« 横浜国際女子マラソン注目3選手 | トップページ | 国際千葉駅伝 »

2012年11月19日 (月)

横浜国際女子マラソン

昨日の横浜、注目の3選手は残念ながら不本意な結果となったようです。

日本人選手のみ
②那須川瑞穂(ユニバーサル) 2:26:42 <代表候補>
⑤伊藤舞(大塚製薬)      2:27:06    
⑦藤田真弓(十八銀行)     2:29:02
⑧赤羽有紀子(ホクレン)     2:31:43
⑨早川英里(TOTO)       2:33:21    
⑩宮内宏子(京セラ)       2:33:21
--------------------------------
 
 中里麗美(ダイハツ) 36kmで棄権

日本人トップの那須川選手は選考基準の23分59秒からは2分43秒及ばず。よって代表内定ではなく”候補”に留まった。

優勝したチェロメイ選手に那須川選手、それと伊藤・赤羽選手のラップをみると、

Yoko_lap

15キロ、先頭集団はペースメーカを除くと12名。ぴったりと5キロ17分ペースで来た。ここからチェロメイが飛び出す。

チェロメイ選手の目標タイムはもっと上にあったんでしょう。どんどんペースはあがり20キロまでの5キロが16分25秒に跳ね上がった。これでは日本人選手はつけない。陸連幹部はついて行く選手がいないのでちょっと落胆したらしい。でも仕方がないのでは。ここで16分25秒まで上げるのは自滅。

17キロを過ぎて早くも中里選手が後退。思うように体が動かない、疲労が抜け切れていない、という感じ。

赤羽選手も25キロまでに脱落した。11月3日の東日本実業団女子駅伝で足を痛め1週間練習できなかったとか。そのため「勝負に徹する」という消極的な会見になったのかみしれない。2週間前の駅伝出場が良かったのかどうか。

日本人トップ争いは伊藤選手と那須川選手の2人。しかしペースは30キロで17分34秒に落ち、35キロの通過が2時間を切れず選考基準クリアは絶望となる。あとはどちらが日本人トップになるか。

勝負は最後の2.195キロで決着。伊藤選手が力尽きた。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
マスターズ駅伝でご一緒した方々

33位 今村 京子   2:56:32
38位 大八木和佳子 2:57:17

大八木選手、横浜国際は過去3回とも出場されていました。
第1回大会 2009年11月 58位 3:00:14
第2回大会 2011年2月 53位 3:07:00
第3回大会 2011年11月 --- 30kmでオーバータイム

大八木選手はウルトラマラソンでも活躍されてます。100kmワールドカップに3年連続出場。サロマ湖100kmでは昨年、登録女子の部で4位。タイムは【8:02:15】

5キロでハーハーフーフー言っているGGサンからすると気の遠くなる距離と凄いタイム。

  
 

|

« 横浜国際女子マラソン注目3選手 | トップページ | 国際千葉駅伝 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜国際女子マラソン注目3選手 | トップページ | 国際千葉駅伝 »