« 明日は全国男子駅伝 | トップページ | 大阪国際女子マラソン過去5大会ランキング »

2013年1月21日 (月)

駅伝王国兵庫

鴨川上流の西側河川敷、二条大橋から賀茂大橋の間1.7kmのタイムトライアルコース。ここを休憩を挟んで往復走る。1.7km-(休憩)-1.7kmのコース。
(1.7kmというのも概算で1.6kmかもしれない)

3年前は往き帰り6分そこそこで走っていたが今は8分を切るのがやっとだ。3年間で25%ダウンだが、ここ3カ月ぐらいで急速に衰えた感じがする。

で、今日のタイムは
往き1.7km 7:51
帰り1.7km 7:53
キロ4:38ペースか。
(距離が1.6kmなら4:56ペース)

春のトラックシーズンでどれほど記録が落ちてるか楽しみ。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

昨日の全国男子駅伝は主催者予想の3強が3位までを占めた。順位は逆転していたが予想通りとなった。

上位12チームのタイム差グラフでレース展開をみると、高校生区間の4区5kmでトップ兵庫と後続との差が大きく開いたことが分かる。高校生区間は3つあり、重要度では1区7km、5区8.5kmに較べて4区は繋ぎの感じがする。

その繋ぎの4区が勝敗を分けた。兵庫の秋山雄飛(須磨学園3)が区間新記録で快走し東京、愛知に大差をつけ7区での逆転を阻止した。

Me2013ts

秋山選手については主催者サイトの選手情報によると5000mのベストが14分07秒15とあるが、主な大会成績は空欄でインターハイや全国高校駅伝には出場していない。兵庫の駅伝県予選では1区で西脇工の中谷圭祐に次ぐ区間2位で走っている。

高校駅伝兵庫県予選(2012/11/11 篠山)
1区10km
①30:08 中谷圭祐(西脇工3)
②30:16 秋山雄飛(須磨学園3)

自己ベストをマークした5000mは昨年12月2日の日体大長距離競技会。最終組37組で11位、日本人では2位に入った。出場した顔ぶれをみても相当な実力の持ち主。

第228回日体大長距離競技会(2012/12/02) 
男子5000m 37組 日本人選手TOP10
⑨ 13:58.74 鎧坂 哲哉 (旭化成)   
⑪ 14:07.15 秋山 雄飛 (須磨学園高)   
⑬ 14:08.49 打越 雄允 (國學院久我山高)   
⑭ 14:11.46 一色 恭志 (豊川高)   
⑮ 14:12.94 棟方 雄己 (カネボウ)   
⑯ 14:14.53 服部 弾馬 (豊川高)   
⑱ 14:19.17 滑 和也 (SUBARU)   
⑲ 14:23.80 早川 翼 (東海大)   
⑳ 14:24.92 西山 雄介 (伊賀白鳳高)   
21 14:25.51 川上 遼平 (カネボウ) 

競技会の動画がYouTubeにあった。大雨の中のレースだったようです。ナンバー14が秋山選手。


連覇の兵庫は駅伝王国。今年度の中学、高校と合わせて男女の結果をまとめると
全国中学駅伝(2012/12/16 山口)
男子 ①加古川市立山手中学
女子 ②明石市立大久保中学
全国高校駅伝(2012/12/23 京都)
男子 ②西脇工高
女子 ⑥須磨学園高
都道府県対抗駅伝
男子(2013/01/20 広島) ①兵庫
女子(2013/01/13 京都) ②兵庫

恐るべし兵庫

ちなみに全国マスターズ駅伝(2012/11/11 東京)は
対抗の部 ③兵庫
エルダーの部 ⑨兵庫

それに小学生の大会もある。呼称はクロスカントリーリレー。今年度は3月16日と17日に大阪の万博公園で行われる。昨年度の大会結果は

日清食品カップ第14回全国小学生クロスカントリーリレー研修大会
(2012/03/18 大阪万博公園)
①兵庫 北浜JRC
出場は全国から50チーム

小学生からマスターズまで駅伝の恐ろしく強い県ですね兵庫

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

最後に男子駅伝のランキングを2013年版に改定。過去10大会なので2003年が消えて2013年の結果を織り込み。

上位3つは変わらず。埼玉が9位から5位へUP。東京は17位からTOP10入り。千葉も15位から9位。反対にTOP10からの降格は福島(⑧→11)、佐賀(⑩→14)。また岡山は今大会25位(2003年7位)でランキング表から一旦、抹消となった。

Merk2013_2
実業団の雄、旭化成の本拠地宮崎、2009年の3位はあるがもっと上に来てもいいのでは。

|

« 明日は全国男子駅伝 | トップページ | 大阪国際女子マラソン過去5大会ランキング »

駅伝(都道府県対抗)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は全国男子駅伝 | トップページ | 大阪国際女子マラソン過去5大会ランキング »