« クイーンズ駅伝区間オーダ決定 | トップページ | 全日本実業団女子駅伝:区間成績 »

2012年12月16日 (日)

全日本実業団女子駅伝結果

自民大勝、民主崩壊。

実業団女子駅伝は大方の予想通りユニバーサルが初優勝。それも1区から最終6区までトップを駆け抜けての完全勝利だった。

各区間でのタイム差グラフでふりかえる。
Zje12
ユニバーサルが1区をトップで来たことで、ほぼ優勝が見えた。

3区エース区間に渡るところで、ユニバーサルと後続ライバルとの差は、
第一生命  11秒
デンソー   32秒
ワコール 1分02秒

新谷が優勝目指して走り出す。敵は強烈な向かい風。第一生命、デンソーは後退するが、ワコール福士が追い上げる。4区中継点で35秒まで迫った。初優勝に黄ランプ点灯か。

と思ったが、最短距離の4区でユニバーサルがライバルを突き放した。ケニア人のワンジェグが強かった。

次の5区は最も過酷な区間と言われたが上位チームでの変動はなし。ユニバーサルは2位に1分30秒の差でアンカーへ。もう優勝確実。

ところが最終区6区でデンソーが火を噴いた。今年、佛教大から入社した新人の石橋。快走で2位まで浮上するもユニバーサルは遠かった。

こんなところでしょうか。

|

« クイーンズ駅伝区間オーダ決定 | トップページ | 全日本実業団女子駅伝:区間成績 »

実業団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クイーンズ駅伝区間オーダ決定 | トップページ | 全日本実業団女子駅伝:区間成績 »