭   
71   44:13 野原 岩男  男子50歳代  ⑬   
72   44:15 木下 高政  男子50歳代  ⑭   
73   44:15 邑田 太樹  男子29歳以下  ⑮   
74   44:16 堀口  誠   男子60歳以上  ⑨   
75   44:17 仲井 祐子  女子50歳以上  ②    
76   44:27 金高昂太郎 男子29歳以下  ⑯   
77   44:30 藤本 仁志  男子40歳代  ⑮   
78   44:33 矢野 晴久  男子50歳代  ⑮   
79   44:34 石田 紀子  女子50歳以上  ③   
80   44:49 中西 一登  男子29歳以下  ⑰   

81   44:53 仲井 秋雄  男子60歳以上  ⑩   
82   44:57 守屋 政信  男子40歳代  ⑯   
83   44:59 岸本 哲嘉  男子50歳代  ⑯   
84   45:04 用害 聖太  男子30歳代  ⑯   
85   45:10 山田 秀一  男子40歳代  ⑰   
86   45:15 内藤 智之  男子40歳代  ⑱   
87   45:21 高嶋 康彦  男子30歳代  ⑰   
88   45:21 福田 安親  男子50歳代  ⑰   
89   45:23 今坂 晴幸  男子60歳以上  ⑪   
90   45:34 平井  誠   男子30歳代  ⑱   
91   45:37 仲井 誠造  男子60歳以上  ⑫   
92   45:41 田中あつみ 女子50歳以上  ④   
93   45:47 門間 康浩  男子40歳代  ⑲   
94   45:48 岸本 裕子  女子50歳以上  ⑤   
95   45:50 児玉 龍太  男子29歳以下  ⑱   
96   45:51 曽根 国彦  男子40歳代  ⑳   
97   45:53 藤光 哲也  男子40歳代  21   
98   45:55 加藤 祐一  男子40歳代  22   
99   45:58 西村 親生  男子40歳代  23   
100   45:59 関 大治郎 男子30歳代  ⑲   

101   45:59 武藤 浩司 男子30歳代  20   
102   46:05 塩谷 吉訓  男子40歳代  24   
103   46:11 岡本  顕   男子40歳代  25   
104   46:12 井上  知   男子30歳代  21   
105   46:19 岡田真起子 女子50歳以上  ⑥   
106   46:20 今井 一欽  男子30歳代  22   
107   46:27 矢形 彰宏  男子40歳代  26   
108   46:28 宮林 延宏  男子60歳以上  ⑬   
109   46:31 岩田 昌幸  男子40歳代  27   
110   46:39 久保 真一  男子30歳代  23   
111   46:40 渡邊 修平  男子29歳以下  ⑲   
112   46:42 八木 智史  男子30歳代  24   
113   46:44 飯室  等   男子30歳代  25   
114   46:45 山本 拓也  男子29歳以下  ⑳   
115   46:46 松岡 義巳  男子40歳代  28   
116   47:00 安藤 泰行  男子40歳代  29   
117   47:07 小島  健   男子40歳代  30   
118   47:11 古勝 哲夫  男子40歳代  31   
119   47:16 山下加奈子 女子30歳代  ③   
120   47:17 志儀 和明  男子60歳以上  ⑭   

121   47:19 朝川 浩明  男子29歳以下  21   
122   47:28 越野 宏治  男子40歳代  32   
123   47:29 坂根 健太  男子29歳以下  22   
124   47:32 室星 直嗣  男子40歳代  33   
125   47:34 田中 浩和  男子40歳代  34   
126   47:35 伴   智一  男子30歳代  26   
127   47:36 奥原  直   男子40歳代  35   
128   47:38 宇野  努   男子40歳代  36   
129   47:43 山下  雄   男子29歳以下  23   
130   47:46 三田村 洋  男子40歳代  37   
131   47:49 外山 邦夫  男子40歳代  38   
132   47:49 本山 友貴  女子29歳以下  ④   
133   47:51 三浦 慎一  男子60歳以上  ⑮   
134   47:53 岩内  守   男子40歳代  39   
135   47:53 田中 長一  男子60歳以上  ⑯   
136   47:56 平山 由美  女子50歳以上  ⑦    
137   48:01 小野 隆夫  男子50歳代  ⑱   
138   48:02 小西 里沙  女子29歳以下  ⑤   
139   48:03 柿本  啓   男子60歳以上  ⑰   
140   48:04 向田 公昭  男子40歳代  40   

