« 寒いけど日がながくなりましたね | トップページ | 1980-1982:淀川マラソン30km »

2013年2月17日 (日)

30kmロード熊日、青梅の結果をみて

今日も曇り空で冷たい一日。

昨夜は夜中の2時ごろまで「刑事コロンボ」(ビデオ)をみていたので今朝は9時半起き。1月末からコロンボシリーズがデジタルリマスターのノーカット版で毎週土曜放映されている。今回は傑作ばかり集めたようなので第1回から欠かさずビデオ撮り。何回みても面白いオンボロコートのコロンボ。

練習は清水-円山公園-岡崎-鴨川と10キロほどのジョグ。あいかわらず体が重たい。息が苦しい。

Jog0217
知恩院あたり


今日は東京で青梅30km、熊本で熊日30kmと30kmロードレースが2つあった。熊日では人気絶頂の川内優輝(25歳)がまたまたやりました。宮脇千博(トヨタ)などのスピードランナー相手に真っ向勝負し撃破。

熊日30kmロード
① 1:29:31 川内 優輝 (埼玉県庁) 14:55 2:05:54   
② 1:29:34 丸山 文裕 (旭化成) 14:56 2:05:59   
③ 1:29:51 宮脇 千博 (トヨタ自動車) 14:59 2:06:22   
④ 1:29:55 設楽 啓太 (東洋大)【学生新】 14:59 2:06:28   
⑤ 1:31:04 的場 亮太 (小森コーポレーション) 15:11 2:08:05   
⑥ 1:31:12 外丸 和輝 (トヨタ自動車) 15:12 2:08:16   
⑦ 1:31:37 ギタウ・ダニエル  (富士通) 15:16 2:08:52   
⑧ 1:32:00 園田 隼 (黒崎播磨) 15:20 2:09:24   
⑨ 1:32:48 後藤田 健介 (駒沢大学) 15:28 2:10:31   
⑩ 1:33:40 益田 賢太朗 (NTT西日本) 15:37 2:11:45 
着順、タイム、選手名、所属、5km平均、このペースでフルなら

主催者サイトのニュース記事で大八木弘明・駒大監督がレース展望されていた。優勝争いは宮脇千博(トヨタ自動車)、ギタウ・ダニエル(富士通)、設楽啓太(東洋大)の3強が軸。川内選手はスピードではこの3選手に太刀打ちできない。ただし、レースがもつれれば川内選手優勝の目も出てくる。

序盤から5kmのラップが14分30秒を切るハイペースになるのでは、との大八木監督の予想もあったが、レースは最初の5kmが14分47秒、5kmから10kmが14分55秒と川内選手にはちょうどいいペースになったようだ。各選手のスプリットをみると20kmでダニエル選手が落ち、25kmで宮脇、設楽選手も後退。残ったのは丸山文裕(22歳)。ラスト勝負は川内選手のオハコなので負けるはずがなく自己ベストでの優勝。

しかし、ほんの2週間まえに別府大分でフル2時間08分15秒の自己ベストで激走したばかり。どんな体の構造になっているのか。怪人ランナーの称号もあるようですが、まさに人間業とは思えない走りである。

次のレースは3月3日、同じ熊本の玉名ハーフマラソンだそう。その後の予定は

3/17(日) ソウル国際
4/21(日) 長野マラソン
6/16(日) 隠岐の島ウルトラ50km
7/7 (日) ゴールドコースト

などなど。

たぶん全部、招待選手でしょう。ひっぱりだこ。

肝心の世界陸上男子マラソンは8月17日(土)15:30

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

青梅の方は
① 1:30:21 伊藤 正樹 (コニカミノルタ) 15:03 2:07:05   
② 1:31:09 谷川 智浩 (コニカミノルタ) 15:12 2:08:12   
③ 1:31:49 柏原 竜二 (富士通) 15:18 2:09:08   
④ 1:32:20 山本 浩之 (コニカミノルタ) 15:23 2:09:52   
⑤ 1:35:19 佐藤 慎悟 (八千代工業) 15:53 2:14:04   
⑥ 1:35:30 瀬口 啓太 (住友電工) 15:55 2:14:19   
⑦ 1:36:02 村山 徳宏 (八千代工業) 16:00 2:15:04   
⑧ 1:36:07 Brendan Martin (ボストン) 16:01 2:15:11   
⑨ 1:36:15 土屋 天地 (東洋大学) 16:02 2:15:23   
⑩ 1:36:22 前田 康太 (流通経済大学) 16:04 2:15:32 
着順、タイム、選手名、所属、5km平均、このペースでフルなら

コースが違うので比較は難しいが、タイムは川内選手の勝ち。

※高低差だけで比較すると
熊日 20m
青梅 85m

なお、熊日のコースは去年から新コースとなったようで、その昨年の優勝者は
宇賀地強(コニカミノルタ)で1:30:01

タイムでは宇賀地選手にも勝ってます。人気、実力ともに最強の川内選手。どこかでパンクしないか心配でもあります。

|

« 寒いけど日がながくなりましたね | トップページ | 1980-1982:淀川マラソン30km »

ロードレース」カテゴリの記事

コメント

更新ありがとうございます。
また、ときどきコメント書かせていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: 通りすがり | 2013年2月18日 (月) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒いけど日がながくなりましたね | トップページ | 1980-1982:淀川マラソン30km »