« 1977年:第9回京都マラソン | トップページ | 脚の力を抜いて走る »

2013年2月22日 (金)

相棒『シンデレラの靴』疑問あり

晴れ。まだまだ寒い。今日も練習休み。

いままで観たことのないテレビドラマ『相棒』だが、20日(水)のお話は女子陸上実業団チームの監督が殺される内容、と新聞の番組欄に紹介されていたので興味がわいた。

ストーリーは
アポロン電機陸上部の監督・高木(国枝量平)が自宅で血まみれの遺体で発見された。事件の前日、享(成宮寛貴)が偶然スポーツクラブで同陸上部の次期監督候補になっていた、マラソンの元銀メダリストである桂馬麗子(中山忍)を見かけていたことから、右京(水谷豊)は享とともに事件に首を突っ込むことに...。
(番組サイトより)

視聴率17%でけっこう高い。でも中味は???

13年前の世界陸上ローマ大会の女子マラソン銀メダル・・・。フィクションなので該当する大会がないのは当たり前。これは別に問題なし。ちなみに実際の世界陸上の女子マラソンメダリストは下記の9名。(土佐礼子選手のみ2度獲得)

第1回 1983 ヘルシンキ  [メダルなし]   
第2回 1987 ローマ  [メダルなし]    
      
第3回 1991東京      
【銀】 山下佐知子 2:29:57   
      
第4回 1993シュツットガルト      
【金】 浅利純子 2:30:03   
【銅】 安部友恵 2:31:01
   
第5回 1995イエテボリ [メダルなし] 

第6回 1997アテネ      
【金】 鈴木博美 2:29:48   
      
第7回 1999セビリア      
【銀】 市橋有里 2:27:02   
      
第8回 2001エドモントン      
【銀】 土佐礼子 2:26:06   
      
第9回 2003パリ      
【銀】 野口みずき 2:24:14   
【銅】 千葉真子 2:25:09   
      
第10回 2005ヘルシンキ [メダルなし]   
      
第11回 2007大阪      
【銅】 土佐礼子 2:30:55   
      
第12回 2009ベルリン      
【銀】 尾崎好美 2:25:25   
      
第13回 2011テグ  [メダルなし]

なお、オリンピックでの女子マラソンメダリストは3名(有森選手が2度)

1992年 バルセロナ
【銀】 有森裕子 2:32:49

1996年 アトランタ 
【銅】 有森裕子 2:28:39

2000年 シドニー 
【金】 高橋尚子 2:23:14

2004年 アテネ 
【金】 野口みずき 2:26:20

よって世界大会でのメダリストは11名となる。
(野口選手は世界陸上と五輪で1度づつ)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ストーリーで?なのは

①監督が冷凍庫に保管していた選手の血液。これを選手時代のドーピングの証拠としてコーチを脅していたわけだが、あり得ない。

ドーピング検査というのは尿にしろ血液にしろ採取する手順が決められていて、不正がないように必ず指定の検査員が行う。尿だったら選手本人の体から出ているところを検査員が見て確認する。選手もサンプル容器を選ぶ権利があるし、間違いなく自分のサンプルとしてラベルを貼るところまで確認し署名するわけ。血液も同じ。

検査もWADA(世界アンチ・ドーピング機関)公認のところでしかできない。日本では三菱化学メディエンスのみ。

検体の保存も公的機関が保存する。オリンピックならIOCが8年間保存することになっているようだ。

実業団の一監督が勝手に血液採取し、勝手に保管していてもなんの証拠にもならない。

②名門校の女子高生ランナーが競技場でOBの会社社長(と暴力団関係者)から寄付金を受け取るところを写真にとられ、この選手はやくざと繋がりがある、と監督が工作していたこと。

これもあり得ない。一選手が大会中に競技場で後援会のおっさんか誰かからお金を直接受け取るはずがない。

③走ったあとに脚の疲労をとるため寝っころがって脚を上にあげて自転車漕ぎをする体操かな。これはアポロン電機の女子コーチだったか、あるいは銀メダルを取った次期監督候補だったかが初めて行ったもの。だとか?

この体操というか動かし方は大昔からあったでしょう。なんでこの寝ころがり自転車漕ぎが、日本の一コーチなり一選手の発明なんていえるのかな。

その他にもいろいろ


元銀メダル美人選手が都会の真ん中を夜走り回ってトレーニングするとか、駅伝で襷を繋げなかった(途中棄権)ので実業団をやめたとか、銀メダルを取ったときの靴を女子高生ランナー(このコも駅伝で襷を繋げず)にあげる、とか。これで襷は繋がったって? シンデレラの靴? 意味不明。それに殺された監督が悪どすぎ。

ストーリーが安易と言うか、陸上競技のことが分かっていないと言うか。いくらフィクションでもちょっと酷すぎる。

とGGサンは思いました。

|

« 1977年:第9回京都マラソン | トップページ | 脚の力を抜いて走る »

雑記帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1977年:第9回京都マラソン | トップページ | 脚の力を抜いて走る »