141   48:07 小川 正文  男子40歳代  41   
142   48:08 今淵 亙治  男子60歳以上  ⑱   
143   48:12 岩瀬 信正  男子40歳代  42   
144   48:16 寺嶌 勇喜  男子30歳代  27   
145   48:18 熊本 一繁  男子29歳以下  24   
146   48:19 森本 規之  男子30歳代  28   
147   48:20 平野 隆司  男子40歳代  43   
148   48:21 八木  司   男子29歳以下  25   
149   48:22 古林 正己  男子50歳代  ⑲   
150   48:22 山口 裕子  女子30歳代  ④   
151   48:22 小川 敦司  男子30歳代  29   
152   48:24 沼   英章  男子40歳代  44   
153   48:26 酒井 直子  女子50歳以上  ⑧   
154   48:30 奥本 孝夫  男子50歳代  ⑳   
155   48:30 小竹原政徳 男子60歳以上  ⑲   
156   48:33 小川 智彦  男子40歳代  45   
157   48:34 山本 昇平  男子30歳代  30   
158   48:37 岡村 駿辰  男子29歳以下  26   
159   48:37 久世 裕久  男子40歳代  46   
160   48:40 奥本 徹夫  男子60歳以上  ⑳   

161   48:43 岸本 昭彦  男子40歳代  47   
162   48:45 稲井 新昌  男子30歳代  31   
163   48:46 中井  俊   男子29歳以下  27   
164   48:47 横山 信行  男子60歳以上  21   
165   48:49 永田 大悟  男子30歳代  32   
166   48:52 林田 文晴  男子30歳代  33   
167   49:05 八木 澄夫  男子50歳代  21   
168   49:08 田中 典臣  男子50歳代  22   
169   49:11 滝花 郁男  男子50歳代  23   
170   49:12 高桑 優子  女子29歳以下  ⑥   
171   49:15 笹田 慎一  男子50歳代  24   
172   49:20 渡邊 隆司  男子29歳以下  28   
173   49:21 八倉多加人 男子50歳代  25   
174   49:25 植田  慧   男子29歳以下  29   
175   49:27 石井 文行  男子30歳代  34   
176   49:29 奥野 寿士  男子50歳代  26   
177   49:34 足立 泰規  男子60歳以上  22   
178   49:35 森   祐介  男子30歳代  35   
179   49:42 小林 拓弥  男子29歳以下  30   
180   49:42 徳田 美郎  男子60歳以上  23   
181   49:52 久世 良太  男子30歳代  36   
182   49:52 中西 麻美  女子40歳代  ②    
183   49:57 岡崎 大希  男子29歳以下  31   
184   49:58 小林 昭博  男子29歳以下  32

| | コメント (2)

2012年11月 7日 (水)

散歩:清水さん

3日の丹波ロード10kmのあとは、
11/04(日)晴、宝ヶ池3週ジョグ
11/05(月)晴、鴨川下流ジョグ、3.5km走 16:40(4:46/km)
11/06(火)晴、鴨川下流ジョグ、3.5km走 15:53(4:32/km)

昨日、練習して食事のあと休んでいるとき、左脚ふくらはぎが「こむらがえり」

イタタタsign03

ふくらはぎに手をやると筋肉がカチカチ。

やばい。練習は休み。今日も明日も。(日曜日の駅伝は?)

ということで、かみさんと散歩。清水さんのほうへ行ってみることにした。

1107_01
豊国神社

1107_02
大谷本廟

1107_03

1107_04

1107_05

1107_06
鳥辺山墓地

1107_07

1107_08
清水さん

1107_09

帰りは土産物店が軒を並べる清水坂を歩く。


| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

全日本マスターズ駅伝練習会

今日は宝ヶ池で来週の日曜11日に東京で行われる全日本マスターズ駅伝参加選手の練習会。と言っても顔合わせが主目的。宝ヶ池を全員でジョグ2周し、そのあとは自由練習。練習後はお茶を飲みながらミーティング。

大会の要項は下記のようになっている。

第25回記念全日本マスターズ駅伝
11月11日(日)東京武蔵野の森公園特設コース
対抗の部(男女混合)
1区 5km W30
2区 5km M40
3区 5km M50
4区 4km W40
5区 5km M55
6区 5km M45
7区 5km M60
8区 8km M35
全長:42km

