« ニューイヤー駅伝 | トップページ | 全国女子駅伝ランキング »

2013年1月 2日 (水)

ニューイヤー駅伝、旭化成10位

注目の旭化成はまさかの10位。

2区が終わった時点でトップから1分1秒。優勝を狙うにはぎりぎりセーフ。3区の深津選手で3位13秒差まで肉薄。そして最長4区、エース堀端選手登場。やったー!と思ったがそこまで。

Nee2013
コニカミノルタの宇賀地選手が飛んで来て堀端選手を抜き去りトップを奪取。続く5区、6区7区と3連続区間賞でぶっちぎり。

やっぱりエース区間4区の攻防が勝敗をわけたか?

堀端選手、失速とかブレーキとか言われているようだが福岡国際マラソン2時間8分24秒の熱走から1カ月。189cm、69kgの大型選手。ダメージは相当のものと思う。22kmの最長区間への出走はもともと無茶な話じゃないかな。

Asahi02

昨年と比べると5分近いダウン。はやい話、調子のいい深津選手を4区で、堀端選手は3区というオーダーもあったのではと思ってしまう。

お正月2日目。カゼのため絶不調。年末31日から3日間まったく外に出ず。今日はテレビで箱根駅伝のあと時代劇「蝉しぐれ」をみる。何回みてもいいなあ。

|

« ニューイヤー駅伝 | トップページ | 全国女子駅伝ランキング »

実業団」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニューイヤー駅伝 | トップページ | 全国女子駅伝ランキング »