« 近畿マスターズ駅伝 ランキング | トップページ | クイーンズ駅伝区間オーダ決定 »

2012年12月14日 (金)

クイーンズ駅伝:注目選手

明後日の全日本実業団女子駅伝(愛称:クイーンズ駅伝)でGGサンが注目する地元、関西実業団の選手をピックアップ。

まずは京都のワコール。その中でも京都出身の樋口紀子(27歳)。亀岡中⇒立命館宇治高⇒立命大ときて2008年に入社。ワコールではもうベテランだ。2011年東京マラソン優勝(2:28:49)。どちらかというと長い距離が好きな選手。全日本は入社1年目から連続出場。

2008年 4区4.1km 区間⑬ 13:22 (16:18)
2009年 5区11.6km 区間⑩ 38:51 (16:45)
2010年 6区6.595km 区間⑩ 21:43 (16:28)
2011年 1区7.0km 区間⑮ 22:55 (16:22)
※行末の( )は5km換算タイム

派手さはないがコンスタント。今季5000mで自己ベストをマーク(16:00.43)、昨年と同じ1区で今年は先頭集団につき、エースの福士選手、伸び盛りの高藤選手に繋いでほしい。そうすれば優勝もみえてくる。

つぎに新人の川西寧々(18歳)。滋賀県朝桜中⇒水口東高。800m、150mでは滋賀県高校ナンバーワンだったが全国インターハイの経験はない。GGサンは高校時代の川西選手をよく観戦にいっていた。しかしワコールに入社するとは思わなかった。びっくり。実業団選手になれば中距離だけではすまないが1年目の今年は1500と3000に絞ってレースを積んでいる。

1500m 4:32.65
3000m 9:25.96 (自己ベスト)

西日本駅伝では2区3.5kmを区間⑨11:39(3km換算 9:59)だから本来の出来ではない。区間オーダに入るかどうかはわからないが、やはりその走りをみたい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ダイハツ

入社2年目の山本菜美子(24歳)。滋賀県柏原中⇒草津東高⇒立命大。今季、ハーフマラソン 1:12:48、5000m 15:50.63 。木﨑、中里両エースにつぐ実力者になりつつある。

昨年の全日本はアンカー6区6.795km区間⑪21:51(5km換算16:05)、今年の西日本もアンカー6区6.495km区間①20:33(5km換算15:49)

横浜国際マラソンで36kmで棄権した中里選手の長距離区間への配置が厳しければ今年の全日本は山本選手が5区10km区間を走りそうだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
シスメックス

入社6年目の五十嵐藍(24歳)。山形県酒田第五中⇒山形城北高。
今季ベスト
ハーフ 1:10:48 (自己ベスト)
10000m 32:17.58 (自己ベスト)
5000m 15:31.72 (自己ベスト)
3000m 9:07.21 (自己ベスト)
1500m 4:25.51 (自己ベスト)
あれ全種目自己ベストじゃないですか。

全日本の成績は
2010年 1区6.6km 区間⑫ 21:10 (16:02)
2011年 1区7.0km 区間⑥ 22:34 (16:07)
いずれも1区でトップとは16秒、17秒という位置で繋いだ。特に昨年は2km過ぎでの転倒アクシデントに耐えての好走。多分、今年も3度目の1区だろう。先頭を切っての中継をみたい。

|

« 近畿マスターズ駅伝 ランキング | トップページ | クイーンズ駅伝区間オーダ決定 »

実業団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近畿マスターズ駅伝 ランキング | トップページ | クイーンズ駅伝区間オーダ決定 »