エルダーの部
1区 5km W50
2区 4km M65
3区 3km M70
4区 4km W55
5区 5km M60
全長:21km

全走行距離はフルとハーフに合わせているようだ。

GGサンは対抗の部の7区5km。京都チームは対抗、エルダーともに強力な布陣だ。各種大会で年代クラスの上位に入る選手ばかり。(GGサンはちょっと外して)

どちらも8位入賞が目標かな。

武蔵野の森公園コースは調布飛行場に隣接し南北に1.2キロほどの長い直線道路がある。『タニマリ10kマラソン』という大会と同じコースみたいだ。

10k_cour
1周5km

http://www.icn-club.com/10kindex.html


ついでGGサンが過去に出場した全日本マスターズ駅伝は。

第3回大会
1990.03.25(日)大阪城・OBP周辺コース 7区間30km
5区5.0km 区間⑰ 16:07
京都チーム41位(出場47チーム)
浦上-中村-福田-高橋-今坂-津田-石部

①東京 ②埼玉 ③大阪
区間賞
1区4.1km W25 増田明美(東京) 13:45
2区3.3km M50 会田孝男(埼玉) 10:35
3区5.0km M45 戸村義勝(東京) 15:52
4区3.3km W40 広浜良子(富山) 11:54
5区5.0km M40 山田善寛(青森) 15:32
6区3.3km W30 黒崎しのぶ(大阪)11:33
7区6.0km M35 宗  猛 (宮崎) 16:50


第4回大会
1991.3.24(日)大阪城・OBP周辺コース 7区間30km
5区5.0km 区間⑪ 15:53
京都チーム15位(出場47チーム)
日置-福田-萩原-高橋-今坂-平田-石部

①兵庫 ②大阪 ③東京
区間賞
1区4.1km W25 黒崎しのぶ(大阪)13:52
2区3.3km M50 会田孝男(埼玉) 10:34
3区5.0km M45 下川三郎(茨城) 15:30
4区3.3km W40 広浜良子(富山) 11:42
5区5.0km M40 谷口康雄(兵庫) 15:08
6区3.3km W30 中川 光 (東京) 11:41
7区6.0km M35 喜多秀喜(兵庫) 16:51


第5回大会
1992.3.22(日)大阪城・OBP周辺コース 7区間30km
5区5.0km 区間25位 16:00
京都チーム10位(出場47チーム)
大谷-福田-坂根-平田-今坂-高橋-石部

①大阪 ②東京 ③愛知
区間賞
1区4.1km W25 堀口智子(熊本) 14:08
2区3.3km M50 青木孝夫(栃木) 10:34
3区5.0km M45 池田和雄(愛知) 15:27
4区3.3km W40 広浜良子(富山) 11:49
5区5.0km M40 谷口康雄(兵庫) 15:02
6区3.3km W30 三枝恵美(兵庫) 11:33
7区6.0km M35 沖  順治(広島) 17:19

3,4,5回は日本テレビ系列にて全国生中継

第6回大会
1993.3.7(日)大阪・万博公園 8区間42.195km
6区5.0km 区間27位 16:18
京都チーム3位(出場44チーム)
高橋-坂根-福田-大谷-北川-今坂-河野-名嘉真

①大阪 ②東京 ③京都
区間賞
1区5.0km W30 黒崎しのぶ(大阪)17:15
2区5.0km M45 斎藤一夫(栃木)、山田善寛(青森) 15:40
3区5.0km M50 北村泰一(神奈川)15:56
4区5.0km W35 森 直子 (大阪) 18:00
5区5.0km M60 緑川七郎(福島) 17:15
6区5.0km M40 藤井典明(山口) 15:12
7区5.0km W40 木下八千代(大阪)18:23
8区7.195km M35 沖  順治(広島)21:22


第8回大会
1995.4.2(日) 大阪・長居公園
2区6.6km 区間25位 22:31
詳細は資料が残っていないので不明

以後は2011年まで出場なし


第24回大会
2011.12.18(日) 山口・きらら博記念公園
エルダーの部 4区間16.4km
4区5.2km 区間⑫ 20:34
京都チーム8位(出場21チーム)
田路-辻本-有川-今坂

①福島 ②愛知 ③大阪
区間賞
1区5.2km 末吉真規子(石川) 19:47
2区3.0km 鹿野 克夫(福島)  11:28
 
3区3.0km 京谷こまえ(奈良)  12:27
4区5.2km 齋藤 一夫(福島)  19:26


| | コメント (0)

