« 全国女子駅伝:京都 | トップページ | 全国女子駅伝は神奈川が優勝 »

2013年1月12日 (土)

全国女子駅伝:区間オーダー決定

駅伝スタートは12時30分。雨にならなければいいが。観戦の楽しみに、発表された区間オーダーを見て明日の予想をしてみた。

まずは前半1区から3区のレース展開。

3区中学生区間で最強ランナーを擁する大阪がトップか。1区木崎良子(ダイハツ)、2区出田千鶴(ダイハツ)、3区高松望ムセンビ(薫英女学院中)は昨年とまったく同じ布陣。

2番手は集団になりそう。千葉、愛知、神奈川、京都、兵庫、静岡、鹿児島など激戦模様。

中学生が強いのは兵庫と鹿児島だ。

京都と鹿児島は1、2区が高校生。京都は立命館宇治高の菅野七虹青木奈波の全国高校駅伝優勝コンビ。鹿児島は高校生最強ランナーの上原美幸(鹿児島女)が1区で2区は全国高校駅伝1区8位の中原海鈴(神村学園)。この高校生リレーはどちらに軍配が上がるか。ただし続く3区は鹿児島の倉岡奈々(吾平中)が抜け出しそうだ。 

高校生に負けてられないのが実業団や大学生。千葉は田中知美(第一生命)と津田真衣(立命大)、静岡はスズキの牧川恵莉三郷実沙希が1,2区で大阪のダイハツコンビと競い合う。

愛知は学生ナンバーワンの鈴木亜由子(名古屋大)が1区で、全国高校駅伝1区5位の岩出玲亜(豊川高)が2区。神奈川は全日本実業団駅伝1区区間賞の青山瑠衣(ユニバーサル)が1区で2区は全国高校駅伝5区3位の秋山桃子(白鵬女高)。兵庫は竹地志帆(佛教大)と横江里沙(須磨学園高)で1,2区では離されそうだが3区の安藤富貴子(大久保中)で挽回を狙う。
 
福岡と岡山は3区終了時点でトップと30秒以上開くと中盤以降が厳しくなる。


後半のレース展開はやはり序盤で勢いに乗ったチームが有利に進めるだろう。

大阪は4区にもダイハツの坂井田歩を置き万全の構え。そして5区から7区は昨年と同じ薫英女学院高の3選手。5区は全国高校駅伝1区2位の大森菜月、7区は同大会2区区間賞の松田瑞生

トップをゆく大阪に肉薄するチームは5区に実業団女子駅伝1区2位の土井友里永(スターツ)を配する千葉か。 あるいは4区松山祥子(パナソニック)の神奈川か、はたまた4区に全日本大学女子駅伝1区区間賞の荘司麻衣(中京大)の愛知か。京都は4区の沼田未知(豊田自動織機)がどんな走りをみせてくれるか注目。

そしてアンカー10kmエース区間。大阪は昨年と同じ徳田夕佳(スターツ)が逃げ切るか。1分以内なら千葉の新谷仁美(ユニバーサル)が逆転Vも。神奈川の吉川美香(パナソニック)も都大路の下りは飛んで行きそう。京都の野口みずき(シスメックス)は五輪金メダリストの意地もあり、また今季で京都から神戸に移転することもあり、全力を懸けてくるだろう。

ということで優勝争いは、大阪、千葉、神奈川、京都の順かな。それに8区の中学生区間が強くアンカーが小林祐梨子(豊田自動織機)の兵庫も食い込んできそうだ。

見ごたえある駅伝レースを堪能しよう。

|

« 全国女子駅伝:京都 | トップページ | 全国女子駅伝は神奈川が優勝 »

駅伝(都道府県対抗)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国女子駅伝:京都 | トップページ | 全国女子駅伝は神奈川が優勝 »