« 全日本実業団女子駅伝:区間成績 | トップページ | 全国高校駅伝結果 »

2012年12月22日 (土)

全国高校駅伝・女子 4強

明日の全国高校駅伝、女子について。

まずは過去5年の上位10位チームを集計しランキング。配点は順位1位、2位、3位・・・10位に得点を10点、9点、8点・・・1点とした。

Y5t10_12x

ランキング1位の興譲館は2004年から8年連続メダル(3位内)、2位の豊川は過去5年で優勝3回。この2校がダントツ。次に、須磨学園、立命館宇治と続く。今年も優勝を争うのはこの4校ではないかな。

府県予選および地区大会でのランキング
①1:08:17 立命館宇治(近畿地区)
②1:08:24 豊川(愛知予選)
③1:08:29 興譲館(岡山予選)
④1:08:49 須磨学園(近畿地区)

過去3年の府県、地区、全国大会の記録
Ritu
前回の経験者が4人で1区菅野選手(3年)、5区青木選手(3年)は昨年と同じ。初出場の廣田選手(3年)も好調なので近畿地区よりいいタイムが出そう。

Toyo
全国経験者は2人。留学生も出ない。しかし仙台育英選手の移籍などで層は厚い。昨年のタイムが目標となりそう。

Kojo
昨年経験は矢本選手(2年)と奥野選手(2年)の二人。岡山予選、中国地区大会は過去と比べ下降気味。しかし12月に入り全員の調子上向き。8分00秒が目標ライン

Suma
昨年の経験者4名で1区~3区は同じオーダー。インターハイでは不調だったが駅伝で巻き返せるか。ここも8分00秒あたりが到達ラインとなりそう。

4強の戦力は均衡。ほかに神村学園、青森山田、白鵬女子、長野東、鳥取中央育英、筑紫女学園など実力伯仲。ゴールタイム1時間08分00秒が3位メダル戦線か。

となると先手必勝。1区、2区でどこが抜け出すか。見応えのあるレース展開を期待しましょう。

|

« 全日本実業団女子駅伝:区間成績 | トップページ | 全国高校駅伝結果 »

高校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全日本実業団女子駅伝:区間成績 | トップページ | 全国高校駅伝結果 »