2012年11月 3日 (土)

丹波ロードレース10km 45分23秒

目標タイムの44分15秒には遠く及ばない結果となった。

10kmコース自体は40歳で走ったときから変わっていない。丹波自然運動公園内をスタートすると南門に向って下ってすぐに長いのぼりとなる。門を出て1km地点を過ぎると急なくだりでくだり終わると右折して平坦路だ。

2km地点を過ぎてまた右折するとここからのぼり。こののぼり坂で京都マスターズのT路さんに抜かれる。女子50歳以上の部では3連覇中のT路さん。ついて行こうと気合を入れるも後ろ姿は遠くなるばかり。坂をのぼりきると次はダラダラとなが~いくだり。

だらだらくだりの途中に3km地点。13分9秒。走りながらキロ何分何秒まで出す計算能力はないので、目安はキロ4分あるいはキロ4.5分。4.5×3=13.5と頭で計算して、まあいいペースかなと納得して走っている。

レースは中間点の5km。22分25秒。倍にして44分50秒。これぐらいなら暗算可能。残り半分、飛ばして行こう、というパワーはない。もう保有エネルギーの7割がたは使った疲労感がある。

そのうえ、この中間点からコースで一番きついのぼりが始まる。まったく脚がうごかない。次から次と追い抜かれるばかり。這いのぼる途中で折り返して来たトップランナーとすれ違う。跳ぶように駆け降りていく。マスターズでなじみの同年代M60の京都のT橋さん、兵庫のA立さんもすごい勢い。

坂をのぼりきりくだっていく先に折り返し点がみえる。その折り返しのずいぶん手前でT路さんと出会う。手を振ってお互いに「頑張れ!」。GGサンはほぼエネルギーを使い切った感じなのに。

折り返すと、くだってきた坂をのぼる。この坂をのぼるとゴールまでの帰り3キロ余りはくだりの方が多い。そう言い聞かせて気持ちを入れ替える。新たな力が湧いてきた。(予備タンクがあった?)

8km地点、36分31秒。4.5×8=36。 ゴールは45分台か。

この先を左折し往路とは反対の公園の西側からゴールに向かう。予備タンクも使い果たしてお腹に来た。(お腹がキューと痛み出した)。同年代かな。並走してラスト1km。右折して駆け下りて右折して競技場の外を通ってトラックへ。何回もこの10kmコースを走ってるので体が覚えている。

ゴール。45分23秒。60歳代11位。

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

明日は京都丹波ロードレース

明日は10年ぶりの丹波。天気はよさそうだ。10kmのスタートは10:50。道が混むので7時には自宅出発だな。

GGサンの丹波ロードレース10kmの足跡
(昔の名称は丹波高原マラソン)

1985/3月 36歳 第4回丹波 10km ⑦33:39
1989/11月 40歳 '89丹波  10km 40歳代 ①32:52
1990/11月 41歳 '90丹波  10km 40歳代 ①33:16
1991/11月 42歳 '91丹波  10km 40歳代 ①34:50
1992/11月 43歳 '92丹波  10km 40歳代 ①33:23
1993/11月 44歳 '93丹波  10km 40歳代 ①34:09
1999/11月 50歳 '99丹波  10km 50歳代 ②36:18
 
2002/11月 53歳 2002丹波 10km 50歳代 ③37:45

1993_tanba
1993年11月3日の丹波10kmスタート

中央の黄色がGGサン(なんか笑ってる。楽しそう)
GGサンの左横はT橋さん・・・女子の部①37:23
そのまた左横はK原さん・・・30歳代男子②32:50
GGサンの左後はS木さん・・・女子の部②37:45

さて、明日の目標タイム。
44歳のときの5000mベスト
16:08:61 全日本マスターズ選手権(神戸)
今年の5000mベスト
20:55:14 滋賀スポーツ祭典(皇子山)
44歳⇒63歳 23%ダウン

よって、44歳の丹波10km 34:09の23%ダウンは 44:15

44
15秒 ・・・ 達成できるかな。

今週の練習
10/29(月)晴。鴨川上流40分ジョグ+3.4km走 15:04
10/30(火)晴。鴨川→桂川→西京極→梅小路公園 20km
10/31(水)晴。鴨川上流90分ジョグ
11/01(木)晴。鴨川下流60分ジョグ
11/02(金)曇。梅小路公園90分ジョグ

| | コメント (2)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »