« 七夕 | トップページ | 京都駅ビルでジョギング »

2013年7月 9日 (火)

1500m予想タイム

梅雨明け、途端に猛暑。涼しいうちにと朝の7時前に練習開始。と言ってもいつもの鴨川ジョギングだ。出町までゆっくり走で行き、帰りの賀茂大橋⇒二条大橋1.7kmをタイム測定。

1.7km 7’18” ( 4’18”/km) 1500m換算は 6’26”
この調子では今週末日曜の近畿マスターズ1500mは6分が切れない。

今まで50回ぐらいは1500mを走っていると思うが、ワースト記録は昨年11月の滋賀県スポーツ祭典陸上。このときの記録が5分42秒19。

同時期の3000mで比較すると、
12′13″(昨年10月) ⇒ 13′54″(今年5月) 12%ダウン

1500m 5′42″の12%ダウンは ⇒ 6′29″

直近の5000mから算出したVDOT41での1500m予想記録は6′27″

3000m、5000mのレース結果、それに現時点のタイムトライアル結果、そのすべてが1500mは6′20″台、と数字をはじき出した。

さて本番レースの記録はいかに?

0709_00
二条大橋を過ぎて上流へ

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

GGサンの1500mについて

高校三年のとき体力測定とかで1500mを走った。まったくスポーツとは縁のない生活をしていた高校時代。タイムは5分12秒だったと記憶している。クラスの陸上部の者にはトラック半周ぐらい離されたかな。GGサンはクラスで2番。トラックと言っても校庭のグランドに白い粉(石灰?)で線を引いたもの。1周250mだったかな。30秒ぐらい負けたとして陸上部の彼は4分40秒か。

高校出て就職。工場勤務しながら3年目ごろから真剣に陸上をやりだした。20歳のときに初の1500mレース。会場は松下工学院グランド1周300m。アンツーカの土のトラック。スパイクはまだ持っていなかった。着順は6番、タイムは不明。4分45秒ぐらいだったのでは。5000mも走ったので相当疲れていただろうなあ。水をがぶ飲みしておなかを壊した。それでもその日の晩から仕事。

当時は二交代制勤務で一周間ごとに昼勤と夜勤が交互に来る。夜勤は日曜の晩から土曜の朝まで6夜(当時は週休1日)。勤務時間は夜の8時から朝の8時まで。毎日残業3時間。工場の食堂で朝ごはんを食べて寮に帰る。すぐには眠れない。ヘタしたら昼近くから就寝。夕方5時ごろには目が覚めているだろう。夕方6時ぐらいから寮の食堂で晩ごはん。7時になったら仕事にいく準備か。

(寮は一棟だけでなく六つも七つもあり、その敷地内に食堂や風呂などの厚生施設があった。)

18歳から21歳になるまでの3年間、二交代勤務+毎日残業3時間の工場現場勤務。夏は暑さで汗と油にまみれ、冬は寒さに震えながら機械を回してた。

こういう生活の中で練習していたんだ。今思うと、よく頑張ってたな、と感心する。

|

« 七夕 | トップページ | 京都駅ビルでジョギング »

GGの練習」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 七夕 | トップページ | 京都駅ビルでジョギング »