« タイム計測システム | トップページ | 鴨川1000mコース、明日は金栗記念選抜 »

2013年4月 4日 (木)

大阪インカレ200m

4月、新年度のスタート。トラックシーズン開幕ですね。今日は木曜日だが大阪長居で競技会が行われている。大阪インカレ第1日目。結果が主催者サイトに出ているのでチェック。

まあ、この時期なのであまりいい記録は望めない。その中でトラック個人種目で大会記録が出たのは、女子200m。

女子200m決勝 風:+1.7
①24.59 木村 茜(大阪成蹊大2) NGR
②24.75 正垣 知保里(東大阪大3)
③24.93 名倉 千晃(東大阪大2)

従来の大会記録 24.60 中西 祐希 (関西大) 2008

木村選手の自己ベストは24.07。この記録は日本歴代50位
なお日本記録は福島千里の22.89
昨年2012年の日本100傑は24.90

24秒台というのは女子200mでの一つの強さのレベルか。高校100傑でみると61位が24秒99なので全国インターハイ出場レベルと言っていいでしょう。

GGサンは競技を観戦するのも好き。だから種目ごとの競技レベルを知っておくと見応えも増える。自分が経験していない種目は特にね。

200mというのは100m選手も400m選手も参入するスピード持久力が必要な種目。前半は曲走路なので高度なコーナリング技術が要求される。
(どちらかといえば100mと兼ねる選手の方が多いようです)

どのレーンが有利か?素人考えだがカーブの緩やかなアウトの方が記録が出やすく有利。内側のレーンはアウトの選手を見ながら走れる優位はあるがキツイ遠心力に抵抗するのにパワーが割かれるためやはり不利。

レーンの決定は8人で走るときは
上位グループ4名・・・3~6レーン
中位グループ2名・・・7,8レーン
下位グループ2名・・・1,2レーン
に抽選で振り分けられる。

9レーンのトラックを有する競技場なら1レーンは空けて2から9レーンで振り分けてるね。

風の影響はどうだろう。200mレースでの風力測定は先頭の走者が直走路に入ったときから10秒間だ。風は向きがあるので走行方向での風速を測る。進行方向に対し真横からの風ならいくら強くても±0ということもあるのかな。

カーブを走っている間の風は測定されないので後ろから追い風を受ける場合は有利だ。直線でも追い風になる場合が一番いい。それは左斜め後ろ方向からの風か。

ミズノ トラック&フィールドのアドバイス・コーナーをみるとこの種目への興味も深まる。

200mの走り方
スタートしてまず50m加速
スピードに乗った状態でリラックス
コーナ出口に向けて再び加速
残り50mの減速はスピード持久の練習で防ぐ

加速しながら楽に走る。これが200m。

MIZUNO T&F アドバイスコーナー 200m
(別画面が開く)

メインスタンドから観戦する200mの最高シーンはコーナ出口から直線に入るところ。ここでトップの選手がほぼ1番でフィニッシュ。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

木村茜選手について

滋賀県中主中⇒京都橘高⇒大阪成蹊大

中3・・・全日中、国体、ジュニア五輪の3大会制覇
高1・・・奈良IH 100m⑥
高3・・・北上IH 100m② 200m⑥

走りつづける木村茜(やす広報)
(別画面が開く)

2012年(大1)の成績

関西インカレ 5月
100m ① 11.83  (+0.6)    
200m ① 24.25  (-0.2)    
日本選手権 6月       
100m 予選 11.92  (±0)    
200m ⑧ 24.41  (+0.1)    
日本学生個人 6月       
200m ⑤ 24.60  (+1.2)    
日本インカレ 9月       
100m ⑥ 12.10  (-0.7)    
200m ⑤ 24.07  (+0.3) 自己ベスト  
岐阜国体 10月       
100m 準決 11.99  (+0.6)    
日本ジュニア 10月       
100m ① 11.91  (-0.7)    
200m ① 24.31  (+0.7)   


日本インカレ200m決勝 4レーン 木村茜

Kmrakane
2009年近畿IH(奈良)100m決勝で優勝した木村茜 11秒71
この記録が自己ベスト

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

今日は晴れ。岡崎方面に花見も兼ねてジョグ90分。

0405_01
ねねの道

0405_02
岡崎疏水

|

« タイム計測システム | トップページ | 鴨川1000mコース、明日は金栗記念選抜 »

学生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイム計測システム | トップページ | 鴨川1000mコース、明日は金栗記念選抜 »