« 大阪国際女子マラソン過去5大会ランキング | トップページ | 大阪国際女子マラソン10大会ランキング(2013年版) »

2013年1月30日 (水)

大阪国際女子マラソン福士選手笑顔の2位

日曜日27日に行われた大阪国際女子マラソンで世界陸上代表は、福士選手はほぼ確実、渡邊選手も可能性が高そう。

日本人選手の順位
② 2:24:21 福士加代子 (京 都・ワコール) 30歳
③ 2:25:56 渡邊 裕子 (広 島・エディオン) 25歳
④ 2:26:41 小﨑 まり (兵 庫・ノーリツ) 37歳

横浜国際の日本人選手成績
② 2:26:42 那須川瑞穂 (ユニバーサル) 32歳   
⑤ 2:27:06 伊藤舞 (大塚製薬) 28歳   
⑦ 2:29:02 藤田真弓 (十八銀行) 29歳 

上位選手の5kmラップをみると、25kmから福士選手が積極的にペースメーカと共に前に出て行ったのがわかる。35km地点では後続のガメラシュメルコに30秒の大差をつけ独走態勢に入っていた。しかしあと5km付近から推進力が落ちた。「ガメラの逆襲」(テレビ解説者の弁)で一等賞は今回もおあずけ。でも手ごたえのある笑顔でのゴール。マラソンランナー福士加代子の誕生だ。

3位の渡邊選手は2度目のマラソン。昨年の名古屋⑬2:29:20から3分24秒も短縮。151cmと小柄だがバネの効いた素晴らしい走り。25kmぐらいから後退したがラスト2.195kmのラップの上がり方から推察するに、まだ余裕があったのではないかな。もっと粘ってラップの落ち込みを少くできたかも。いずれにしても今後大いに楽しみな選手ですね。

Owm2013l

さて3度目の正直だった福士選手。過去2大会とラップを比較してみた。2008年の初マラソンの時はペースメーカもついていない。スタートからすっ飛ばして行き35kmで沈没。
昨年はペースメーカがついたが中間点で外れ、福士選手も25kmからペースダウン。30kmからは急降下。

そして今大会。35kmから推進力を落とすも5km18分ペース以内で粘ったのは猛練習の成果でしょう。モスクワ世界陸上では世界相手にどんな走りをみせてくれるだろうか。

2008年 ⑲ 2:40:54
2012年 ⑨ 2:37:35
2013年 ② 2:24:21

Fukuowm3_2

|

« 大阪国際女子マラソン過去5大会ランキング | トップページ | 大阪国際女子マラソン10大会ランキング(2013年版) »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
中間点を目指して走っていて先頭集団を見ることができました。私が言うのは生意気ですが…元気に走る福士さんを見てホッとしました。

無事、大阪国際女子が終了しました。
毎年、あのスタートラインに立てるだけで幸せを感じます。

11月の大阪マラソンより10秒だけ自己新の2°56′02″、43位でした、
レース展開は全く違いましたのでまた、良い経験をしました。

今年度はマラソンは終わり。
今後は3月に金沢ロードのハーフマラソンで自己新を目指します。

来年度は更に上のレベルで走れるようにがんばります。

投稿: 長居M | 2013年1月31日 (木) 20時33分

長居Mさん、お疲れ様でした。そして自己ベストおめでとうございます。

完走された選手が411名でしたから43位は相当に前の方ですね。大観衆の中を颯爽と走れるなんて羨ましいかぎりです。

思うにフルマラソンって冒険旅行みたいですね。どんなことが待ち受けているかドキドキわくわく。そしてゴールが近づいてくる時のあの感動。汗か涙がわからないが前が見えなくなったりして。

次は金沢ですか。Mさんの地元ですね。自己新待ってます。

GGサンの方はもうジョグしかできなくなりました。年には勝てません。のんびり楽しむことにします。

投稿: GG | 2013年1月31日 (木) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪国際女子マラソン過去5大会ランキング | トップページ | 大阪国際女子マラソン10大会ランキング(2013年版) »